FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

新約 とある魔術の禁書目録18

新約 とある魔術の禁書目録18

鎌池和馬:著
はいむらきよたか:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
新約18巻目。
今回も逃走回だった印象。それ以上に説明回だった印象です。
あんまり、動きがあった印象が残る回ではないのですが、内容的にはすごい変化があった回となります。

前巻のラストで学園都市に居られなくなり、脱出が必要となった土御門と府蘭が学園都市から脱出するという大筋の話になるのですが、いつの間にかにアレイスター=クロウリーの過去についての説明をする回となっていました。
土御門と府蘭が脱出するにあたって土御門の義妹である舞夏も連れて脱出するという出だし。そのために上条ちゃんは協力するということで、今回のメンバーには最初からインデックスが含まれていて、ちょっとびっくり。インデックスが最初から上条ちゃんと行動している!とか思ってしまいました。ヒロインなのに主人公と一緒に行動することが少ないインデックスさんにやっと日の目が当たった感じ?
そして、今回はアレイスターがらみということで、少し解説を担当することもあり、インデックスの影が薄くないっていう珍しい回となっていました。

脱出するはずだったのが、学園都市を囲む壁を乗り越える前に、舞夏に魔術的な呪いが掛けられてしまい、それを解除することがインデックスらにもできず、ではだれなら解除できるのかということで、呪いをかけた本人であるアレイスターをしばき倒して解除法を聞き出さないといけないということで、窓のないビルへ侵入するという話になっています。
そして、窓のないビルへ突入してから、上条ちゃんが見る幻視。それでアレイスターの過去を追体験していくという感じになっています。現実に存在した人物であり魔術師であるアレイスターが何故、科学サイドの頂点である統括理事長などをやっているかにつながる話を延々と読まされた感じです。
アレイスターは現実の人物で、何をやったかというのが明確に記録に残っている人物なんですが、その時の心情や行動原理を作者の解釈で作品に合わせる形に調整したものを、作品の前提として説明されていった感じです。

この説明に入ったときに違和感を感じました。
作品の展開として、上条ちゃんは学園都市から脱出しようとしているわけではないんです。脱出しようとしたのは土御門達であって、学園都市=アレイスターにとっての重要度ってそれほど高くないんですよね。
それをわざわざ自分のところへおびき寄せる、自分自身に突っかかっていくような要因を作ってまで引き留めるというのに違和感を感じました。
それこそ、上条ちゃんに自分の過去を見せるという必要性があったのなら納得もしますが、実際に上条ちゃんに幻視を見せたのはミナ=メイザースという過去のアレイスターの関連人物でしたし、それにはアレイスターは関与していない。
であれば、アレイスターとしては上条ちゃんたちが窓のないビルに来たのは、偶然であり本筋ではないんですよね。
それこそ、アレイスター側からすれば、土御門達など、あっさりと消してしまえばいいのであって、それができない人物ではないんですよね。それが、結果、上条ちゃんとミナ=メイザースとの接触を生み、アレイスターが上条ちゃんと対峙するという結果を生む流れになっている。
ちょっと、展開に違和感を感じました。

アレイスターが最終的な敵だと思っていたのですが、今回の事を考えると違うのかなぁという感じになってきました。
アレイスターが今後どういう行動をとっていくのかが気になりますが、アレイスターの「人間」らしさってのが今回のキーだったのかなぁと思います。
子を思う人としての人物を描きつつ、その矛盾点や一方的な思考を指摘していくといった展開でした。
最後にローラ=スチュアートが出てきたので、久しぶりに必要悪の教会が絡んでくるんですかね?今後は。

何にせよ、アレイスターとの直接対決とかあったし、なんとなく終幕に向かって歩み始めているのかな?って感じさせる回でした。
ただ、この巻だけの感想としては、いつもよりノリがよくないし、延々と「おかしい人」の過去を説明されるのって結構苦痛だったな。
まぁ、アレイスターの過去って研究してみると面白そうなネタなんですけれどね。
スポンサーサイト

 

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト