FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

今日は歩かず。

今日は夕方から雨が降り出したので歩くことはせずにバスを利用して帰宅しました。
結果的に3000歩ちょっとしか歩いてないということになりましたけれど、雨も降りだしたこと、つまり低気圧や前線の影響が出てるということで体調も悪化していく感じだったので、無理はしない方向としました。
というか、無理して雨の中歩いてもいいことないですしねぇ。
寒いし。
体調悪いし。

しかし、歩かないで帰ってくるの久しぶりでしたけれど、歩かない日ってこんな感じだったんだなぁ…。
5000歩っていう万歩計のカウントを見慣れたので、ちょっと忘れてました。
4000歩切るくらいだったはずなので、今日は特別会社の中でもあんまり立ち上がって歩いたりしなかったということ何でしょうけれど。
それにしても歩いてないなぁ。

今日はこれから都心でも雪に変わる可能性が高いようで。
天候の変化も心身に影響してくるでしょうし、乗り切っていきたいところですね。
まぁ、もう夜ですし、家にいますし、具合悪くなっても横になれるので安心ですが。
外にいて横になれない状況下って具合悪い時には不安なんですよ。結構ね。

今日はもうゆっくりとしましょう。
スポンサーサイト



 

デスペラード ブルース

デスペラード ブルース

江波光則:著
霜月えいと:イラスト
ガガガ文庫


このアイテムの詳細をみる
久しぶりの江波さんの作品。今回はガガガ文庫から。
そもそも江波さんの作品ってラノベといわれているジャンルを逸脱しているのでどこの出版社から出るかいまいち分からないですね。
デビュー当初はまだラノベの範疇に収まっていたのですが、だんだん逸脱していて、本作は内容的にも登場人物的にも一般的なラノベの特徴とされている部分からはかなり逸脱しています。
それでも、現実にちょっと非現実的な要素があれば最近のラノベブランドは許容するんですかねぇ。ガガガ文庫はその辺結構甘い方ですが、これ電撃とかだと出ないタイプの小説だなぁといつもながらに思いました。
で、江波作品には珍しいですけれど、1冊で物語が終わっていません。
シリーズものであったスカンクシリーズや、鳥葬シリーズなんかでも1冊1冊でとりあえずの終了を迎えるのが作者の特徴だったと思うのですが、初めてじゃないですかね?最後に「つづく」って書いてあるの。
というわけで何冊続くかわかりませんが、これ1巻目です。

主人公は20歳の青年、筧白夜。
普通の青年かと思いきや殺人拳の使い手です。(笑)
この殺人拳である無明拳の設定がすごく地味なのですが、それゆえにリアルさを感じます。でこの白夜君は日雇いに近い雇用形態で住み込みで働く肉体労働者という設定です。
日々の仕事の忙しさと、故郷から東京に出てきたものの目的意識とか持てなくて日々を漫然と過ごしているという人物。
ただ、この白夜が抱えてる虚無感と言っていいのでしょうかね、無関心さというのが一家惨殺にあっていて、唯一その時に出かけていたために難を逃れた、そして、その場に自分が居たら無明拳でもって何かができたのではないかという後悔からくる心情故のものだというのが話が進んでいく間に明確になっていきます。
家族を暴漢から救った英雄、物語の主人公になり損ねた自分、そういう心情を抱えて日々ルーチンで生きていた人物です。

その白夜君がノックアウト強盗に合うことから物語が始まって、彼自身が怖いと感じていた東京の姿の裏側を覗き見ることになっていきます。
そして、実はさらに怖いのは実は故郷の神座市だったんじゃないかという話になっていきます。
白夜君を利用して自分の目的を淡々と進めていく、神座市出身の職長である黒曜や、ソープ嬢を囲ってその家を麻薬取引の現場にしていた社長、そんな人たちの権力闘争や、巻き込まれちゃったソープ嬢である歌織との付き合いの中で、少しずつ状況が動いて行く中、白夜君の中でなにかが変わっていくという過程が淡々と紡がれていく。
そんな物語でした。
まぁ、道半ばなんですけれどね。

どうも、黒曜が自分の一家惨殺に関わってるかもしれないという情報を得ながらも、自分の脳のキャパシティを考えて、使われることを前提に黒曜を信じる(信じてるとして行動する)ことを選ぶ白夜。
次々と白夜に接触してくる神座市の御三家の面々。
そうなってくると、自分の一家が惨殺されたのは押し込み強盗なんかではなくて、何か理由があったんじゃないかという疑惑(当初からその疑惑はあったけれど、明確じゃなかった)が持ち上がっていきます。
その辺を解決し、今度こそ主人公になるべく決意を固めつつある白夜君というところでこの巻は終了でした。
割とのめり込んで読んでたんですが、最後、いったんこいつが実行犯だと言われた相手と戦って倒した後、それで決着にすればという言葉を吐かれてるシーンがあるのですけれど、その時に、残りのページがものすごく少なくて、え?これではいそうですか、で終わるの?って思ってヤキモキしました。ここではいそうですかでは盛り上がらない。
そして目にする「つづく」の文字。
江波作品は1冊で一通り完結すると思ってた思い込みを破壊してくれる作品でした。

しかし…。男臭い小説です。本当にラノベなんでしょうか?
女性キャラ2人しかでません。しかも1人は顔出し程度。もう1人はヒロイン的に出てきたはいいけれど、あっさりと殺されちゃうし。まぁ殺されることで白夜の考えに影を刻んでいくんですけれど…。
全体的に静かな流れで動いていく話なのに、終わってみるとバイオレンス感がたっぷりだったと思っちゃう感じの作品でした。戦いの描写も淡々としてるからね。

誰が黒幕なのか、まだ黒幕が登場してない可能性もありますが、今後どうなっていくのかとても楽しみ。
早く続きが読みたい作品です。

 

チーチーダブチとチーチーてりやきが食べたかったんです。



昨日の僕のツイートです。
こんなことをつぶやいていました。


鬱による気分障害のひとつなんでしょうけれど、普段と違う行動をするというのにかなり気力が必要になります。
普段、お昼は朝にコンビニで買ったものを食べているのですが、この場合、マックに行くという行動が必要になるのでなかなか重い腰を上げれないでいたという話ですね。
でも、それじゃいけない、食べたいんだということで、今日のお昼はマックにしようと心に決めて、朝、コンビニをスルーして、お昼にマックに行ってきました。

で、注文したのが冒頭の写真。あれ?チーチーダブチとチーチーてりやきではありませんね?
なにやら白星ダブダブチとか白星ダブルてりやきと書いてあります。
なんかねー。喜びいさんでチーチーダブチのセットとチーチーてりやきを単品で!って頼んだら、今日からメニュー変わったって言われまして…。
期間限定であったチーチーダブチとチーチーてりやきは結局食べそこなってしまいました。
で仕方なく頼んだのが白星ダブダブチとか白星ダブルてりやきです。
肉の日ですが、これは予想外でした。
つか、今回のマックの企画、ダブルチーズバーガーのバリエーションとてりやきバーガーのバリエーションを食べ比べろっていう企画なわけで、ふたつ食べることが大正義。もちろん、お客さんが無理してそれに乗る必要はないんですが、やっぱりお膳立てされてる以上はのって食べ比べるのが良いだろうと思って、ふたつ注文しました。もともと、チーチーダブチとチーチーてりやきを注文する予定でしたしね。
ここで大誤算。今回のこれさ、ダブダブチとかダブルてりやきなのね。つまりパティの枚数が倍。ダブダブチが4枚でダブルてりやきが2枚の合計6枚のパティを食することに。予定の倍だよ!苦しいよ。

さて、お味ですが。
今回の白星なんちゃらは普段のダブダブチやダブルてりやきとは違いホワイトチェダーチーズが利用されています。ダブダブチの方はチーズの入れ替え、ダブルてりやきの方はチーズの追加です。
まずダブダブチの方から。正直、普段とあまり変わらない印象。というかですね肉が倍化しているので肉の味が濃いのでチーズのささいな違いが判りません。もともとがチェダーチーズなわけで、それがホワイトチェダーに変わったという微小な違いは肉の暴力にかき消されていました。
ダブルてりやきの方はですね。これまた倍化したてりやきソースの味の暴力によってかき消されてしまい、見ながら食べないと入ってることを認識できない感じでした。マヨネーズの味もあって、正直かき消されてた。
残念。
まぁ、全体的には少しいつもよりマイルドかなぁ…?とうっすら感じるか感じないかという感じ。
こうなってしまうと、肉が倍じゃないチーチーダブチやチーチーてりやきを食べそこなったのがものすごく悲しくなってしまいました。

食べたいと思ったら即行動しないと期間限定品はいつかなくなっちゃうんだぞ。
そんなことを思った1日でした。

 

お出かけ計画。

ちょっとした休み時間を使って、お出かけの計画を練っています。
といっても遠出するわけではなく、神奈川県内や東京都内で行きたいところがいくつかあるので、そこへのお出かけを計画している感じ。

普通であれば行き当たりばったりで出かけてしまっても特に問題がある場所ではないのですが、僕は鬱という問題を抱えています。
それほどひどい症状が出ているわけではありませんが、気力とかの問題とかはやっぱりあるものですから、普通にしているといつまでも行動できないという事態になってるということになってしまいます。
ではどうするかといえば計画を少し立ててしまう。
そうすれば、計画があるのだから、ということで行動するということの敷居が下がります。
ということでお出かけの計画を練っています。

とはいえ、それほど綿密な計画を立てているわけではなくて、どこへどういったルートで行くか、何をみるかという感じのことを決めているだけなんですけれどね。
それもいくつか行きたい場所があるので、まずは簡単にその辺を押さえておいて、いく算段が付いたら電車の時間とかを調べるという形にしたいなーって考えているわけです。
あと、できればドライブもしたいので、車で行けそうなところは車利用を考えてるのでルート検索とかもしてます。

それだけのことなんですけれど、結構気力を使ってしまうのね。
疲れちゃうんですよねー。
困ったことに。
実際に出かけられるか!それが問題点ですね。

 

歩きすぎた日曜日。

日曜日は意識して歩かないと歩数が稼げないので、5000歩チャレンジの為に、昼前の1時間くらいを使って歩いています。
実際に1時間歩くわけじゃないですが、大体1時間ちかく歩いてる感じ?
実際の歩数は歩くだけの場合よりは少なくなってしまうのですが、近所の大型スーパーまで行って帰ってくるっていうことをしています。
今日は、お昼に食べるお弁当と来週の朝食用のフルーツを買ってこいとの命令を受けて出かけました。

スーパーについて、普通にお買い物をするのではなく、しばらくウィンドウショッピング。
あと、欲しい本があったので本屋ブースをうろちょろ。
欲しい本は売ってなかったです。どうも一般本屋に入れてる量が少ない感じですかねぇ。Amazonで買うしかないかなぁというところ。本はなるべく本屋さんで買いたいんですけれどね。(Amazonももともと本屋ですけれどね)
あと、眼鏡屋さんでよいデザインのフレームが無いか物色。メガネは買う予定があるのでいろいろ探しているんですけれどねぇ。
今、アンダーリムのメガネをつかってるのでできればアンダーリムの新しいのが欲しいのですけれど、アンダーリムのフレームはそもそも数が少ないし、メーカーによっては扱ってないのでなかなか見つからないです。
フレームレスのやつを買うことになるかなぁというのが最近の見通し。

その後はお弁当とフルーツを確保して家路につきました。
ぶっちゃけ、今日の歩数は10000歩を越えちゃってました。
歩きすぎです。
普段、このスーパーまで行っただけじゃなく、くぅちゃんのお散歩も行っているので、歩数は多くなるのは分かっていたのですが、くぅちゃんのお散歩だけだとなにせ老犬なのでその日の気分でやたら短くお散歩が終わってしまったりするので、別途歩くのは必要なんです。
で、スーパーまで行くのが大体の日曜日の日課になっていますね。
スーパー行ってウィンドウショッピングするのも良いのですけれど、もうちょっと目的地のバリエーションを増やしたいところなんですけれどねぇ…。駅前に出るかスーパーに行くかくらいしか、近所に楽しそうなウォーキングスポットが無いぞ。

しかし、歩きすぎた。
普段歩いてないから、歩きすぎると体調悪くなるすな…。

 

ありがちな土曜日の過ごし方。

土曜日です。
基本的にはお休みですね。僕の場合、通院の都合があるので土曜日は必ずお休みです。
仮に仕事が忙しくて休日出勤が必要であるという場合は日曜日に出勤します。土日両方の出勤が必要な状況というのはとりあえず、通院で土曜日が埋まってしまってからそういう事態にはなってないです。幸いにして。

さて、土曜日の過ごし方といえば、基本動かないというのが僕の過ごし方になることが多いです。
鍼治療に行ったあとは特にそうで、安静が言い渡されてる上に、鍼の後はすごく眠くなるので午睡して過ごすことが多いです。
で、昼食後に昼寝を始めると、夕方までぐっすり寝てしまい一日が終わってしまうというのがパターンだったりします。
今日もそのパターンでした。
昼食→昼寝→夕食というサイクルなので、なんか食べてばかりいるような感じになってしまいます。
大丈夫なんですかね?これ。
鍼の先生に、眠くなるので寝ちゃってると言ったらそれはいいことですと言われましたが。まぁ、安静が出来てるので鍼治療としてはよしということなんでしょう。
夜寝れないわけじゃありませんしね。

ということで、土曜日が終わってしまうので、何かやろうとすると日曜日にしわ寄せが行きます。
基本的に土日であってもあまり自由時間はないような印象があるんですけれど、仕方ないかなぁ…。
息が詰まるような閉塞感がちょっとあるのですけれど、これはストレスにならんのかしらとちょっと疑問です。
無理にでも日曜に自分の時間を作って何か動いた方が良いんでしょうけれどねぇ。
その気力が湧いてこないんですよね。
土曜日はこんな感じですし。

動ける人がとてもうらやましいです。

 

果たして効果は出てるのかな?

1日5000歩を目標に頑張って歩いてます。
まぁ、すくなっ!って言われるかもしれない歩数なんですけれど、基本座り仕事なので通勤の合間でしか歩くことが無かったため、5000歩を目標!って掲げる前は、4000歩を切る日が多かったのです。
3800歩とか?
さすがにこれはまずかろうということで、日々の活動に負担が来ないしわ寄せが来ない範囲でということで目標をとりあえず5000歩として歩いています。
かれこれ2ヶ月くらいは経つのかな?
なんかいか体調不良で休んだ日と1月1日以外は5000歩/1日の目標は達成しています。
その他に、土日や会社で取引先に行った日などは7000~9000歩っていう歩数になっているんですよね。

さて。
この目標は一応ですね、中性脂肪値とかLDL/HDLコレステロールの比率を改善するために設定した目標です。
この目標を立ててから血液検査してないんで、今現在効果が出ているのか、分からないんですけれど、なんとなく結果は分かっています。
もっと目標を高いところに設定しましょうという結果。
でも、4000歩を切っちゃうのから5000歩以上歩くようにしてるのって、それなりに効果があってもいいと思いません?
それで足りないと言われたら、もう少し時間を削ったうえでのウォーキングが必要ってことになるのできついんですけれど…。なんとかしないといけないとは思っています。
でも、初めから敷居を高く設定するよりはできるところからというのはありと考えて、この目標で今はやっています。

これで効果が出てくれればいいなぁ…。
明日は少し多めに歩く結果になるはずです。頑張って歩きましょう…。

 

乾燥しています。そして心身のバランスが悪いです。

乾燥してます。
基本的にドライアイなので、目が乾燥しちゃってつらいです。目薬が手放せません。
目が乾燥するのはつらいのですが、そのほかにも乾燥の影響が出ます。
唇とかめっちゃぱっきぱきになってます。
これはお茶とか白湯とか飲んで潤すんですけれど、それによって水分補給過多になり気味です。
トイレ行きたくなって、困りますね。
中々バランスが取れない時期です。冬のこの乾燥時期って。

心身のバランスも取れてません。
鬱からの頭痛は続きっぱなしだし、変に行動が突っ走ってたりしていてどうすればという感じ。
頭痛いんだから素直に行動を抑制しておけばいいんですけれど、なんか、うまくコントロールできなくて、暴走気味に行動しようとしていますね。
困ったものです。
普段、動かないといけない時に動けないのに、こういう動かないで良い時にごちゃごちゃ動いたり考えをぐるぐる回したり、なんなんでしょうか…。
困ったものです。

とりあえず、倒れないように気を付けながら乗り越えていくしかないかなぁというところですね。
早く、冬が終わってほしいです。

 

へヴィーオブジェクト 欺瞞迷彩クウェン子ちゃん

へヴィーオブジェクト 欺瞞迷彩クウェン子ちゃん

鎌池和也:著
凪良:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
16巻目です。
前が14巻、15巻と続く上下巻組でしたので、1冊で終わる話のフォーマットに戻っての最初の巻となりますね。
ヘヴィーオブジェクトは1巻を読んだ後はどの巻から読んでもよいということになっていたのですが、どうやら前の上下巻組をはさんだことでやめたみたいですね。
明らかに前に何冊か読んでないとわからない話とか登場人物の説明が無かったりとかしていて、これはこの巻は15巻の後に読むのが正しいんだろうなと感じました。
主人公2人とフローレイティアとお姫様は説明無しは1巻を読んでいればわかるので、OKなのですが、ミョンリとか途中の巻から出てきたサブキャラクターも普通にいる前提で書かれてます。たしか、今までは部隊の同僚とかそういった説明文くらいはあったように思えますが、今回は何にも前置きがないまましれっと出てました。
最近、ミョンリの登場回が多いんですけれど、主人公2人と組まされることが多いって、何か悪いことでもしたんですかね、ミョンリ。明らかに貧乏くじです。

今回のテーマは欺瞞技術、迷彩技術といったものを隠すといったところがメインとなります。
これらの技術は普通は通常作戦に組み込まれているものですが、ヘヴィーオブジェクトでは確かにあまり触れられてこなかった感じのテーマです。
何かを隠すといってもそんなに欺瞞技術等を使わずに今までは隠されていて、あっさりとクウェンサーあたりに見つけられていました。
今回は、それがテーマになっているので、何をどこに隠しているかとか、隠すならどうやって隠すかとかそういった話が展開されていきます。
今回の敵は武器商人で、今までの国同士との戦いというのとはちょっと毛色が違っている感じがしました。
と言ってもですね。ヘヴィーオブジェクトですから、最終的にはオブジェクトをどうするかという話に終始するわけで、最初はオブジェクトをどう隠すかという話、次はオブジェクトを組み立てるのをどう隠ぺいするかという話、そして最後はオブジェクトの戦闘方法をどう欺瞞するかという話になっていました。
それをいつも通りクウェンサーが暴いていくという流れ。
最近、ヘイヴィアはわき役になっちゃった感が強いですね。最も賢明な思考放棄では活躍してましたが。

その流れの中で出てくるのがクウェンサーが女装してメイド姿をしているのですが、これが伝説のメイド扱いされていて、おもしろかったです。
敵地にもぐり込むのに変装する必要があるからとかいう理由で、女装するわけなんですけれど、これが堂々としているというか細部までこだわり抜いて女装している。
クウェンサー自身にはそういう趣味はありませんが、やるなら徹底的にっていうのがなかなか彼の性格を表していて面白かったですね。
しかもヘイヴィアがそれをクウェンサーと気が付かずに会いたがっているという図がなかなかナイスなオチでした。

あとがきによれば鎌池さんが他作品で出来ないノリを目指してみたということでしたが、読んでみると普通にいつものヘヴィーオブジェクトです。
そんなに気負わなくても、いつものヘヴィーオブジェクトで他作とは雰囲気とかのすみわけはで一応できていると思うのですが、どうなんでしょうね。
僕が読んでいる鎌池さんの作品は他作では禁書目録ですが、それとはきちんと雰囲気の炭分けはできていると思います。まぁ、読めば鎌池さんの作品だってのは一発でわかるのは両作とも同じなのですが。
他のも読んでるとそういうのが気になるんですかねぇ。
しかし、禁書目録と同じく、この作品も終わらせる気が見えないのが気になるなぁ…。

 

休み明けです。

休み明けです。
昨日は眩暈で倒れてましたが、今朝は何とか復活というか無理やり復活したことにしました。
とりあえず、行動できるレベルまでは回復していたので出勤することに。
ただ、体調は全体的にあまりよくなく、眩暈は少し残っているし、お腹もゴロゴロしていました。

出勤途中で下車してトイレへ駈け込んだりしたものの、とりあえずは会社にたどり着きました。
出社して始業まで割と時間的な余裕がある(時差通勤しているので)ため、回復のために机につっぷしてました。
午前中の業務は何とかこなして、お昼。
お昼を食べたらまた机につっぷして、回復を図り、午後に備えます。

そして、午後を何とか乗り切って定時で退勤という感じでした。
ドンドン悪化していく体調との戦いな感じの一日でしたね。
まだ治りきってないのがよくわかりました。
今回のは一日では回復できなかったみたいです。
明日まで引っ張らなければいいんですけれどねぇ…。
今日、なるべく早く就寝して回復につとめましょうか…。

 

ダウン。

朝、5時くらいに目が覚めたのですが、もうそっからしてダメだなと言う状態でした。
眩暈。
ぐらぐら地震で揺れてるような感じがしていて動けない状態でした。
お休みすると決めて、5時半くらいに起きてきた家族に伝えて、ぶっ倒れてました。
会社に連絡するの忘れるところだった。

今、19時くらいですがまだ揺れてます。
だいぶましにはなりましたが。朝はご飯も食べれない感じでした。
夕食はあっさりしたものですませました。

ひとつきに1回くらいのペースでありますね。
眩暈で倒れるの。
自律神経失調症なんでしょうけど、治んないなぁ。
鬱が原因だから鬱治らんと治らないんでしょうけど…。
つらいです。

 

むりしてしまった。

5000歩。1日で歩くことを課した歩数です。
休みの日とか僕はほとんどで歩かないので、つまらない日常を送っているわけですが、そうするとですね。1日5000歩には届かないわけで、休みの日には、無理やり出歩いて5000歩を達成しています。
用がある場合は割といいので、なにか用を作って出かけたりします。

今日はエネループを買おうと歩いて15分ほどのところにあるドン・キホーテを目指しました。
その他、食料品の買い出しなども家族から依頼されての出発です。
ドン・キホーテの中を探すこと10分くらい。
エネループが売ってねぇのよ。最終的には見つけたものの、欲しかったのは単4。あったのは単3のみでした。
エネループじゃなくてエヴォルタ推しなんですかね?今は。
同じパナソニックで充電器も共用できるのは知ってるんですが、家にあるのがエネループなので、混ざるのが嫌でエヴォルタは避けたいところでした。
つーか、エヴォルタも単4なかったんですけどね。

そんなこんなでお店の中も含めていろいろ歩き回ったおかげで、歩数は7000歩を越え、今日のトータルは現在値で8200歩を越えていました。
ぶっちゃけですね。昨日まで頭痛してたわけででして…。
歩いてる最中に眩暈とか感じちゃって、でも歩いてる最中だったので、帰るにしても歩かざるをえないわけで…。
帰ってきてからはぶっちゃけ倒れてました。
ちょっと無理しちゃったなぁ…。

 

本当になにもしない日だった…。

頭痛が続いています。
おかげで何もする気にならずに、今日はほんとに未行動な一日だったと思います。
かろうじて、心療内科への通院と、愛犬くぅちゃんの午後のお散歩には行ったんですけれど、それ以外にはほとんど行動らしい行動はしませんでした。
艦これも心療内科への通院の間でできる範囲だけで…。

それ以外の時間はベッドで横になってツイッターやニュースサイトをぼーっと眺めてました。
行動しない、できないという感じを久しぶりに味わった感じです。
これ鬱なんですよね。頭痛が続いているのが直接の原因ではあるんですけれど、頭痛で行動を阻害しているのは鬱による無気力が原因。
頭痛自体も鬱が原因っぽいところがありますし、困ったものです。

それでも、あれ欲しいなぁとかこれ欲しいなぁとか物欲が浮かんでくるだけましなのかもしれません。
鬱が悪化して悲惨な状況になるとそんな欲も出てきませんからねぇ…。
プラモデル、作れるか分からないけれど、ぽっちたりもしましたし。
何もしていないといってもそれくらいのことはしているのか…。
まぁ、無理に動くこともないでしょう。
今日は安静と平穏を心掛けたいと思いました。

 

頭痛が痛いまま乗り切りました。

火曜日の夜から始まった頭痛。ピークは水曜でしたが、結局、今週は金曜日まで頭痛に悩まされながらになりました。
なんとか乗り越えられたものの、がっつりと体力を奪われた感じがします。
その分、何かを食べることで乗り切った感がありますね。
昨日アップしたオルタまんとかも本当は買う予定はなかったんですよねぇ。中華まんを食べようとおもってどうせならと食べることにしましたけれど。
まぁ、頭痛が無くてもFateがらみだから結局は買ってた算段は高いですけれど。

頭痛持ちなので、頭痛が続くのは慣れています。
慣れたくはないのですが、結果的になれてしまっています。
対処も自分なりに薬に頼りっきりになるよりは耐える方向性での対処をしていますね。
1日に1回以上は飲まないようにするとか、依存しちゃわないような工夫は必要だと思っています。
あまりにひどい時は仕方ないのですけれど。

もともと頭痛持ちではあったんですけれど、鬱をやってからは頻度が上がってますね。
月に1度は来ます。ひどい時は毎週とかそんな感じで。
これも自律神経失調とかと一緒で鬱による肉体的に出てくる症状のひとつなんでしょうねぇ…。
嫌ですが、これは仕方ないかなとあきらめている感じです。
何年かおきに、あまりにひどい時を見計らって頭痛外来とかでMRIなどの検査をしてもらって、大事無いことだけ確認はしています。今のところたまに片頭痛が混ざる緊張性頭痛って感じですね。
両方来ちゃうのがたまにあってこのときは薬が効きにくいので大変です。
動いちゃうと痛いしやむを得ず会社をお休みしたりということになります。
ここのところは頭痛での欠勤はなんとか避けれてますが。

とりあえず、今回の頭痛は収束方向へ向かってはいる感じです。
明日には治ってるといいなぁ。

 

120円のあんまんを200円で売る方法。


現在、ローソンが劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」 Ⅱ.lost butterflyとコラボしていて、コラボ商品とかを展開しています。
基本は商品を買うとついてくるおまけがコラボ商品ということになるんですけれど、ゼリーにグラスがついてきたリ、あんまんがセイバーオルタの格好をしていたりというものも出ています。
あまり、コラボ商品って時期が過ぎると持て余したりするので買わないんですけれど、食べ物とかそういうのはその場で楽しめるので買ったりするのです。

で。
今回ですね。オルタまんというものを買いました。コラボ商品の中華まんです。
Fateの登場人物であるセイバーオルタの顔というか頭部をモチーフとしたあんまんです。中身のあんはごまあんでした。
普段からあんまんはローソンで売っていて、価格は120円。このオルタまんは200円です。
違いはですね、中華まんの生地を固く平べったくして色をつけたものを、飾りとして付けていることです。この飾りがセイバーの髪の毛とバイザーを模していて、それがくっつくことでセイバーの頭部に見えるという仕掛けです。
味がついてるのかなと思ったら、色がついてるだけで、味はいたって普通のあんまんの生地の味でした。というか生地部分と一緒に食べて違和感はなかったので、味は付いてないものと思えます。
それだけで80円のアップです。
120円のあんまんを200円で売るのにかかる労力がそれだけです。
うーん。

コラボって恐ろしいですねぇ。
たったこれだけの事で120円で売ってるものがどうみても正当な価格としては130円くらいにしかなってなさそうな改造で200円で売れちゃうんですよ。それもそれなりの売れ行きで。
まぁ、それに乗せられて買ったのは僕なんですけれど、ちょっと納得いかないものを感じないでもなかったです。
そういえばローソンは艦これともコラボの食品を出したりしてましたけれど、それも高かったですねぇ。
コラボ商品、馬鹿にならない利益を生むんだろうなぁ。と思いましたとさ。

 

頭痛です。

朝起きたときから。
というよりですね。昨夜寝る前から頭痛がしていました。寝てる間も頭痛いのを感じるってのは初めての経験でした。
良く眠れていなかったのかな?寝ている間も痛みを感じていて、夜中にその痛みで何回か目を覚まして痛いな…ってなってました。
そんなままで迎えた朝でしたが、お仕事の関係もあるし、今週中に色々片付けてしまいたいこととかあってですね、ちょっと無理を押して出社しました。
その時点ではまだ頭痛薬は服用せず。
服用しなくても耐えられるレベルであったからで、休むほどではないと自己分析して出社しました。

午前中のお仕事を終了して、お昼。
頭痛が耐えられないレベルになっていたので昼食後に頭痛薬を服用しました。
そして昼休みは昼食を取った時間以外は睡眠にあてました。
何とか少し痛みは引いたんですけれど、いつもならほぼ痛みを抑え込んでくれる薬が、今日は効きが悪いのか、それだけ頭痛の痛みがひどかったのか、服用後も痛みが割と残ったままでした。
そのままお仕事を続けていきました。

定時を迎えて退社。この時点ではまだ大丈夫だったんですが、帰宅中に頭痛薬の効き目が切れてきたのか、痛みがぶり返してきました。
それと血糖値が下がってしまって吐き気はしてくるし、ダブルパンチです。
ふらふらになりながら帰宅しました。
食事をして血糖値は落ち着いたので、まだ痛い頭痛を引きずったまま今、これを書いてます。
頭痛つらい。
でも、僕は基本的に1日に服用する鎮痛剤は頭痛由来の場合は1回までと決めている(あまりにひどければやぶるけれど)ので、今日はこれ以上は頭痛薬を飲むつもりはありません。
痛いのは痛いけれど、耐えられないレベルの痛みではありませんし、頭痛持ち故に普段あるレベルかどうかの判断は付きます。
普段あるレベルの痛みである以上は心配しなくていいと判断しての行動になるんですけれど。
これより悪化したり耐えられないレベルになったとかあったら、やばいんですけれど。
今のところは平気そうです。
だいたい、こういった頭痛が来た時は3日位は苦しむことになるので、今週はこんな感じで過ごしてく感じになるのかな。
ちょっと絶望感。

何とか耐えて行きましょう。

 

うまくなかった3連休。そして明けて。

三連休が終わりました。
三連休初日と最終日に病院などへの通院が予定されていたので、完全な休みに当てるという訳にはいかない状態でした。
初日には眩暈がしていて、それは鍼に行ったことで治ったんだけれども、二日目と三日目の合間の夜はうまく寝付けなくて三日目にひどい体調での行動を強いることになりました。
三日目に行った歯医者で鏡を見たときには真っ青な顔で、歯のクリーニングを受ける自分の顔が映っていました。
で、明けて今日です。

昨日は早めに寝たんですけれど、完全な回復には至っていなかったようで、今日は乗り越えるのがわりかし大変でした。
午前中で体力を使い果たしてしまって、午後は結構きつい状態の中、お仕事を続けていきました。
今週は一日短いので何とか乗り越えていきたいですね。
今日も早めに寝ることにしましょう…。
本を読む時間が確保できないぞ?

 

ゴールデンカムイ 第2期

第2期目です。1クール12話で放送されました。話数表記は第1期から引き継ぎで13話からという形になっています。
原作は未読ですが、Wikipediaなどを見た感じ8巻から14巻をアニメ化したという感じのようです。
原作のストックを使い果たしてるようなので、第3期はしばらく先かな。
良いところで終わっているので第3期のアニメ化も期待したいところです。

杉本とアシㇼパの一行は行きがかり上の都合で、土方の一派と行動を共にすることになり、当面の競争相手は第七師団ということになります。
この時点で単独行動してた尾形や谷垣一行なんかも杉本達に合流する形になっています。実に呉越同舟。
旅を続けている間、杉本は始終、土方が一連のからくりを知っているとみているし、尾形は基本的に他の人物となれ合いはしないし、インカㇻマッはキロランケが怪しいと占いをもとに発言しているし、ひとつの目標の為に協力するというよりは、たまたま、刺青人皮をめぐる争奪戦と目的であるアイヌの金塊を手に入れる為に一時的協力体制という感じに集まった印象でした。
軍隊として行動する第七師団に比べると、個人の集団である杉本たちは競争力が劣りますから、仕方なくという感じでしょうか。
土方一派の面々とは一度別れることになりますが、目標地点を金塊のありかを刺青人皮という形で残したのっぺら坊に会いに行くという目的を定めていたため、網走監獄を前にして合流する形になります。

今回の13話からの話は基本的に刺青人皮を争奪するという話というよりは、事の真相を確かめにのっぺら坊に会いに網走監獄を目指すという話になっていて、それまでは各人が協力して事に当たっているというのがありました。
先も述べた通り、協力しあってるとはいえ、互いには信用しているわけではないのですが、アシㇼパが回りを統率するように行動してアイヌの文化を伝えながら話が進んでいくのは小気味がよかったです。シリアスな面とコミカルな面が同居しているのですけれど、そのバランスがとてもよかった。
見ていて飽きないし、とても面白かったです。

網走監獄での一連のやり取りによってのっぺら坊がアシㇼパの父親であることは判明しましたけれど、キロランケと尾形の思惑によってのっぺら坊=ウイルクが死亡し、杉本も重傷を負い、監獄を脱出する際にアシㇼパ達とは別行動になってしまうところで幕。
この時点で、杉本や谷垣、インカㇻマッは今度は第七師団と手を組むことになって、樺太へ渡ったアシㇼパを追うことに(インカㇻマッは重症なので師団の病院で治療中)…。
敵味方の入れ替わりが激しいです。
アシㇼパと行動しているのは白石、尾形、キロランケ。土方たちは別の思惑で樺太には向かわないみたいですね。
互いの思惑が複雑に入り組んでいっていて面白い中にもただ単純に面白いだけでなく、複雑で絡み合った人間模様を紐解いていく楽しみがあって良い感じの作品ですね。
すごく楽しませてくれる。

しかし、最初は金塊目的だったはずの杉本が完全にアシㇼパの保護者になってるのは面白いですね。金塊云々を手に入れるというよりもアシㇼパの為に行動しているというのが、軍で人を殺しすぎてもう、元の世界には戻れないと言われている杉本が、元の世界、人殺しとかとは無縁の世界へ帰り着く鍵になっているような気がします。
ラストはそうあってほしいなと思いました。できればアシㇼパと平和にというのがあるのですけれど、杉本は和人でアシㇼパはアイヌ。相容れぬ部分というところはあるでしょうから、平和裏に最後はこの二人が別れることで終わるのかな?
その辺も含めて興味がありますね。
なので第3期にも期待したいです。が、原作のストックが無いのが痛い。
完全に刊行済みの分に追いついてしまっている感じですからねぇ…。
第3期いつになるかなぁ…。

 

水仙。


お散歩中に見た水仙。
綺麗ですね。
この時期は緑道に少しずつ植えられている水仙が綺麗に咲いていて、目を楽しませてくれます。
冬のこの時期は花が少ないので、水仙みたいにこの時期に咲く花は貴重ですね。

ところで水仙の発音って、すい↑せん↓なんですかね?すい↓せん↑なんですかね?
今日、ちょっと、家族と話していて、僕はすい↑せん↓だと思ってたのですが、家族がすい↓せん↑だというのです。
えー?って感じになったのですが、どっちが正しいか分からずで…。

まぁ、発音がどっちであっても、水仙の花に癒されるのは変わらないんですけれどね。

 

今日は眩暈から始まりました。

朝起きて、まず感じたのは眩暈するなということでした。
これが平日であれば、出勤して仕事ができる程度の眩暈なのか、そうでないのか判断するところです。
幸いにして、眩暈はするものの今日は土曜日で会社はお休みですし、眩暈の度合もこれならば出勤を選ぶ程度の状態でした。
さらに、今日は鍼治療に行く日で、いけば回復が見込めます。
なので、普通に起きて、鍼治療に行く準備をしました。

眩暈がする中、電車にのって鍼治療へ。
治療院に着くころには結構へとへとになってましたが、とりあえず無事到着。
治療が終わると嘘みたいに眩暈は治まっていました。

帰りは激しい動きをしないように気を付けて少し本屋によってから帰宅。
午後は午睡に当てました。
針治療の後は眠くなるのと安静を心掛けてくださいと言われているので。
ゆっくり寝てたら、起きたらもう夕食の時間だった感じです。
一日潰れちゃったけど、体調の回復に当てたと思えば、まぁ仕方ないですね。
とりあえず、今のところ、眩暈再発もしてないし、良きかなというところ。
この三連休はゆっくりしようと思います。

 

鏡開き!


本日は鏡開きですね。
今日で、うちにあった正月のお飾り的なものはすべてなくなることになります。
正月気分からはそろそろ脱却です。
まぁ、まだお餅が残っているんで、朝食時には正月気分が少し残っているのですけれどね。

鏡餅、最近はプラスチックのパッケージの中に切り餅が入っているタイプのものが主流ですね。
うちもそのタイプのものです。
むかし、田舎で食べた鏡餅は田舎でついたお餅を利用していたので、がっちがちに固まっていて、焼いてお汁粉に入れても硬かったような記憶があるんですけれど、今は、普通に食べれますね。
お汁粉は好きなんですが、実質食べるのはこの鏡開きの時くらいかなぁ。

という訳で、お汁粉が夕飯だったわけですけれど、普通はお昼とかおやつに食べるのが普通なのかな?
鏡開きって。
あ、お汁粉だけだったわけじゃないですよ?
おかずは別途食べました。
お汁粉、おいしかったです。

 

本日のケーキ。


本日のケーキは新宿高野のあまおうフレーズ。
この苺の季節になると、だいたい毎年買ってるケーキです。
ケーキ屋さんを何件か見てまわり、いろいろ苺のケーキが並んでいたのですけれど、一番大きな苺が載っているのがこのあまおうフレーズでした。
最近はレッドパールとかいろいろ苺の品種を売りにしているケーキが並んでいるのですけれど、あまおうのジューシーさ、大きさ、甘さを考えるとあまおうにしちゃうんですよね。あまおうに惹かれています。

さて、今日のケーキ。
いつも通りのケーキなんですけれど、今日の苺は例年より酸味が強かったですね。
といっても酸っぱいって思うほどの酸っぱさではなく、あまおうにしてはという感じではあるのですけれど、それでも今年の苺は酸っぱいんだなと感じました。
ショートケーキとか買うとき要注意かもですねー。

でもおいしかった。
疲れた脳にしみとおる感じの甘さ。クリームと苺の酸味が丁度よかったですね。

 

恐怖を感じる。

ニュースを見ていると連日のように韓国との摩擦問題を取り上げています。
竹島をめぐる領有権問題、慰安婦問題、徴用工問題、旭日旗の問題、そして今は自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題。
次から次へと日本に対して反日運動を繰り返した上に、挙句は敵対行動です。
仮に韓国の主張が正しかったとしても、警告なしにロックオンするとかありえないと思うんですけどね。
場所も日本のEEZ内だったし、そもそもなにやってんのー?くらいの勢いで交信を試みたらレーダー照射されたというのがこちらの言い分な訳ですし。
ちょっと、やりすぎじゃない?仮にも同盟国よ?と思わないでもないのです。

ヘイトと思われては心外なのですが、ちょっと最近の韓国のやり方は目に余ると思うんですよね。
10年前はこんなじゃなかったよねと思うし、実際しらべてみればどんどん悪化しているのが分かると思うんですよ。
で、僕は恐怖を感じるんです。
このままいったら行く末は戦争なんじゃいかって。

今、アメリカと中国は下手したら戦争、良くても冷戦に突入的な勢いでやりあっています。
そちらも怖いんです。
アメリカと中国が戦争になったら日本は最前線ですからね。
そしてそうなったときに本来同盟国であるはずの韓国は敵に回るんじゃないかと思えてしまいます。
最近の文大統領は北朝鮮との蜜月に忙しいようで、日本のことは反日で支持率を持ち上げる道具としか思ってないふしがあるように感じます。
北朝鮮と韓国が一緒になったとき。アメリカに着くのか、中国に着くのかを迫られるわけで、そうなった時にたぶん、「朝鮮」としての歴史的なところや今の韓国政府のやり方からして、中国に着くのを選ぶんじゃないかなっておもうんです。
とても怖いです。

僕は歴史や社会はあまり詳しくありません。
ニュースで読んだりするのを、いろいろ自分なりにネットで情報をあさって補完しているつもりですが、詳しい人ならもっと安心していられるのかもしれないのですけれど。
僕からすると、韓国と戦争になる、もしくは中国と戦争になるのがとても近いような気がしてなりません。
世界情勢が混迷を極めている中、極東アジア地域はやばい火種を抱えて外交しているんじゃないかと心配になってしまいます。
そんなことをインターネットのニュースサイトを見ながら思いました。

戦争という最悪の事態は乗り越えてもらいたいです。

 

下降線です。

通常勤務2日目です。
今週は戦いだと思っていたのですが、2日目にして戦いの様相を醸し出してきました。
午後半ばをすぎて、定時が近づいていくにしたがって、心が止まっていく感じがしました。
それまでは普通に仕事をしていたのですが、だんだん、自分というものの確たるものがあやふやになっていくような嫌な感じを感じました。
たぶん、鬱の精神的な症状です。
たぶんとかつける意味がないですね。鬱が来た感じです。

休みの間はおおよそよかったんですが、実は2日の日とか、同じような感覚が午後にあったりしました。
その時は割とすぐに治まったのですが、今日はそれ以降、悪くなっていく一方で、これを書いている今現在、眩暈とかしてきているし、ちょっと辛いなという感じです。

生活のペースというものがあるので、あと30分はこのまま何もせずにいるという感じになるかな。
明日、会社いければいいのですけれど。
ちょっと、不意にきましたね。覚悟してたとはいえ、急に来た。
もう少しもつと思ったんだけどなぁ。
実はそんなに良い状態でスタートできたわけじゃなかったみたいですね。
なんとか乗り切っていきたいんですけれどね。

 

仕事始めです。

長かった今回の年末年始休暇が終わってしまい。
今日から仕事始めです。
休みが長かったのはよかったんですが、その結果が長い休みの直後から、フルで1週間働かなければいけないという状況です。
これ結構つらいんじゃないかなぁー?とか思っているんですけれど、どうなんでしょうね。
お休みあけはできれば3日位で再度の休みに入ってくれればありがたいんですけれどねぇ。
今年は、休みがありがたい長さだったのに対して、この状況という訳です。

さて。
土日を普段と同じような行動で過ごして、なるべく普段のペースで仕事を一週間耐えるだけの準備はしてきたつもりですが、はてさて、うまく行くかどうかというところです。
天候のあれ具合もあるので、ちょっと微妙ですね。
気圧とか安定してなくて、天気予報がひっきりなしに警告していますし。
なんかつらい一週間になりそうです。
出来れば、安定した感じで最初の週は過ごしたいんですけれどねぇ…。1月は波乱万丈です。毎年。

とりあえずは仕事始めを乗り越えました。
続く4日を乗り越えられるように頑張りましょう。

 

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅨ ―フォース・スクワッド・ジャム〈下〉―

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅨ ―フォース・スクワッド・ジャム〈下〉―

時雨沢恵一:著
黒星紅白:イラスト
川原礫:原案・監修
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
9巻です。フォース・スクワッド・ジャムとしては下巻、3冊目となります。
あのですね。
もともと中巻が8月の締め切りに間に合わなくなるので下巻から分冊して中巻としたという話だったはずです。
それでね。中巻が上巻と同じくらいのボリュームがあった時点でおかしいだろという話になるんですけれど、この下巻。さらにおかしいです。上巻と中巻を合わせたくらいのボリュームがあります。
超分厚いです。なんだこれ。(笑)

前回のラストでLPFMとSHINCがバトル開始というところで、ファイヤ傘下のチームの襲撃を受けてという感じでしたけれど、その襲撃から全滅を避けるためにLPFMとSHINCが結託して脱出を図るという出だし。
実はこれがこの先の展開を完全に支配していて、長い話であるのですが、結果的にレンが単独になったりシャーリー、クラレンス組が合流したりとかをしながら、危機から脱出するという話がずーっと続く様な印象です。シャーリーはピトフーイへの復讐心で追ってきているという状況なんですけれど、要所要所でSHINCのメンバーやクラレンスが脱落しながら、マップ中央のショッピングモールへたどり着くという話になっています。
ひとりひとり、仲間を先に進ませるために犠牲になっていくのがチームプレイを意識させてくれて、良い感じでした。悲しかったけれど。

ショッピング・モールについてからはハンドガン限定という制限の中での戦いになります。LPFMとSHINCは直前で遭遇したZEMALによって装備をはく奪されていて、ハンドガンだけなんですけれど、これが、ちょっと面白かった。
ZEMALがLPFMやSHINCに対して優位に立ってるっていうのが、今までではありえない状況なので、指揮官の有無ってすごいなぁと思いました。
フカ次郎と因縁のある指揮官でしたけれど、今後も出てくるのかしら?一応、ZEMALを優勝まで持っていったけれどZEMALのメンバーにはウケは悪かったみたいで面白かったです。

ショッピング・モールでの戦いは、偶発的なものの連続な感じがしてちょっとなぁと思いました。ショッピング・モールでこそ、ピトフーイとか、フカ次郎の技能が生かせるような気がしたんですけれど…。ピトフーイが予備のフォトンソードをフカ次郎に渡していたら、フカ次郎ももっと戦力になったような気もするし、なんか準備はレンについてはすごいい準備されてたけれど、他のメンバーについてはあまり準備がされていない感じがしてピトフーイが手を抜いた感じがしないでもなかったです。
途中まで状況を読み切っていた彼女が、フォトンソードを用意するだけという簡単な用意を怠るっていう感じがどうも納得いかなかったんですよね。
途中でレンとエヴァがピトフーイが意図的にファイヤに有利なように誘導しているんじゃないかと疑うシーンがありましたが、僕もそんな風に思いました。
でも実際はそんなことはなかったわけですが、そう思ってしまっても仕方ないかなぁというちょっと、最後のシーンにつなげる為のご都合が多かったかなぁと思いました。

最後はレンの無双。
今回は結果的に1人でポップするモンスターを駆逐するという状況になっています。
そして、今回のスクワッド・ジャムでのファイヤのチームの真実が分かって、実はちょっとファイヤ=西山田炎に惹かれて行ってた香蓮ですが、面白いラストが待っていました。
まぁ、そういう感じだよねという納得いく感じなんですけれど。
その為のレンの無双シーンがちょっと引いた。(笑)
ピトフーイ相手にやったことではあるんですけれど、今回、レンがやった相手が相手なので、ファイヤが引いちゃうのもわかるってものです。
そして、LPFMとSHINCとのリアルでの宴会(カラオケ大会)、実際にアニメ、ガンゲイル・オンラインで神崎エルザが歌った曲を香蓮が歌うというラスト。
実際に歌詞も文として書かれているという展開でした。
Independenceはやっぱりかっこいいですね。

さて。
SHINCとの因縁もなくなっちゃったような感じですが、今後どうなるんだろう。
あとシャーリーのリアルが出会った少女。あれクラレンスのリアルなんですかね?
その辺が気になる感じですが、続きがあるかどうかは微妙な終わり方でした。
続くのかなぁ?
さすがに、スクワッド・ジャムだけで話を展開してくのも限界があるように思うんだけれども。

 

FateProject大晦日TVスペシャル2018

FateProject大晦日TVスペシャル2018を見ました。
昨年の大みそかに紅白歌合戦の裏番組で放送されていたものですね。
Fateシリーズの特番は毎年大晦日にあって、これで3回目かな?
毎年のFateシリーズの振り返りと、今後の展開について特集するものになっているのですが…。
今回3時間番組だったのですが、うち2時間はHeaven's Feelの一作目をまるまる放送。
実質な情報公開や、新作アニメのパートは1時間分でした。
だったら1時間でもよかったんだけどねぇ…。Heaven's FeelはBD持ってるし。

で、今回はFGO関係の告知が多かったですね。FGOが2018年にどういう風に展開してきたかについて語られたのと、今後、一部のエピソードをアニメ化する企画があることが告知されました。
あと、新作のギャグアニメ。ショートコント集みたいなやつ。
FGOはやっていないので、基本的な情報しか知らないのですが、今後やるTVアニメやら劇場アニメやらは単独で見て楽しめるものなんですかねぇ…。
その辺がちょっと気になりました。

それともう一作、ロード・エルメロイⅡ世の事件簿がTVアニメ化されるらしくそのプロローグとして新作のアニメが1話分公開されました。
原作のロード・エルメロイⅡ世の事件簿にはなかったシーンだと思うのですが、新しいエピソードとして公開した感じ。原作の3エピソード目にあたる「魔眼蒐集列車」をアニメ化するようで、その事前エピソードとして、ロード・エルメロイⅡ世の置かれた立場や、各登場人物の紹介を兼ねたような作品になっていました。
ただ、野良猫に文句を言いながらも、見捨てられないロード・エルメロイⅡ世=ウェイバー・ベルベットの心情みたいなところを描いていて、グッと心をえぐってくるような展開がありました。
自分がもっと腕の良い魔術師であったなら、救えた命。それを取りこぼしたロード・エルメロイⅡ世の哀しみ。それはかつて聖杯戦争で自分がもっと腕の良い魔術師であったなら、彼の王が勝ち得たであろう勝利と対になって感じられるものであって、それを今の彼が、未来を形にすることである意味贖罪しているかのようなストーリーでした。
これが0話目ということになるようです。
たぶんBDとかには収録されるのかな。
グレイの顔がセイバーとはあまり似ていないのが気になりますが、ロード・エルメロイⅡ世のアニメ化は楽しみですね。
ただ、「魔眼蒐集列車」だけのアニメ化では物足りない気がしますけれど…。

しかし、Fateシリーズは衰え知らずですねぇ…。
FGOがはやった関係でまだしばらくはブームが続きそうです。
僕は本編であるstay nightに直接つながる話を追うので精一杯ですけれど。
今年も、いろいろ話題なるんだろうなぁ。僕としてはまずHeaven's Feelの2作目の公開が待ち遠しいです。

 

本来の休みは今日まで。

今年の年始休みは6日まで。
本来の休みは今日までなんですけれど、5日、6日が土曜日、日曜日に当たるので結果的に休みが伸びている計算になります。
ありがたいですけれど、長期間の休みの後に、1週間のフルの勤務が待っているのでそれが怖いです。

休みの間はテレビを見たり、ゲームをしたりと何かとやっていたので、昼寝という行動をとってませんでした。
その代わり、朝は少し遅め(といっても7時)まで寝て、夜寝る時間は変えずに生活してました。
まぁ、普段通りの生活に近いリズムではあります。

これが吉とでるか凶とでるかはわかりませんけれど、テレビやパソコンを使ってる時間が長かったので、ちょっと目に疲労が来ている感じ。
明日明後日は少し、テレビとか少な目にして過ごして、目を回復させたいなーとか思っています。
しかし、今回の休み、ゲームのイベントと重なってたんですけれど、5日、6日が追加で休みになっててよかったなぁと思います。
本来だったら明日から仕事しないといけないわけで。
それだと身体がつらいことになってたなぁとか感じてます。
ま、今日は友人との新年会で夕方から出かけるのですが、本当に明日明後日が休みでよかったです。
あと二日、ゆっくり休むことを心がけようと思います。

 

東京喰種:re 最終章

東京喰種:reの続き。4期目ではなく、東京喰種の3期目として放送された:reの後半クールという位置づけだったみたいです。各話のナンバリングが前作から続いてのもので13話から始まっています。1クール12話分で放送。
これで東京喰種のメインストーリーについては完結となった模様。
相変わらず原作は未読で視聴しました。

佐々木琲世として生活していた金木研が自分の記憶を取り戻し、人格も琲世としてではなく金木として行動し始めたところから。
前期のラストではCCGの捜査官として行動していましたが、本作ではその後CCGからは離れたようで喰種側の人物として行動しています。
喰種でもいろんな組織がありますが、それ同士の戦いや、CCGが絡んだ戦いなどがイメージとして複雑に絡み合ってストーリーを織りなしていく感じでした。
正直ですね。わかりにくいです。
ストーリーを追うことはできますが、バックボーンが追えません。
あるシーンをやっていて、それが何故起きたのかとか、そこに登場している人物の人間関係とかが負えないの。イメージだから。
それで見ていてちょっとんんん?ってなる感じがありました。

メインのストーリーは金木くんが人間であった時、喰種としてあんていくで過ごした日々、アオギリの樹に囚われた経験、CCGの捜査官として過ごした経験などを通して自分のやるべきこと、人と喰種の共存を目指すという理想に向かって行動していくという話になっています。
で、その話に絡むというか、喰種を利用しようとする有力者たちの思惑が絡むのですけれど、それがすごくわかりにくい。CCG内部で抗争みたいなことが起こっているのですけれど、クインクス班のように喰種の特徴を埋め込まれた人はいるは、喰種そのものも組織内に紛れてるは…。
バックボーンが説明されてないので、状況を飲み込むまでに時間がかかりました。
最初、喰種の組織と戦ってるかとかと思っちゃったり、見ているうちにCCG内部の話だってことを忘れちゃったり…。困った困った。

ラストは金木くんのクインケの暴走による事件とそれを招いた人物との戦いを描いて、結果的に金木くんの勝利で金木くんは平和に暮らす未来を手に入れるわけなんですが…。
このラスボス的な人物が何故にそういう行動をとっているかとかの説明は全くありませんでした。唐突にこの4期目からCCG内部の重要人物として出てきて、陰謀を巡らせている描写はあるんですけれど、なんでこの人物はこういう行動をとっていたんだろうというのが分かりませんでした。
ラストシーンを見ると、金木くんと同じところを目指していたようにも思えるんですけれど、原作ではどうだったんだろう。アニメを見ている限り、間違っちゃった金木くんの様な印象で描かれていました。

3期目までは順当にストーリーを踏んでたのに。
今期になって急にイメージの羅列になってしまって、各シーンの繋がりを説明するバックボーンが無かったのは非常に残念に思いました。
ストーリーがぶつ切りで、各登場人物の心情を酌むことはできても、感情移入までは難しい感じ?
まぁ、イメージだけでもグッとくるところは来るようには作ってあったんですけれど。
これ、完結を急いだ感じがありますけれど、もっと必要な説明をいれて、もう1クールやってもよかったんじゃないかなぁと感じました。
面白かった作品だけにちょっと最後が残念だった。
でもハッピーエンドなのは実によかった感じです。

 

初もうで。


今日は初もうでに行ってきました。
といっても有名な大きな神社に詣でたのではなく、ご近所の諏訪神社に行ってきました。
毎年、初もうでは地元の土地神様を詣でに行きます。

1日は長蛇の列ができているのですが、今日は2日なので、列はそれなり。
でもひっきりなしに参拝客が訪れては手を合わせていました。
僕は家族と自分の健康をお願いしてきました。
毎年、同じことを祈っていますが、それが基本的に僕の切なる願いであります。

皆さんは初もうでで何を願いますか?

 

« »

01 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト