FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

人類は衰退しました

同名のラノベ原作のアニメ。
人類が文明のピークを過ぎて緩やかに滅亡に向かっている世界で、人類の後に地球にはびこった小人さんたちと主人公の少女のほんわかとしつつもブラックなやりとりを描いた作品でした。

ほんわかした雰囲気なのですが、エピソードの落ちは基本ブラック。
ブラックジョークをずっとやってる感じです。小人さんが基本純朴なのですがその純朴さ故に巻き起こる間違いややり過ぎが面白い。
ただブラック。非常にブラック。
現代の風刺的なイメージがありました。
基本はギャグなんだと思います。ブラックジョークを愉しむ作品。
「私」ちゃんのドライなモノローグがすごく面白かったです。

作りがこっていて主人公である「私」ちゃんを初め、登場人物の固有名詞が徹底的に除外されている事。まぁ一部、愛称が出てくるキャラクターは居るのですが、その他人間に関しては実名は避けられていました。
こういう凝った作りってのがないと作品の特徴付けって出来なくなっているのかなぁ…。

スポンサーサイト



 

境界線上のホライゾンⅡ

本屋さんで異彩をはなつ分厚さで目を引くラノベのアニメ化第2期。
結局武蔵の面々は当主となったホライゾンの感情を取り戻すべく9つの大罪武装を集めるために世界を放浪ってことで良いのかしら。
英国へ寄港して、その英国との外交的やりとり(戦争含む)をおもしろおかしくと言う感じでした。
なんか、これを完全に理解するのはちと情報が足りなくて、何回か見直す必要がアルカナという感じ。
1期、2期とも1回ずつしか見ていないので理解が足りないかなと感じています。
ちょっと流し見しちゃったので。
でも、何度も見れば味が出てくるアニメなのかも知れないと感じています。
もしくは原作を読むか。

しかし、歴史再現を目的としているという設定があるのですが、そこまで再現しなくてもいいじゃない?とか思うこともあったり。
1期以前ではホライゾンが当主の重責から自分を犠牲にしましたけれど、今回は傷あり=メアリが英国を背負ってその重責にたえて自己犠牲を強いられている。
それをやっぱり武蔵の面々が救い出していく話なんですけれど、なんでそんなややこしいことにと。
メアリ・スチュアートとメアリ・チューダーを混ぜているからもう訳が…。(笑)

そんな中でもまぁ、武蔵の面々のやりようと言うのは小気味良く見ていて良い感じだなぁと思います。なんか理不尽さに運命を強いられている人を救う為に全力を尽くすっていう感じですかね。そのやりとりが良い感じです。
最後はやっぱりトーリが決めるんですが、それまでは比較的、1期で目立たなかった面々が活躍している印象でした。
魔女2人は別として。
順当に行けば3期があるのかな?これ。

 

輪廻のラグランジェ season2

後半1クール分です。
面白かったんだけど、何となく釈然としない部分があるのも確かという感じでした。
前半にくらべてウォクスなどのロボットの活躍も増えた印象であるのですが、やはり結局のところロボットはあくまで副次的なものであって、仮にこれがロボではなく、主役のまどか達に与えられた特殊な能力とかであったとしても特に違和感は無かったんじゃ無いかな?
ウォクスはメモリアと呼ばれる印が無いと動かせないと言う事であったし、物語の中核に居る人達は皆、メモリアと何かしらの形で関係していたし。
ウォクスなどせっかく日産のデザイン部でのデザインという普通のアニメとは違うデザインを導入したのに、あまり活躍しないのはちょっと残念でした。

この作品ではメモリアの力によって悲劇が起こった過去があって、そして現在進行形でディセルマインがその力によって影響されて過ちを犯すと言うことが物語りの背景として描かれた上で、その中でまどか達の選択がどういったものになっていくのかが描かれました。
まどか達は友情を取ることでメモリアの悪影響を受けずんすんだ。
結局のところ力というのは使いようであって、まどか達はそれを間違えずに使うことが出来た。と言う事なんだと思います。彼女たちがウォクスをどのように使おうと思ったのかが重要だった。
一番のキーになるウォクス・アウラに乗っていたまどかが一編たりとも自分の為だけにウォクスを使おうとは思わなかったこと、常に誰かの為にと言う行動指針をもって動いていた事が彼女を救ったんじゃないかと思います。

それにしても、まどかほど、自己犠牲精神の強いキャラクターってのは珍しいよね。
しかもその自己犠牲さが気持ち悪くないというか、彼女の成り立ちからそれが理解できて、その自己犠牲によって自分が得られる気持ちなども彼女は理解していたように思います。自己犠牲的ではあるけれど、自分がないキャラクターではない。自己犠牲キャラにありがちな自分が無いというのが、気持ち悪さとまどかに付け加えずに済んだ結果だと思います。

作画が安定しててよかったけど、なんかいまいち盛り上がらなくて残念だったかな?

 

朝からついてないでごさるよ

まあ、朝からかれこれ一時間くらい電車に閉じこめられた状態な訳です。
これを書き始めたとたん動いたの何の因果なんでしょうかね?

今回は電車故障でした。
つまりなんかしらの原因で電車が壊れて動かなかったケースなんですけど、これってあんまり腹が立たないんですよね。
整備員のひとも好き好んで点検をミスるとも想いませんし、そのあたりは十分システマティックになってると思うので。
同じ鉄道会社の別路線では人身事故が発生したみたいですけど…。

今回、僕は約一時間駅で立ち往生しましたけれど、これは世界各国から見たら奇跡的回復時間だそうです。
そう言うことを知ってると割とおちつけますね。
車内でもみくちゃにされること以外は。

振り替え輸送は利用しませんでした。
提示されているのが隣駅(隣はある程度のターミナル駅)までのバス振り替えなんですけど直通バスが無い上に本数の問題ですでに飽和してて身動き取れなかったから。
この時点で会社に連絡入れました。

こういう時にこの不意に空いた時間と狭いスペースつかってなにが出来るかが社畜力の違いってやつなんてすかね?
どーでもいいけどみんなネットやら電話するからケータイがつながらねぇつながらねぇ。(笑)

 

« »

12 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト