FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

自炊と本屋

昨今、Amazonのせいで小売り書店は経営が大変らしい。
そして、自炊サービス業は少々法的な問題(著作権等)が絡むので新規参入は難しいというパターンという風に落ち着いているようです。

小売店の問題はまぁ色々あるんですけど、ポイント制が今まで規制されてたぽいのが悪い気もします。全部がそれが原因と訳でもなく、Amazonのおうちまで運んでくれる上に送料がただというのに圧されているようです。でも、それだけで地域書店て押されちゃうんだなと不思議になった。
ネット書店は内容確認できないしやはり本を買うときは本屋だと思うんですけどね。普通の人はそうでもないのかな?
後、先ほども書いたけどポイント制とか導入が遅かった(Tポイントがなし崩しに許可に持ってったぽい)のが痛かったんだと思います。後は出版社の圧力で早売りがどんどん規制されているのもいけないんだと思ったんだよね。早売りって出版社から見ればネタバレを早くやられるからイヤだとは思うんだけど、本屋としては他店と差を付けやすいサービスのひとつなんだよね。
早売りしてるお店はやっぱり競争力が違いますもん。
そして、さらに追い打ちをかけるように電子ブックが最近参入してきて、小売店はきつくなってきてますね。

次に自炊サービスですがこないだ結局裁判所でダメ出しされてたような気がします。
自炊サービスでダメ出しされるのは、自炊した後の本の行方とデータの取り扱い。
ほとんどのユーザーからすれば自炊した後の素材は要らないですから捨てることになるんてすけど、自炊業者が引き取ると古物商とかそういう関係もあるし、さらに複製を作るでしょということみたい。
あと、自炊した後のデータを自炊業者がどうするか保証がないことだよね。いろんな本の著作がそこに集まって、自炊業者が素材なしに持ってるデータを売りさばいてるのかもしれないのに、出版社にお金が入らない(この問題は古本屋もそーだけどね)のが問題のよーです。

だったらさ、本屋さんに製本したのとしてないのを納入して本屋で自炊して正規金額をつけて売ればいいのに。
製本してないのを納入するってのが味噌だと思うんだよな。AmazonのKindleみたいなサービスを本屋でもやればいいのにと思う訳よ。
自炊のめんどくささからも解放されるし、出版社が取り損ねることもなくなるし、本屋という今までの信頼のあるところでの販売だから出版社も納得だろうし。どうなんだろう?

まぁ素人の僕には考えもつかない理由ってのもあるんだろうけどねー。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト