FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

機動戦士ガンダムAGE

とことん評判が悪かったガンダムAGE。
ガンダムってことで一応ちゃんと全部見ました。
正直言って面白かったか?と言われるとつまんなかったですと言う感じです。ガンダムという看板を背負ってなかったらたぶんこれ、1年やることは許されなかったんじゃないかなと言う感じではあります。
ガンダム作品って視聴率が低かったのでも後々評価されることは多いですけれど、AGEはどうですかね…?
正直、素人が作りましたと言う感じがしないでも無い作品でした。(実際脚本の日野さんはアニメは素人なんでしょうけれど)

何が悪かったかと僕が思っているのは脚本。
支離滅裂なことが多かったです。なにしろことが起こるのが突然。戦いだすのも突然であれば共闘するのもたいした理由がなしでアッと言うまに共闘してたりする。
これはいただけない。
あと無駄にゲストキャラクターの情報に時間を掛けすぎ。昔のガンダムでいえばランバ・ラルや黒い三連星といったゲストキャラクターに人気が出ましたが、それでも彼らの説明って作中でそんなになされている訳ではないですし、登場人物との絡みに時間をかけて重みを作っていたのに対して、AGEでは突然、しかも主人公と何ら絡みの無いゲストに時間を掛けたりしてました。なんか配分がおかしい。
全体的にずっとそんな感じ。
あと、過去のガンダムの影響を受けまくり。
勿論それで成功するガンダムもあるのですが、AGEは失敗だったようです。オマージュなんでしょうけれどぱくりに見えてしまった。

要素要素や基本的な設定はすごく面白いと思うし、メカデザインも過去のガンダムを踏襲した味方側と今までのガンダムには無かった敵側デザインと棲み分けも出来ていたし、良かったと思うんですけれど。
そして、ガンダムには珍しい復讐劇。しかも主役の。(シャアとかも復讐うんぬん言ってますが政治的な色のが強い)
3世代に渡るストーリーと言ってたけれど、結局、主人公は最初のガンダムパイロットであるフリットでした。彼の人生をかけた復讐劇。ただそれは成就するのではなく、家族の思いなどによって昇華されていくと言う話だったのです。
それはそれで良いし、いい話に出来る要素は十分にあるんですけれどね…。盛り込みすぎたのかなんなのか上手く機能していなくて、後半というか2世代目のアセム編にはいってからずっと、フリットが復讐に狂ってる異常者にしか見えないと言う問題も。

なんか、ボタン掛け違ったら大惨事だったと言うそんな印象が残った作品でした。


スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト