FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

まぶらほ~さいごのメイドの巻~

まぶらほ~さいごのメイドの巻~

築地俊彦:著
駒都え~じ:イラスト
富士見ファンタジア文庫


このアイテムの詳細をみる
現状のまぶらほではマンネリ化してなくて面白いと呼べるのはメイドの巻だなと思っていたのですが、とうとう最終巻を迎えました。
まぁ、結局のところ、このメイドの巻をやってる間中、ヒロインの夕菜の株が下がりまくりますから、ずーっとと言う訳にもいかないのでしょうと言う邪推をしてみたり…。
まぁ結局これも、あれこれ和樹に対して世話を焼くメイドを嫌う夕菜が鬼の様な対応をすると言うマンネリと言えばマンネリとも言えるとは思うので、飽きが来ないうちに終了するのは良い事かも知れません。

リーラを監禁する事に成功した夕菜ですが、結局、リーラのが一枚上手だなぁと思いました。
最終的にリーラもMMMから終われる身になるのですが、その状況を打開しつつ夕菜をなだめすかしておいて、自分の目的を達成すると言うやり手の軍人=メイドでした。
夕菜も結局、ただの高校生ですし一般人ですから、そして和樹しか目に入ってないものだから騙したりするのは割と楽なんですよね。
というか、目に入ってないことが多すぎ。
全編を通して和樹が空気なメイドの巻ですけれど、最後の最後にリーラの目論見を看破してたり、夕菜のポカにも気づいていたりとちょっと主人公らしい所をみせました。
リーラの申し出を最終的には一端蹴る形で幕を閉じますけれど、その幕の引き方が和樹の成長を示しているようで、すごく良い終わり方でした。

後は短編が終わればまぶらほも終了と言う事になるのですけれど、あっちはどーなんでしょうね。続けようと思えば、マンネリだろうがなんだろうが続けられそうですし、結果的にあっちは進展が何も無いんですよね。
和樹は頼りないままですし、夕菜、玖里子、凜の関係性もあんまり変わってないですからね。じょなんの巻に入ってから変わらない状況が続いてますからね。
そろそろ決着を見たいと思うのですけれどね。
夕菜にはちゃんと幸せに成って欲しいんですけれどね。一番けなげではあるので、暴走してるけど。(笑)
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト