FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

魔術士オーフェンはぐれ旅 魔術学校攻防

魔術士オーフェンはぐれ旅 魔術学校攻防

秋田禎信:著
草河遊也:イラスト
TOブックス


このアイテムの詳細をみる

ラチェットでてこねぇ!(問題はそこなのか?)

読んでいてすごくわくわくする所はあるモノの、事件の背景はとても政治的なモノが大きいです。キエサルヒマ大陸の利権者と、原大陸の人々の思惑の交差とか、カーロッタ派を初めとする旧キムラック協会の思惑とかそう言うのが入り組んだ結果、複雑で分かりにくい状況になっている。
しかもその中心で登場してないくせに愉しんでる奴がいる。スウェーデンボリーがその当人で、でも結局何もしていない。恐らく回りをけしかけて状況を作っている。自分の望むような。人では理解出来ないようなその思惑を動かそうとしている。
オーフェンやエド(この呼び方がやっとしっくり来るようになった)は、それを分かっていながらも神人通しの馬鹿な争いに対処しなくてはならない上に、原大陸の人に植え付けられてしまった対魔術士への恐怖感との戦いと言う2面、3面の戦いを強いられている。
しかも、その本来の能力を使えば、悪い結果が待っていると言う状況下が何とももどかしいです。
オーフェンが問答無用で脱獄してきてもあんまり状況変わらなかった。爽快感はあったけど。

そんな中がんばるのはやっぱり子供世代。
ラチェットは未来が予知できる=たぶんネットワークの片鱗を利用出来るので、他の人物に比べて有用性が高く効率良く動けるキャラである事がこの巻で良くわかりました。
オーフェンやエドすらも把握仕切れない彼女の動きってのはやはりそれだろうし、考えても見ればオーフェンもエドもネットワークの完全な管理者ではないんですよね。だから、それ以上の使い手が居ると出し抜かれる。
しかも小娘に。なかなか痛快でした。
子供達は結果的に学校に集まっているし、大人達もばらばらの立場ではあるけれど原大陸の人は殆どが、オーフェンを慕って集まった人達。

現在の戦争状況のはじまりが、どのように流れていくのかが興味があります。
この巻はあくまで途中の舞台背景の説明巻だったので。
読んでいくことで、関係している勢力が分かってきて、それぞれの利権なんかが分かる。そして、あのコギーやドギーといった面々やオーフェン、エド、イザベラたち、あの戦乱やドタバタを切り抜けてきた人達の青筋がそろそろやばい感じになってるのが、面白いというかわくわくしてしまう。
状況は決して芳しくないし、世界が掛かっていると言う嫌な状況ではあるんですけれど。

文句タレながらも諦めないで、へりくつで理屈を押し曲げて、力ある言葉で相手を上回る暴力で解決していくと言うオーフェンのスタイル。
まだ少し、大人になってしまったからなりを潜めていますけれど、あと少しで出てきそう。彼自身が、本当に彼しか対応出来ないような相手(エドがいるから少ないんだけど)にであったら、かの往年のオーフェンが見られそう。
そのわくわく感が楽しい。
でも話を読んでると鬱になるのは秋田仕様です。(笑)

そういえば魔術学校攻防ってそう言う攻防かよとオーフェンの台詞に突っ込みました。そこがキモだと思います。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト