FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ソードアート・オンライン

同名原作のアニメ化。2クールでちょうど第2部となるフェアリィ・ダンス編までで切りよく終了した感じです。
僕は同名原作のファンですので、その視点からみての感想になるのですが、キリト以外の活躍や小ネタが少し不安定に突っ込まれていた気がします。
特に、殺人ギルドの関係が不安定で出すなら出す、結果この程度でしか描けないならもう少し露出的な所を押さえても良かったのでは無いかと思います。
この先、GGO編とかもアニメ化するのであれば少し聞いてくる仕込みですけれど、今の段階ではそうなってもならなくても良い演出をした方が良かったんじゃ無いかな?
見てる人からすれば「ラフィン・コフィン」てさもキリトに影響する様に出てきたけれど、全然絡まなかったねで終わるので。

1クール目がアインクラッド編、2クール目がフェアリィ・ダンス編。話数分け方もちょうどだし、丁寧というか昔ながらの作り方的な印象をうけました。ストーリーの分量的には、フェアリィ・ダンス編の方が多いのでリズのエピソードはともかく(二刀流にからむので)シリカのエピソードとか圏外事件とか削っても良かったんではないかと思います。その分、少しフェアリィ・ダンス編が駆け足な印象をうけました。

素直な感想としては面白かったし、録画したものをもう一回ってなるレベルではあるんですけれど、少々不満が残らなくも無い作品でした。
せっかく、剣と剣がぶつかり合ったり、魔法を駆使した戦闘を描けるアニメであるのにもかかわらず、戦闘シーンにあまり迫力が無いんですよね。
あくまでオンラインゲームですから、その雰囲気は上手くでてるんですけど(基本ボスはたこ殴られる)、やはりなんかぽこぽこ戦っている印象は否めなかったです。
キリトとアスナ、そしてヒースクリフばかり強さがクローズアップされている感じでした。それはそれで良いんですけれど、あまりに突出しててねぇ。
特にキリトが。
ちょっと、アニメでやるには設定が少し難しいネタですよね。
人の意識の完全なデジタル化という事が絡む作品なんですけど、それが真骨頂になるのはガンゲイル編やアリシゼーション編と後の方なので、まだアニメだと足りない感じですよね。
せっかくなんだけれどプロローグで終わってる感じ。
それでも、未帰還もの問い言う作品では大規模を扱ったと言う面や、その後の事件や、その事件に関わった技術が起こすさらなる危険とか、もの凄く面白いネタがあるのにまだこの段階だと展開されてないのです。
かろうじて須郷の事件がその片鱗でしたけれど。

恋愛事情はキリトがアスナ以外は本気で友達もしくは妹としてしか見てないので、分かり易くサブヒロインが可哀想でした。
原作でもそれ、一切くずれないんだよね。(笑)

スポンサーサイト



Comments

Body

« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト