FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

アクセル・ワールド12 -赤の紋章-

アクセル・ワールド12 -赤の紋章-

川原礫:著
HIMA:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

12巻。相変わらず寄り道が多い。
現実世界と加速世界で時間の流れが違うからか、加速世界内で発生した事件はそれこそ内部時間では何ヶ月も解決にかかるって事なんだろうなと思ったりしました。
であるならば、加速世界に潜ったまま、精神に異常を来すことが無いブラック・バイスは本当に貴重な存在だけど、普段何やってるんだろう?
少なくともバーストリンカーは学生である年齢であるので、加速世界に潜りっぱなし=リアルの身体は無防備に身動き1つしないと言う事であるので。
まぁ、同じ作者のソードアート・オンラインでもありましたしブレインインプラントチップなんてもんを利用していることから、長期入院患者かなにかなんでしょうけれど。
今の所、被ってる唯一の色なのでその辺も気になりつつ読書開始です。

この巻で起きている事件は3つ。
謎の1レベルファイター、ウルフラム・サーベラスの扱い、ネガ・ネビュラスの領土との隣接地域で蔓延するISSキットの問題、エネミー攻略に必要な鏡面装甲の取得。全部、元を正せば加速研究会との戦いに根ざしているのですけれど、嫌なタイミングで色々仕掛けてくるなぁと思います。
どれも、ハルユキや黒雪姫の性格を読んだ上で、放置はしないでしょ。さぞかし悩んでねと言う感じ。
鏡面装甲の件は別途、ネガ・ネビュラス側の思いつきだから邪魔立てはしてない見たいですけれど、絡めてが有効に聞いていて、ハルユキとかが穏やかに過ごせないのは確かでした。

そんな中での、一縷の望みがあるのは、ウルフラム・サーベラス自身が悪い奴じゃなさそうで、多重人格が上手く統合できれば良い仲間になってくれそう。
そして、少しずつだけれども、ISSキットの邪悪さが伝わって来たのと、対処方が見えてきてることですかね。
その分、嫌な敵が多いですけれど。

鏡面装甲の件は謡のエピソードも含めて、邪魔な別のエピソードなしで一冊でやれば良かったのにと思ったりもしました。
それが出来ないのがこの作者ですけれど、思いついたら速、反映みたいな感じですか。
アクア・カレントも戻ってきそうですし、対加速研究会前にはネガ・ネビュラスは本来の人数+ハル達ということになるんですかね?
何となく最後の方が見えてきた感じがします。と言いつつもレインじゃ無い赤の王が生きてるの?とか謎も増えてるんですけれど。
なんとなく、電撃の悪い癖がみえてる気がして嫌な気分もあったりします。

おまけにスカイ・レイカーお短編がついてました。なんつーかイラスト的にもファンサービスでしたけど、ソーユー内容ならいらないなぁ…。
本編をとにかく愉しみたい作品なので。
いろいろあって、ハル=シルバー・クロウが最強じゃなくてぼこぼこ負ける事があるのが何とも良いんですよね。
他の作品の主人公はあんまり負けないので。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト