FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼③

機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼③


神野淳一:著
矢立肇・富野由悠季:原案
中島利洋・KOMA:イラスト
電撃ホビーブックス


このアイテムの詳細をみる

宇宙編第3巻。
もうね嫌な流れしか感じ無い状況に。
戦況はグリプス戦役終盤にさしかかり、ティターンズが追い詰められていくのがアーネストにも分かっていくと言う状況です。しかしアーネストは結果的に悪手しか打たないんですよね…。
何が悪いってヴァンやダニカの側がちゃんとアーネストを救おうとしているのにもかかわらず、アーネストがその手を振り払ってしまっていること。
悲しいのは当然、彼らが相まみえるのは戦場であって、片方がそれに屈すると言う事は捕虜化という道が待っている可能性もあると言う事ですが、少なくともアレイオーンに向かう事をすればそれは避けられそうな気がします。
そしてそこにはかつてのロスヴァイセを知るアルヴィース博士も居るわけで。
ロスヴァイセが居なければ、アーネストは簡単にヴァン達の手を取る事もできただろうに少し、彼は不幸によって毒されすぎて視野狭窄に陥ってしまっていて、正しかったはずのティターンズに固執しすぎてしまっている。すでにティターンズの色々な悪行を見てしまっているにも関わらず。

ティターンズで出来る事はエゥーゴでもできるんだよ。
まして戦況が苦しくなったティターンズで出来ない事でも、余裕が見えてきているエゥーゴ(連邦軍本体)ならと言う感が方が何故出来ないんだろうと思って読んでいた。
勿論、彼らは軍人だから敵前逃亡罪とかあるのでそう簡単にいかないけれど、MSに乗る以外、もう少女どころかロボットでしか無いロスヴァイセの姿が痛々しくて、そしてそのロスヴァイセが少しでも記憶を取り戻せるようにと行動するアーネストの空回りが悲しい。アーネストががんばればがんばる程、悪い方向に行ってるようにしか見えないんだよね。結局、さらにロスヴァイセをマシン化するためのガンダムに乗ることになってしまったし、もうこの先、幸せな未来が待っているってのはあり得ないのかと絶望を感じながら読んでた。
1巻の時はまだ、いつか合流してロスヴァイセも元に戻る、良い感じなエンディング、強化人間が救われる数少ないエピソードになるかも知れないと思っていたのに。

ここへきて新ガンダム「スコル」ですか。
この刻に抗いし者では各陣営にガンダムが少しずつ居て、ちろちろクロスしているのが面白いんですが流石にガンダム多すぎだろうと思ったりも。
本編に出てくるZ、MK-Ⅱ、百式、ティターンズの旗の下でのTR-1、TR-6、これのケストレル、スコル…。うーん。
実は時系列を考えればSガンダムとかFAZZとかも居るんだよねこの時期。
少し多すぎだよなあ。
物語を読んでると出てこないんですけれど。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト