FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

エウレカセブンAO

前作のエウレカセブンはアニメ本編は見てません。
ノベライズ作品とコミカライズ作品で大まかな流れを知っていると言う状態で本作を視聴しました。
22話までを通常のスケジュールでの放映、23、24の2話分を完結編として別の枠で放送されていました。父と子、母と子というのがテーマだったのかも知れません。それと、今現代とは少し違った世界情勢。太平洋戦争時に何かが違っていたらこういった世界だったかもよと言う舞台背景で、スカブコーラルとシークレットという特殊な事情があると言う複雑さをもった世界設定。少し取っつきにくさを感じました。
前作のイメージからスカブは味方だよね?(エウレカがスカブ人間であるから)とか見るからにシークレットは敵としての動きをしていたりとして、色々ミスリード的なところがあった感じがします。

見方としては基本、アオの心情を追いかけておけば良いのですから、それほど難しい訳では無いんですけれど、かなり込み入った家族間のやりとりとかがあるのが、この作品の脚本がよく練り込まれているのが分かります。それが良い方に働いたかはどうかとしても。印象としては何が描きたかったのかが曖昧かなと感じました。
何タイプかの家族の形が描かれて、それが主題がぼやけた感じにしてしまった感じがします。
基準になるのは前作の主人公であるレントン、そしてヒロインであるエウレカなんですが、この2人は頻繁に出てくるわけではなありませんし(レントンに至っては完結編しか出てこない)、この2人の言動の不一致(出てくる度に彼女らの時系列が違うから)があるのでされらにわかりにくい印象でした。

おもしろかった?と言えば面白かったかなぁと言う程度で、もの凄く面白い!!と断言出来るものではな無かったです。それでもFLOとか格好いいですし、何回も見直してると味が出てくる感じです。
トータルで2回みたけれど2回目のが楽しめた感じ

スポンサーサイト



 

天空のエスカフローネ

再放送を視聴。
本放送の時は見ていませんでした。坂本真綾さんのデビュー作的に取られている作品です。
ロボットアニメという事なんですけれど、当時流行ったファンタジーにロボットを混ぜた世界観の作品です。
何とも古くさいなと言う印象があったのと、これ以降に出てきた同じような設定のものをいっぱい見聞きした後だったからかあまり楽しめませんでした。
昨今の作品に比べると要素がいっぱいある割にはきちんと配分が考えられていて詰め込みすぎという印象はありませんでした。
ただ、面白かったかというと、そうでも無いかなと言う印象。
どうしても古いと言うのが先にあってしまって中途半端な感じを受けてしまった感じがありました。
当時見なかったのがすごく残念かな。

運命的な要素が多くてそれをいかに乗り越えていくかと言うのと、自分の気持ちをいかに素直に表すかと言う事がテーマだったかと思います。
自分の気持ちに素直になれないせいで、戦争になってしまったり、復讐心に駆られてしまったり、不幸に陥ったり…。
それは極端に描かれて居るけれど、現実にもあることで、自分に素直になっていればどんな結末であっても公開は無いと思えるんじゃないかなと思いました。
登場人物がどの人物もみんな素直じゃ無くて、裏に何かあったり自分を押し殺している人物ばかりで何でこの人たちこんなに素直じゃにないのと途中疑問にも思ったけれど、実生活ではそんなに素直に生きている人って少ないかとおも思ったりもしました。
当時としてはそんな現実世界への揶揄だったのかも知れないです。

僕としてはどうしても、画質の荒さとかが気になってしまうので古い作品は避ける傾向にあるんですけれど、これは見てみて良かったと思っています。

天空のエスカフローネ Blu-ray BOX

バンダイビジュアル


このアイテムの詳細をみる

 

« »

12 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト