FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ギルティクラウン レクイエム・スコアⅣ

ギルティクラウン レクイエム・スコアⅣ

ゆうきりん:著
redjuce、平沢下戸:イラスト
トクマノベルズ


このアイテムの詳細をみる

ギルティクラウンのノベライズ4巻目。最終巻です。
3巻は涯不在だったので視点が集やその他の人物に移動しました。4巻は涯が復活した後の物語ですから、涯視点に戻るのかとおもったら3巻までと同様に色々なキャラクターの視点を転々としている印象です。
集が多めであるのは最終局面ですので当然としてですが。

大筋は全く変わらないのですが、少し展開が簡略化されていたりと言う部分がありました。大雲が死ぬ所とか嘘界が死ぬところとか若干ですが展開が違ったりしました。
全く本筋には影響ないところなんですけれど、嘘界が出ている部分で変更があったのは何となく印象に残りました。嘘界はギルティクラウンでも人気のキャラクターでしたし、その彼の部分で変更や簡略化があったのは意外だったのです。

ほんの少しの台詞やほんの少しの心情描写を文字で追加するだけで分かり易くなるっていうのが印象的でした。
やはり、心情描写が増えてより分かり易くなるのは、集の学友達の考え方や描写ですね。アニメでは割と瞬間瞬間で終わってしまうのがちゃんと描写されているのは大きいです。颯太、谷尋、亞里沙と言った人物がどうして集の味方、友達になり、そして敵になったかというのが分かり易くなっていました。

ノベライズでちょっと期待していたんだけれど、結果的に明かされなかった事がいくつかあって(ダァトのこととか、結局アポカリプスウィルスがなんなのかはぼかされたまま)、その辺は隠されたまま解決しないのねと言う印象を持ちました。
勿論、集と涯、そしていのりの物語を描くのにその部分まで、きっちりきっちり描く必要はないのですが、やはりその辺はファンとしては知りたいなぁと言う思いは無くはないです。

結果的に色々なものを失いながら、集は戦い抜きました。王としてではなく1人の人間としてと言う印象が大きいです。
王の力は他人の心をヴォイドとして使う力でしたけれど、それを王として使った涯、ユウは集に敗北しました。集は王としてではなく1人の人間として仲間の力を借りた。途中は違ったかも知れないけれど、最後の戦いにおいて彼はそうしたと思います。
だからこそ、颯太や谷尋、綾瀬は集に力を貸したのだと思うし、全てが終わった後に彼と語り合う事が出来るのだと思います。
人の力を使うと言う面は確かに王もそうなんですが、その使う為のプロセスが違う。人として、1人の人として仲間に力を貸して貰うのが大切なのだという事が、このギルティクラウンの主旨だったと僕は感じています。
それが、ノベライズだと分かり易かったと言う印象がありました。
まぁ、やはりノベライズだけだと、ちょっと場面場面の迫力というのは無くて、アニメを見た人向けではあるのですけれど。
ファンなら、もう一度ノベライズでギルティクラウンに触れてみるのも良いのではと思います。
スポンサーサイト



 

簡単なアンケートです

簡単なンケートです

鎌池一馬:著
はいむらきよたか:イラスト
電源文庫


このアイテムの詳細をみる

実はこの書評一度書いた後、まちがって空のファイルで書きつぶしてしまい数週間後に書き直してます。

禁書目録の鎌池さんが書きためた短編、掌編小説を集めてプロローグとエピローグ4本が付け加えてあるという構成の短編集。短編の数は24でわりと多め。本の厚さからすると一本一本が短めなのが解ります。プロローグとエピローグが入りますしね。

大学で単位足りない感じの人たちへの救済措置として短編映画を見せるから面白かった順にナンバリングしろと言う課題。その映画が短編1話分になっています。
内容はギャグあり、ホラーあり、何でもありなかんじて鎌池さんの懐の広さがわかります。でも、そのままではどれも長編化するのは無理かなというものばかりで、禁書やヘビーオブジェクトの部分部分を読んだ法が面白いのは確実かな。短編と長編の一部という書き方の違いはあるかともおもいますけれど。

全体的にデジタルテイストが含まれている作品で、萌え系統なのが面白かったです。
これは鎌池さんがなれているジャンルといところ何でしょうけれど、他とはやはりすこし差がでてる。鎌池さんの「色」を見ることができた気がします。

で。
実は一番面白いのは4本あるエピローグ。どれも余りよいエンドどはなく、ぶっちゃけバッドエンドに含まれるものなんですけど、そういう味付けしたんだとしたのかと一頻り関心。アンケートという形式を取ることで読者を作品世界の中に引っ張り込むという手法が取られてるので、ちゃんとアンケートには答えた方がいいです。
そのアンケートでエンディングが分岐するんですが、僕は自分がたどり着いたエンドを読んだ後、他の3編を読んで、なるほどと思いました。確かに僕ならこのエンディングにたどりつくかと。
ただどのエピローグも決定的な解決をしていないのでフラストレーションはたまるかも知れない。それはひとつの完成された作品ではなくて、これは短編集なんだということで読まないとダメかもしれない。

定期的にやってみたいとあとがきに鎌池さん書いてましたけど、どんだけエピソードの片鱗が湧いてでてるんですかね。あの人の脳は。
他の作家さんも一緒なのかな?

まぁ長編の方がふつうに面白かったです。何本かツボに入るのはあるんですけどね。

 

アクセル・ワールド12 -赤の紋章-

アクセル・ワールド12 -赤の紋章-

川原礫:著
HIMA:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

12巻。相変わらず寄り道が多い。
現実世界と加速世界で時間の流れが違うからか、加速世界内で発生した事件はそれこそ内部時間では何ヶ月も解決にかかるって事なんだろうなと思ったりしました。
であるならば、加速世界に潜ったまま、精神に異常を来すことが無いブラック・バイスは本当に貴重な存在だけど、普段何やってるんだろう?
少なくともバーストリンカーは学生である年齢であるので、加速世界に潜りっぱなし=リアルの身体は無防備に身動き1つしないと言う事であるので。
まぁ、同じ作者のソードアート・オンラインでもありましたしブレインインプラントチップなんてもんを利用していることから、長期入院患者かなにかなんでしょうけれど。
今の所、被ってる唯一の色なのでその辺も気になりつつ読書開始です。

この巻で起きている事件は3つ。
謎の1レベルファイター、ウルフラム・サーベラスの扱い、ネガ・ネビュラスの領土との隣接地域で蔓延するISSキットの問題、エネミー攻略に必要な鏡面装甲の取得。全部、元を正せば加速研究会との戦いに根ざしているのですけれど、嫌なタイミングで色々仕掛けてくるなぁと思います。
どれも、ハルユキや黒雪姫の性格を読んだ上で、放置はしないでしょ。さぞかし悩んでねと言う感じ。
鏡面装甲の件は別途、ネガ・ネビュラス側の思いつきだから邪魔立てはしてない見たいですけれど、絡めてが有効に聞いていて、ハルユキとかが穏やかに過ごせないのは確かでした。

そんな中での、一縷の望みがあるのは、ウルフラム・サーベラス自身が悪い奴じゃなさそうで、多重人格が上手く統合できれば良い仲間になってくれそう。
そして、少しずつだけれども、ISSキットの邪悪さが伝わって来たのと、対処方が見えてきてることですかね。
その分、嫌な敵が多いですけれど。

鏡面装甲の件は謡のエピソードも含めて、邪魔な別のエピソードなしで一冊でやれば良かったのにと思ったりもしました。
それが出来ないのがこの作者ですけれど、思いついたら速、反映みたいな感じですか。
アクア・カレントも戻ってきそうですし、対加速研究会前にはネガ・ネビュラスは本来の人数+ハル達ということになるんですかね?
何となく最後の方が見えてきた感じがします。と言いつつもレインじゃ無い赤の王が生きてるの?とか謎も増えてるんですけれど。
なんとなく、電撃の悪い癖がみえてる気がして嫌な気分もあったりします。

おまけにスカイ・レイカーお短編がついてました。なんつーかイラスト的にもファンサービスでしたけど、ソーユー内容ならいらないなぁ…。
本編をとにかく愉しみたい作品なので。
いろいろあって、ハル=シルバー・クロウが最強じゃなくてぼこぼこ負ける事があるのが何とも良いんですよね。
他の作品の主人公はあんまり負けないので。

 

「頼みにしているよ」の重さ

選挙活動が佳境ですね。
応援している候補者さんに対して「頼みにしているよ」と言う声を書けているのをよく聞く時期になりました。

アレって本気なのかしら?
それともサクラなのかし?
うがったみかたかな?何となくなんですけれども言った本人が発した言葉の重みは、その言葉の意味ほどには重くない気がしてなりません。

選挙の候補者選びにはどこか妥協って入るでしょ?
だって当人ジャナいから。自分の考えににた政策をあげた人にとりあえずだもんね。
全部の政策を委任できる人なんて早々居ないでしょうし、今の日本の政治家さんの大半はお金にまみれてる印象。そこで、「頼みにしているよ」という言葉はなんかすごく軽く感じました。

対して、今日、会社で「頼みにしているよ」という言葉をかけられました。
嬉しかったです。全く言葉でありますがが、ちょっと会社内のことなので明言は避けますが、とても重い意味をもった言葉でした。
ただ僕の体調も気にかけて下さった上で、そのお言葉を社長から頂きました。
すごく嬉しくて、ちょっと言葉が出ない感じでした。

同じ言葉なんです。「頼みにしているよ」という。
でもその言葉が発せられた状況によって、こんなにも重さというものが違うんだなと今日、つくづく思いました。

簡単に発してしまえば意図も簡単にその言葉は軽く影響の無い物になってしまう。
言葉の使い方と言うもの、こと、タイミング、そういった事をもっと学んでいかなければと思いました。

 

« »

12 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト