FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

009 RE:CYBORG

009 RE:CYBORG

神山建治、福島直浩:著
中村悟:イラスト
角川書店


このアイテムの詳細をみる

映画版以上の情報量があるかとして期待して購入したノベライズ作品。
内容的には映画と全く齟齬がありませんので、映画でいくつかの疑問に答えを出したいなと思った人以外は読む必要が無いと言う作品になっています。この作品は映画を見るのが本道。
期待以上であり、期待以下であったと言うのがその感想です。

ノベライズの出来としては悪い感じがしました。
文章中、誰の行動か、誰の心情かがさっと認識出来ずに混乱するシーンが何回かありました。僕が今まで読んだ神山さんの作品には無かった事です。
福島さんきちんとした経歴のある方ですので、こういったことは特に注意されると思うんですよね。特にお二人ともアニメ畑の方ですし。
映画の公開や執筆などが重なりかなり忙しかったんだろうなと思いました。
読めないぐちゃぐちゃなレベルでは無いですけれど、ちょっと、ん?となります。

期待以上だったのは僕が映画でん?となった部分について、かなりの答えを得た事。
ジョー以外の00ナンバーサイボーグの精神的年齢や外見年齢的な事、ギルモア博士の行動や年齢のこと。
疑問に思った事はほぼ、解決していました。
00ナンバーサイボーグは歳は取らないけれど、経験によって精神的に成長し老化していることが判明しました。そしてそれに合わせて外見も少しずつ改造していることも。
ジョーだけがその蚊帳の外に居ることも。
そしてギルモアが画面の年齢以上に老化して頑固になり思考が硬化していることが、ノベライズだと良くわかりました。
それで003にあのような口調で話したり、002や009への不審を口にしたり、最悪の行動として銃を向けてしまったりと言う事が起こったんだなと言うこと。
その辺は疑問点としてどうしても残るので。
映画のギルモアは杖はついているモノのまだまだ壮健でしたからね。
イメージ的にはもっと歳で、もしかしたら一部サイボーグ化しているからあの身体で住んでいるのかも知れません。

とはいえ、ファンブックだなと読み終わって思いました。
映画のテーマとしての情報量が増えることはこのノベライズではありません。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト