FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

絶園のテンペスト

同名のコミックが原作のアニメ。2クール24話構成でした。
少しミステリ要素が入った現代ファンタジーものなのかな?
前半は事件の真相に迫る為に吉野と真広が、ヒロインの1人である愛花を殺したのが誰なのか、何故愛花が殺されたのか真相を追っていくストーリー。
その中で黒鉄病とか不自然な事と魔法使い達の暗躍とかが描かれて居ました。
後半は、その原因と真相が分かって元凶であるはじまりの木が文明を滅ぼす事が分かったので、主人公2人が魔法使い達と協力してはじまりの木に対して挑んでいくと言うストーリーとなっていました。
複雑な背景と設定が相まって途中、混乱しがちだった。

ハムレットやテンペストと言ったシェイクスピアの戯曲からの引用があったりして、それなりに高尚な文学知識が必要。
無くてもそれなりに愉しむことが出来るけれど、あらまし程度で良いから知っているとより愉しめるのではないだろうかとみてて感じた。
それとアニメは24話できちんと終了しているのですが、原作はまだ続いているので恐らく後半はアニメ独自の展開になっているのだと思う。
そのせいか、何人かのキャラクターが唐突に登場した上、主人公である吉野、真広らより絶対的な活躍をしていて困惑。
全体を通して面白いんだけれど、吉野や真広が後半ドンドン空気になっていく感覚が何とも馴染めなかった。

そも吉野が絶園の魔法使いの精神を司るとか言っておいて、それには何も言及されないままというか、それに見合う活躍は無いまま終わったのですが。
それは一体どういうことなだろう?
葉風を救ったり惚れられたりする事が重要なファクターだったとでも言うのだろうか?
まぁ、葉風を吉野が救わなかったら話しはそこで終わっちゃってたんでは有るけれど。

前半と後半の雰囲気のギャップがちょっといただけない感じはあったけど、全体的には必要十分に楽しめた。
何よりも作品に流れるちょっと重くて息苦しい感じが作品のテーマに合っていてそれが良かったと思う。


スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト