FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ブラック・ブレット2 vs神算鬼謀の狙撃兵


ブラック・ブレット2 vs神算鬼謀の狙撃兵

神崎紫電:著
鵜飼沙樹:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

2巻。
この巻の内容は一言で表せる様な気がする。
ロリ要素追加。それにつきる。

そんな感想だけを上げてしまうと、この作品の面白さを取り損ねていると思われると思うけれど、実際のところこの巻の結果だけを見るとそうなるのである。
そこに至る際にあった蓮太郎の葛藤や思い、イニシエーターの悲しさ、兵器として改造され戦う事を強要される子供達の悲しさ、そして熱いバトル。それらがこの作品の面白さだとは思うし、そう感じているのだけれど、読後に真っ先に思ったのはロリが増えた…。と言う事だったんです。

それにしてもこの作品の世界観は幼い少女に冷たいというか過酷過ぎる。
ガストレア因子を持っていて「呪われた子供達」と呼ばれるのは少女だけだし、今回のティナの様に兵器として改造される子もいるし…。
「呪われた子供達」には人権が適用されない(本来は適用されるが流れ的に人権がないがしろにされている)という事も起こる。
延珠の学校探しなんかもその一端であるし、なんでこんなにも厳しい世界設定なんだろうと思う。その反動か、少女に対するクローズアップも大きくて先の感想を抱く要因になっているのもまた確かなんだけれど。

今回はガストレアは殆ど出てこない。というか読み終わって少し経ってしまうと印象に残るのは蓮太郎とティナの戦いだけになるくらい、人同士の戦闘に終始していた感があります。結局の所、人の敵は人でしかあり得ないと言う事なのか、そういった悲しい面ばかり目立ってしまうのは致し方ないのだろうか?
ガストレアの発生要因とか根本的な設定を除く、大まかな設定を開示しましたと言う内容の巻でもありました。
ティナや蓮太郎、延珠の行動や、巻き込まれる事件のあらましから世界の情勢がどうなっているとか、戦える人というのがどういう人達なのかという設定面の補強がされた感じ。シリーズ物の2巻としては妥当な感じですかね。
面白さは1巻よりこちらの方に感じた。本質的にバトルが盛り上がる方がこの作品では面白く感じる様になると思う。ガストレアは出てこない巻だけれども、戦闘の迫力というか困難さはこちらのが上だったんじゃ無いかと言う感じです。

この作品は何となく世界を取り戻したら終わるのだろうけれど、先が長そうです。
電撃文庫のラノベシリーズは総じて長いですけれど…。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト