FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ケイオスドラゴン 赤竜戦役 3

ケイオスドラゴン 赤竜戦役 3

三田誠:著
混沌計画:原作
しまどりる:イラスト


このアイテムの詳細をみる
アニメ、ケイオスドラゴンのノベライズ3巻目です。最終巻となります。
ハイガでの祝ノリの登場から、混成調査隊の崩壊、シュカへの移動と最終決戦を描いていくとい形になります。
描き方が相変わらず的を得た形で、その時に各登場人物が何を考えているかとか、その時にこの人物にどういった変化があったかとかがきちんと明確に描かれています。
もちろん主人公である忌ブキと混成調査隊の仲間たちではない、祝ノリの心情などはほとんど描かれず、主人公たちの視点から見た様子を描くというのとどまっていますが、必要な情報は伝わってくる。
この巻でいえば、祝ノリの異常性や白叡の人の好さとかがきちんと描かれています。登場が一瞬でシメオンの描写がほとんどなかったのは残念かな?

忌ブキが祝ノリの秘密、赤の竜とのつながれものになっている、祝ノリが死んで生き返るたびに赤の竜に負担がかかり、そのせいで赤の竜が狂ったという事実がこの巻で語られていくのですが、その点にかなりの分量を割いて描かれていたように思います。
何か、おかしい、忌ブキの能力と同質の契約であれば、対価は必要であろうし、では祝ノリはどのような対価を払っているのかというのが謎としてあったのですが、明確になっていった感じです。
同じシーンがアニメでもあったはずなのですが、ほとんど記憶に残ってないです。
祝ノリの異常性を描かれたことに目が行ってしまい、重要な点であるその部分が記憶に残ってないというのはアニメでは情報が視聴者に情報がちゃんと伝わってなかったのではないかな?と再度思いました。
これは婁が七殺天凌の命を無視してスアローにつっかって行くシーンでも同様で、なんでそこまで婁がスアローに固執するのかがアニメでは明確になっていませんでした。
ですが、このノベライズでは、スアローがものを大切にしない(というかできない)代わりに、物への執着はせずに新たなものを生み出していく、それが人というものではないかと考えているとしっかりと描いたうえで、逆に婁は七殺天凌に固執し停滞していることを描いている。婁から見ればスアローの言が、自分を否定していて自分自身のアイデンティティである七殺天凌を否定しているので、必ず打ち取らないといけない相手であると認識していく過程が描かれていて、納得いくものとなっています。
また、本筋から離れてしまうこの二人の戦いに多くの分量を割かずに忌ブキが祝ノリと対決し、エィハを犠牲に赤の竜を救い、またエィハが生き残る術を勝ち取っていくという流れを重視して描いています。
アニメではこの辺のウェイトが逆転していたのでなんだこれ?になりましたけれど、きちんとニル・カムイの王として最初の民を救う行動をとっていく忌ブキの姿が描かれていました。

本格的なファンタジーとしてきちんと面白かった。
アニメは全然楽しめなかったのにノベライズではすごく楽しめた。
基本的に同じ話を描いているのに、表現の仕方が少し違うだけで、それを面白く感じたりつまらなく感じたりすることってあるんだなぁって思いました。
ケイオスドラゴンの企画はなし崩しにダメになってしまったけれど、このノベライズに準じた表現をアニメがしてくれてれば、もう少しもったんじゃないかなぁ。
ただ、爆発的なヒットとはいかない題材ではあるので、企画自体が結構無謀だったかもしれないですね。
スマホゲームには僕も手を出してませんでしたし。
スマホゲームやボードゲームのストーリーも三田さんの執筆で本にしてくれないかなぁ。
スポンサーサイト

 

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト