FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅥ ―ワン・サマー・デイ―

ソードアート・オンライン オルタナティブ
ガンゲイル・オンラインⅥ
―ワン・サマー・デイ―


時雨沢恵一:著
黒星紅白:イラスト
川原礫:原案・監修
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
やたらとタイトルの長い作品6巻目。順調に巻を重ねていっています。
さすがに、タイトルを長くし続けるのは無理だったのか、今回は前回ほどは長くはありません。
また、上下巻構成が2回続きましたが、今回はこの1冊で完結するお話となっています。
とはいえ、この巻だけ読めるかという訳にはさすがに6巻ですからね。
そういう訳にはいかず、きちんと前の巻は読んでいる必要があります。そう考えるとへヴィーオブジェクトはかなり頑張ってるんだなぁって思いました。

さて、一貫してスクワッド・ジャムというGGO内のプチ大会を舞台に展開してきた本作ですが、今回はスクワッド・ジャムではなく…。
スクワッド・ジャムの上位入賞者に声掛けされたテストプレイというお題目になっています。
新型のNPCが守る陣地を攻略するというテストプレイという内容で、上位入賞者だけに声掛けされていますから、序盤から今まで名前が出てたようなチームばかりが出てくることになります。
レンは前回と同じくLPFMで参加。目的はボスたちと決着をつけることです。
テストプレイの攻略が二の次になっているのがレンらしいと言えばレンらしい状況です。

序盤こそ全日本マシンガンラバーズと戦ったりしますが、結果的に新型NPCへの興味という理由と時間的制約からテストプレイを攻略するという形になります。
そしてぶち当たる恐ろしく連携がとれていて高度な技術を持ったNPCのチームの防壁。
この時点で、僕はある可能性に気が付いて、実際それがこの話の肝だったのですが、分かりやすいと言えばわかりやすかったかもしれません。
本編であるソードアート・オンラインでもVRMMOの医療目的での利用ってのがちらほらネタにされていましたが、GGOも例にもれずというところでしょうか。
レン達と戦うこととなったNPCが実はという話ですが、彼らはそれで救われていった。
それがなかなかいい話だったと思います。
レン達もゲームと思って楽しめたのでしょうし、一挙両得だったかな。
ただ、NPCの首領であったジェイコブの意識にレンが戦いを楽しむ悪魔のような小娘という印象で残ったのはちょっと笑える感じでした。
レンとしてはゲームだからという意識があってのセリフだったのですが、現実と境目がなかったらレンがジェイコブに放った台詞は怖い台詞だなぁと思います。

しかし、やっぱりGGOってゲームなんだなぁと思いました。
GGOでいかに強さを発揮してもいかにピトフーイが悪魔のような能力を誇っていても、それはゲーム内での話。
実際になったら、実際にリアルに近い戦場での戦いになったら。
というのが、この巻で見られたような気がしました。
それに対して、レンが早さに特化しているとは言え、いかに強いかというのを垣間見たようにも思えました。
結果的にボスたちとの決着はまたつかず、レンとピトフーイの直接対決もありませんでしたから、まだ続くことでしょう。
ただ、ここで終わっても良い感じの話でした。今回は。

続くかなー?続くだろうなぁ。
スポンサーサイト

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト