FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

フェノメノ 参 収縮ファフロツキーズ

フェノメノ 参 収縮ファフロツキーズ

一肇:著
安倍吉俊:イラスト
星海社Fictions


このアイテムの詳細をみる
3巻目。2巻のストーリーの完結編とも言える部分です。
2巻の融解は幽界または誘拐に引っかけたタイトルだったと思います。3巻のこのタイトルを見て収縮、つまり収束していくのかと言う考えに至りました。
1巻、2巻より少し薄くて2編分収録されています。

これまでの何故?に答える話になっていて、何故ナギに対してあれほどクリシュナがムキになってまで、夜石と関わるなと言うのかとか、2巻で発生した事件の理由や、学校が怪異事件の宝庫になっている理由など、それが全て語られる形になっています。
そして、ホラーではあるのですが、今までの霊的なエピソードにこだわっていた所から一歩進んだ形なのかオカルトという全般的なジャンルわけに分類される様なストーリー展開となっていました。
元々、作中で出てくる「異界ヶ淵」はオカルトサイトですから、オカルトに分類されるなら細分は問わないでしょうしね。
これから先の巻が刊行されるとしたら霊的なもの以外も出てくるかとちょっと期待したりもして読んでました。

2編収録されている1編はクリシュナさんの過去編。そしてもう1編が全体の解決編となっています。
オカルトやホラーにおいて過去からの因縁ってのは「あり」だと思いますが、この絡め方は上手い。
夜石と対となるようなキャラクターである篁が仕掛けた罠が、誰にだったのかと言うのがすごくテクニカル。こういう人物が居るだろうという事をみこして過去から現在に対して仕掛けてくる霊的な罠って躱しようがないよね。ナギはクリシュナさんや夜石のおかげで躱すことが出来たけれど。
でも夜石もナギがいなければ罠にはまったままと言うのは怖い。

友達というのは大切だと思う。そしてそれを再度再確認させて貰える作品でもあった。
ナギとか東京に友人が少ないので夜石やクリシュナさんと良い友達関係が作れれば良いんじゃ無いかなと思いますね。
夜石は常識が無い分、一足飛んじゃってる気がしますけれど、それもまた楽しいです。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト