FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

デート・ア・ライブ

1クール12話。同名のラノベを原作としている。
原作の表紙を見た時に、キャラクターのデザインが好みで読もうかと思った作品だったのだけれども、帯に書いてあった大まかな内容を見て止めた作品だった。
そのキャッチフレーズである「精霊とデートしてデレさせる」と言うのが読まなかった理由なんだけれども、これは作品がラブコメであって、その時に僕が望んだ様な作風では無いのを如実に物語っていたからだった。実際にアニメの方を見てラブコメで有ることは確認出来た感じではある。
ただ、普通のラブコメよりもハードな戦闘シーンやシリアスな問題に対する展開なんかを含んでは居た。
アニメの方は、気楽にラブコメを見る気で居たから普通に楽しめた。こういうハードさとお気楽さを同居させた作風の作品は好きです。

裏に大きな設定が見え隠れしているんだけれども、やっている事はギャルゲーで主人公の士道が精霊(女の子の姿をしている)をデレさせることで、その能力を封印して災害を未然に防ぐと言うモノ。
何人かの精霊が登場して士道と関わっていくことになる。
また、精霊は現れると周囲に大規模破壊を起こすという特徴があることから(その為、士道がデレさせて能力を封印している)退行組織が幾つかあって、その隊員とかの絡みも面白かった。結局全員が士道に惹かれていくことになるお約束なハーレムものでした。

ただ残念なのは1クールで話しがめっちゃくちゃ途中ということ。
個別の登場人物を次々に攻略指定って、4人目まで終了したと言う事であればそうなのかもしれないけれど、話しとしては中途半端。
原作の何巻までやったのかは知らないけれど、途中で終わっちゃった感が否めなかった。
既に第2期のアニメ化が決定されているので、仕方ないと言う感じかなーとは思ったけれど、一応の完結を期待して見ていたので伏線は張りっぱなしとか、説明は棚上げとかそう言う面が目立って気になった。
第2期があるならそれで構わないのだけれど、これ人気によって2期の製作が決まった感じがある発表の仕方だったんですよ。
つまり人気が無かったらこれで終わってた訳で…。最近、そう言う作品が多いなと感じなくも無いです。多分、アニメ作品の位置づけが原作の販促という面を持たされているアニメだからだとは思いますが。

まぁ、取りあえず、本で読むと閉口しちゃいそうな雰囲気だったけれど、アニメは面白かったです。
棚上げ分は2期に期待と言う所でしょうか。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト