FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

RPF レッドドラゴンⅡ 第二夜 竜の爪痕

RPF レッドドラゴンⅡ 第二夜 竜の爪痕

三田誠:著
しまどりる:イラスト
星海社FICTIONS


このアイテムの詳細をみる

作家陣によるTRPGセッションの2巻目。
ストーリーのボリューム的にたぶん1冊分で1日くらいのセッションなのかなと想像したり。もしかしたら本に含まれている1章分で1日のセッションなのかしらとも思う。TRPGをやる身としてはどれくらいの頻度でこれがプレイされているのか知りたいなとも思いました。

この巻から成田さんが本格的に参加する形になりますが、虚淵さんの婁と成田さんの禍グラバがバチバチやり合ってて面白い。
こういった、陰謀面というか駆け引き的なプレイってのはやってみると分かるんですが、とんでもなく難しい。
プレーヤーの能力も問われますので、ただひたすら感心。小説を書く能力がこういった面で現れているのでしょうけれど、小説を書くのと違ってその場の流れの中、限られた時間の中でこれが出来るのはすごいなぁと思います。
この思考スピードがあればこそ、作品を次々と生み出すことが出来るのかなとおも思います。

前巻ではストーリーが出だしで、狂った竜を退治する為に集められた一行が竜の情報を得るために動き始めたと言う所でした。
今回はそれで、竜の情報を得た(ぶっちゃけプレーヤーの1人がその情報に近いってのも面白かった)ので、その情報を元に動くと言うTRPGらしい流れ。
それで1巻で世話になった人と戦う羽目になるというのが何とも悲しいなとは思いますが、この作品、元々ストーリーがかなり「重い」んですよね。
これは奈須さんや虚淵さんが参加していることからも明るくなるはずもないかなと思うべきなのかも知れないですけれど、奈須さんが割と明るくプレイしているので忘れがちになってました。
奈須さんのキャラが真面目になると急に印象ががらっと変わって来る。
話の緩急をプレーヤーが付けると言う、面白い作りだなと感じます。
このセッションのマスターやってる三田さんすごい。
もの凄く疲れるだろうなぁ。

各々のキャラクターの目指すところが何となく見えてきたと言うところです。
これまで曖昧だった婁以外のキャラクターが明確になってきて、これからどうなっていくのか楽しみです。
きっと、婁は他のキャラクターの敵になる。その前に立ちふさがるのはスアローなんだろうけど、彼がどう動くのかがこれからの鍵ですかね。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト