FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

さよならモンキー。

ホンダ「モンキー」、8月生産終了 排ガス規制強化受け | MSN / 朝日新聞デジタル

一世を風靡したバイクだったよなぁ。
あの小ささと軽快な感じは魅力的だった。残念ながら僕は乗ったことはなかったけれど。
これは、今後プレミアがついていくパターンだなぁって思う。

原付が売れなくなったのと排ガス規制が理由だとのことだけれど、かなり残念だと思う。
こういった、「遊べる」モーターサイクルって流行りの牽引役だっと思うので。

そういえば確かに、最近は原付をひと昔前より見なくなった感じがします。というか原付に限らずバイクが減ってるかな?
モータリゼーションがエンジンから文字通りのモーターへと変換されていく流れの中、バイクはまだエンジンが主流。
世の中の流れから取り残されつつあるのかもしれないなぁ。
電動バイクが出てくればまた盛り返していけると思うけれど。
ホンダさんにはぜひ電動バイクを頑張って開発してもらって、モンキーをまた復活させてほしいですね。
スポンサーサイト



 

自分が怒られてるわけではないのだけれど。

普通に生活していて、自分以外の人が何かの原因で起こられてるいるシーンに出くわす事があります。
もちろん自分が怒られてる場合も往々にしてあるのだけれど。
まぁ、自分以外の人が怒られてるシーンに出くわすわけですよ。いろんなところで。
その怒られている人が何について怒られているかはその時々で違うでしょう。
電車の遅延でいらついた人が駅員にくってかかってるのかもしれないし、何か失敗してしまった人が監督する立場の人から怒られてる場合もあるでしょう。

そんなシーンに出くわした時の僕の状態としてですね、決まった状態になってます。
つまり、自分が怒られてる気分になる。
どんな些細なことでも、どんなに僕と関係なくても、誰かが怒られてるとき、僕は自分が怒られていると感じています。
鬱の状態が良くないときにはより強く自分が怒られているのだと認識してしまう。
ただ、自分を客観視している意識の中で自分が怒られてるわけじゃないじゃん、という認識もあって、ただ黙って怒られた気分に浸ってる訳ではないんです。でもこういう状態になると自己の中で矛盾する認識が生まれてしまって混乱するという事態になります。
酷いときにはパニックに似たような感じに焦燥と恐怖を感じます。

今日はちょっとそういうシーンに立て続けて遭遇してしまって、朝からうなだれた状態でした。
僕の状態は今あまり良くなくて、仕事がうまくいってないせいでかなり焦燥して落ち込んだ状態。
怒ってる人の怒りがこちらを向いているのだと思ってしまい、すごく怖かったです。

あと少し、あと少ししたら多分精神状態も落ち着いて少しは耐えられるようになると思います。
でも、今はだめ。今はだめでした。
すこしでも、心の回復をしていかないとね…。

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト