FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

アクセル・ワールド

同名ラノベが原作。
というか川原さんの作品はこれと1クールずれでソードアート・オンラインもアニメ化されていて何というかすごい人気だなぁと思う訳です。
灼眼のシャナとかが終了した電撃で一番山積みになってるのって川原さんの作品2本だと思います。

ほぼ原作通りというか原作通りのアニメ化でした。
気がつかない部分で細かい変更とかはあったんでしょうけれど、気がつきませんでした。原作の4巻まで+10巻に収録されている短編分。禁書目録が2クールで6巻まで行ったことを考えると短めなのかな?
でもエピソードの切れ目としてはちょうど良いところですし、上手い切り方かも。ただ、2期目とかやる勢いだよな…これとは思っています。

内容はほぼ原作通りなので、感想といっても困る感じ。普通に面白かったです。
ハルユキの太さ(丸さ?)を強調するために他のキャラクターが細めの造形になっていて違和感があるかなと思っていたけれど、それは流石の猿飛な感じで納得した。でも、原作だとハルユキは「デブででかい(幅が)」な感じの表現がされているのですが挿絵イラスト準拠で背が低いせいかでかい印象が無かったです。
パドさんと同じ椅子に腰掛けるシーンとかみても、ちっさいという印象が。
その辺は気になった。
キャラの造形としては好きなんだけれど、やっぱりあの絵のまま動かれてしまうと、原作の表現との乖離とか細かいことが気になってしまった感はあった。
そう言うこと知らなければ良い感じ。

惜しむべくはラノベ原作のアニメ全体に言える事だけれど、最後の盛り上がりというのがいまいちなことかな。シリーズ途中でのアニメ化だから致し方ないこととは言え、どうしてもその辺はオリジナル作品や原作完結後に製作された作品とは違うなと思った。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト