FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

鋼殻のレギオス22 ウィンター・フォール 下

鋼殻のレギオス22 ウィンター・フォール 下

雨木シュウスケ:著
深遊:イラスト
富士見ファンタジア文庫


このアイテムの詳細をみる
1つの戦いの終わりと最終決戦の始まり。
前の巻と同じで基本ずっと戦っている印象です。戦いの場は2カ所に限定されてレヴァンティンとその他月から来訪する者達。女王、リンテンス、レイフォン、リーリンがレヴァンティンで、生き残っている全天剣&ニーナという感じですかね。
物語自体は殆ど対レヴァだけで描かれて居ます。

それは1つの物語の終わりであって、これからの戦いのはじまりであるという感じです。
結局、女王は強かったけれど、欠点もあった強すぎるってのが欠点て物になるんだなと思いました。
強すぎるので対処しやすく強すぎるので同じように強い相手には同じように対処さえるという感じなんですけれど、彼女の弱さってのはきっと、リンテンスやレイフォンのような多局面に対応出来る戦闘者じゃなかったことが苦戦した原因だと思う。
グレンダンでは一番強いのは女王だから、一番強いレヴァンティンに当たるのは強い女王やリンテンスと考えたんだろうけれど、女王を上で1人で相手させて、下は色んな戦闘パターンをとれる人材(クラリーベルやハイアみたいなの)を下に配置した方が効果的だったんじゃ無いかと思います。
あと、リンテンスの能力が鍵なんで、女王の能力じゃ愛称が悪すぎです。

レヴァンティンは結果的に敗北しました。
そしてそれはレヴァンティンとしての敗北だったのでしょうか、結果的には戦いで負けて彼女は消えたけれど、最後の言葉を考えるに彼女はもう少しだったのでは無いだろうか?彼女にもう少し時間があれば別の道が開けたのではなかったのかなと思います。

そして、始まった最後の戦い。
レヴァより酷い相手との絶望的な戦い。
カリアン蒔いた種は間に合いました。結果的に、天剣はレイフォンには必要ない。彼に必要なのはリーリンを守るために必要な、武器。そして彼が繋いできた人達の先にあるもの。それが重要なんだと思います。
こっから先が、レイフォンが主役です。
いままで脇に甘んじてた彼がどう動いて行くのかがすごく楽しみです。
そして、リーリン、フェリ、ニーナあたりで繰り広げられる正妻の座の奪い合いは誰が勝つのかねぇ…。ってリーリンだけどね。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト