FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

天地明察

天地明察(上)

冲方丁:著
角川文庫

このアイテムの詳細をみる
天地明察(下)

冲方丁:著
角川文庫


このアイテムの詳細を見る

冲方さんの吉川英治文学新人賞を取って直木賞の候補となった作品。
文庫落ちしたので読んでみた。
文庫は上下巻の2分冊。このたび映画化もされることになった。

いままで冲方さんの作品はSFであるかファンタジーであるかのどちらかだった。(少なくとも僕の読んだものは)
そのため、僕にとって冲方さんはそういったジャンルの作品を書く人であるという認識があったのは否めないのだが…。何でも書ける天才なんだなこの人と思った。
時代小説であり、しかも実在の人物、出来事を描いている作品。

渋川春海による改暦を扱って居るのだけれども、改暦ってのはいわば国家事業。
今でこそかなり正確な暦で世界共通で動いているけれど、江戸時代にはそんな精度の物は無かった訳で…。
今まで使っていた暦法がずれているから作り直しましょうと言うお話。
ただ、はじめから春海がそれに興味を持っていた訳ではなくて、彼が興味を持っていたのは算術=数学であって、暦法については幕府の偉い人に言われて参加した測量事業を通じてのめり込んでいくと言う流れになっている。
そして、彼が生涯をかけてその事業に挑むと言うこと、その心境が細かく描写されている。
算術勝負や碁の勝負(元々春海は碁打ち)などで、命をかける様な勝負を描いた上で、彼の改暦という勝負が描かれる。
実際にそれで命を失う訳では無いけれど、命が掛かっているような勝負を描くのはマルドゥック・スクランブルのカジノシーンに通じるものが有ったように思う。そして命が掛かってないのに命がけな勝負を描くのが本当に冲方さんは巧い。すごくのめり込める。
恐らくそれは冲方さんが文学という勝負を命がけでやっているから何だろうと感じた。

春海の様な人は幸せなんだろうと思う。
生涯を通じて挑める勝負。そして自分を認め支えてくれる人達。そういった人生はすごく豊かなものだろうと思う。
春海の様な人生を送れる自身があるかと言われると、すこし引いてしまうけれど、そう言う人生にあこがれは感じる。
才能である訳では無いと思う。春海をそうさせたのは彼の才能ではなくて、彼の姿勢、彼の生き様がそうさせたのだと思う。
少なくとも春海の真摯さと言うのは誰もが見習うべきものだと感じた。

クランチ文体が出てこない冲方さんの作品、久しぶりに読んだ。新鮮に感じた。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト