FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼③

機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼③


神野淳一:著
矢立肇・富野由悠季:原案
中島利洋・KOMA:イラスト
電撃ホビーブックス


このアイテムの詳細をみる

宇宙編第3巻。
もうね嫌な流れしか感じ無い状況に。
戦況はグリプス戦役終盤にさしかかり、ティターンズが追い詰められていくのがアーネストにも分かっていくと言う状況です。しかしアーネストは結果的に悪手しか打たないんですよね…。
何が悪いってヴァンやダニカの側がちゃんとアーネストを救おうとしているのにもかかわらず、アーネストがその手を振り払ってしまっていること。
悲しいのは当然、彼らが相まみえるのは戦場であって、片方がそれに屈すると言う事は捕虜化という道が待っている可能性もあると言う事ですが、少なくともアレイオーンに向かう事をすればそれは避けられそうな気がします。
そしてそこにはかつてのロスヴァイセを知るアルヴィース博士も居るわけで。
ロスヴァイセが居なければ、アーネストは簡単にヴァン達の手を取る事もできただろうに少し、彼は不幸によって毒されすぎて視野狭窄に陥ってしまっていて、正しかったはずのティターンズに固執しすぎてしまっている。すでにティターンズの色々な悪行を見てしまっているにも関わらず。

ティターンズで出来る事はエゥーゴでもできるんだよ。
まして戦況が苦しくなったティターンズで出来ない事でも、余裕が見えてきているエゥーゴ(連邦軍本体)ならと言う感が方が何故出来ないんだろうと思って読んでいた。
勿論、彼らは軍人だから敵前逃亡罪とかあるのでそう簡単にいかないけれど、MSに乗る以外、もう少女どころかロボットでしか無いロスヴァイセの姿が痛々しくて、そしてそのロスヴァイセが少しでも記憶を取り戻せるようにと行動するアーネストの空回りが悲しい。アーネストががんばればがんばる程、悪い方向に行ってるようにしか見えないんだよね。結局、さらにロスヴァイセをマシン化するためのガンダムに乗ることになってしまったし、もうこの先、幸せな未来が待っているってのはあり得ないのかと絶望を感じながら読んでた。
1巻の時はまだ、いつか合流してロスヴァイセも元に戻る、良い感じなエンディング、強化人間が救われる数少ないエピソードになるかも知れないと思っていたのに。

ここへきて新ガンダム「スコル」ですか。
この刻に抗いし者では各陣営にガンダムが少しずつ居て、ちろちろクロスしているのが面白いんですが流石にガンダム多すぎだろうと思ったりも。
本編に出てくるZ、MK-Ⅱ、百式、ティターンズの旗の下でのTR-1、TR-6、これのケストレル、スコル…。うーん。
実は時系列を考えればSガンダムとかFAZZとかも居るんだよねこの時期。
少し多すぎだよなあ。
物語を読んでると出てこないんですけれど。
スポンサーサイト



 

機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼②

機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼②


神野淳一:著
矢立肇・富野由悠季:原案
中島利洋・KOMA:イラスト
電撃ホビーブックス


このアイテムの詳細をみる

宇宙編2巻目です。
この巻では流れの的を大きく絞っていた印象がありました。
コンペイトウ攻略。原作Zガンダムでも最初のADVANCE OF Zでも描かれた大きな事件です。
この事件にヴァン達が、そしてアーネスト達がどうか変わっていったかを描いていた印象が残りました。
そして強い女ダニカ。
もちろん、年相応のもろさや少女らしい弱さをもった素敵なキャラなんですけれど、ここ一番の強さは何なのかしらと思うくらい活動的で、過去に内省的な性格だったとか言われても信じられません。
原動力としてはヴァンが居てこそ何ですけれど、ヴァンがそこに居るとなったときの彼女の瞬発力は何なんでしょうか?こんな強い子他に居なかった気がします。
だって、ニコシア艦橋に突っ込んだおかげで変な扱いはされなかったとは言え、ジオン扱いされているエゥーゴ兵がティターンズにですよ?それも微妙な扱いを受けている人(バーダー少佐)が居る所関係で捕虜になってまともで居られるはずがありません。
多分、彼女なりの葛藤やテクニックや、影なる味方のおかげもあるんでしょうけれど、彼女は無事「ほぼ自力」での脱出を計り、ヴァンと再開しました。
そら、強い子って(運も含めてね)という感想も出るというものです。

ダニカと対比されるのはロスヴァイセかエーヴィなんでしょうけど、僕はタイプが同じでやっぱり強い子である片鱗を魅せるエーヴィや、強化によって自我を失って壊れていくという悲劇さえ出なければおそらく同じタイプだったロスヴァイセよりも、そのロスヴァイセを改造したリュング女史を比較対象に上げたいと思うんですよね。読んでいて少ししか出番のない彼女の言動がいちいち心に突き刺さる感じを受けました。自分で幸せや何かをつかもうとしている、アーネストやロスヴァイセ、ヒンカピー、新兵の女の子たちと比べて、彼女の幸せってあくまで他者基準で、アーネストたちの幸せとの比較であって、彼らはこうなのになんで自分は?みたいな思考なんですよね。要は妬みで構成されてるんですよ。でなければ戦果はそれなりに上げ、専用機は失ったものの安定しているロスヴァイセを下手な強化でより不安定した上、退行させるなんて事はしないでしょう。制御する人間が1人必要になるから軍隊としては負担増だよ。
要はアーネストとロスヴァイセの関係への嫉妬。アーネストのロスヴァイセへの愛情は恋心もあるけど幼いダニカへの罪滅ぼし的な側面もなくもないのは語られている通りですから、恋人を見るというよりは家族を見ると言う側面が強いのに…。とばっちりを受けたロスヴァイセが不幸すぎる。ロボットみたいにまでされていまって。
彼女の弱さってのは戦争で頼るモノが自分しか居なくてと言う人の弱さなのかな?彼女には頭脳という才能があったけれど、ダニカやエーヴィ、そして改造されちゃう前のロスヴァイセが持っていた人との繋がりってのを持っていなかった。
そんな悲しさを感じました。

しかし、フレームに何か、仕込むのは流行なんですかね?ユニコーンで、確立された技術だからあんまり、この時代のMSには登載されてて欲しくないんだけな。まぁやっぱりガンダムや強化人間用は別格扱いなんですかね。

しかし、ネモディフエンサーが出来るならGMⅢディフエンサーができたはず。かっこいいと思うんだけどなぁ模型化とUCでの映像化を望もう。

 

機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼①

機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼①


神野淳一:著
矢立肇・富野由悠季:原案
中島利洋・KOMA:イラスト
電撃ホビーブックス


このアイテムの詳細をみる

1巻表記ですが刻に抗いし者の実質5巻。宇宙編開始です。
地球→宇宙と舞台が移行するガンダムは多いですけれど一貫してここまでがっつり半分で分けてるのは珍しいと思いました。
僕はこのエゥーゴの蒼翼の1~3巻を一気に読みました。
なので、感想が少し前後してるかも。

地上編から大きく変わったのは、アーネストを導く人が居なくなったこと、ダニカが捕虜に成ってること、バーダー少佐が別行動であること、そしてヴァンの機体がガンダムに成ったことですかね。そしてZガンダム本編や前のADVANCE OF Zの作戦内容をより意識したストーリーの流れに成ってることだと思います。地上編でも香港やダカールを意識した作戦タイミングというものを描いていましたけれど、宇宙に上がってからはそれが如実になった感じ。
元々がZガンダムのストーリー自体がダカール以降がきつきつだからかも知れませんが。

ヴァンはニュータイプの素養が少なからずあるのか、ダニカの無事を確信している節があって割と達観した印象を受けました。ことある毎にダニカを思い出しての行動は挟まるのですが普段は焦りとか無くて、むしろ歴戦の兵士然とした雰囲気を得ました。彼の周りにはルシアンも残ってるし、新しく入った仲間もいい感じだったからかもしれません。それに対して、立場的にはヴァンに比べて安定しているはずのアーネストが壊れていくというか戦争と責任に押しつぶされていく様が読んでいてきつい。
彼にはまだ相談出来る上官(アルベール小佐)は居るのにも関わらず、その性格からどんどん自分を追いつめて行ってしまうのがなんとも悲しかった。
そして乗ってるMSもガフスレイとあまり良い印象が無い機体。ジェリドがマウアーを失った機種。幸いにしてロスヴァイセがこの巻で戦死なんてことは無かったけど。

後半の展開がアムロとシャアかよとか思ってしまった。休息中にコロニー内で邂逅とか。状況的には1stのようにヴァンとロスヴァイセだけででの邂逅。それにアーネストが割り込んでと言う形でした。
状況的にアーネストを置いてロスヴァイセがエゥーゴ側に来てくれればなぁとか思った。この時、すでに彼女に降りかかってた災難を回避する手段、人材がエゥーゴ側に揃ってたのは皮肉すぎる。

それにしても、全くそのままとはでは無いけれど強化人間用のガンダムを乗りこなしちゃうヴァンって…。(笑)

 

« »

12 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト