FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

イスカリオテⅤ

イスカリオテⅤ

三田誠:著
岸和田ロビン:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

持ち上げて落とすとか。楽しい展開をした後に辛い事を持って来ると言うのは良くある展開ではあるのですが、いわゆる文化祭のお祭り騒ぎで楽しいひとときを演出した後に、怒濤の様に急展開が続いていく巻。

4巻の出来事を受けて状況が最終局面へ向けて動き出すと言う巻になっています。
この作品が7巻構成であることは1冊毎に7つの大罪を1つずつ扱ってることから想像に難くないのですが、真ん中である4巻を越えたので物語りをたたみに来たと言う印象があります。
次々に明らかになっていく謎やキャラクターそれぞれの感情の帰着点が浮き彫りになっていくと言う展開になっているのですが、シリーズの途中巻でありものすごくこの巻単体での感想が抱きにくい。
出来れば4巻から6巻までは一気に読みたいところです。
4巻はそれだけでも良かったのですが、この5巻は実に状況が途中の状態で終わってしまうので。

記憶の改ざんとか忘却してしまう恐怖というのは毎巻描かれていた事の1つではありました。
また、イザヤの記憶自体も定かじゃないところがあったりという描写がされていたのですがそれがここへ来てものすごい伏線に。
絶望するはそれは…。
4巻のラストから出てましたが結局、壬生蒼馬さんは最後の敵っぽく3巻での退場とはならずに元気に再登場してます。
これが格好いい敵で…自分の存在を疑い始めたイザヤを認める好敵手になってるのが格好いいです。とても怠惰だとは思えなかったり。

いろいろ状況が変化するので次への持ち越しが多すぎてちょっと困る。
スポンサーサイト



 

イスカリオテⅥ

イスカリオテⅥ

三田誠:著
岸和田ロビン:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

4巻。今回は3編の短編が収録されている短編集。
ですが短編それぞれが時系列順にならんでおり、前の3巻から続いたストーリーになっています。
それぞれの短編はノウェム、ラーフラ、玻璃にフィーチャーされているのですが、玻璃の分はキャラの特性上とストーリーの展開上、玻璃だけにスポットが当たっている訳ではありませんでした。

それぞれの人の戦う理由とか過去に背負ったものを感じる巻となってました。
そして、今回のベスティアは最後を除いて自分からと言うよりは、ただの被害者という形のものだったのですごく悲しい物語になっていた。
特にノウェムの話が悲しくて自分が知らない内に自分ではなくなってしまった恐怖、悲しみ、苦痛、そう言ったものが押し寄せてくる話になってました。
ここまででベスティア側に同情できたのは割と初?と思わないでもない。
何となく3巻までのベスティアは自業自得や自分の弱さが引き金になっているケースが多かったので。
それが人の弱さであり、この作品のテーマでもあるんですけど。

今回の大罪は大食なんですが上手い展開だと思いました。
大食ってこういう話には不向きなんですよね。色欲もそうなんですけど意識が内面に向かっているのでアクションには向いてない。
それをただただ食べる以外の展開をしたうえ、気持ち悪い人の弱さってのを見せてくれてすごいなと思いました。
すごく気持ち悪くて、でもあり得る無い事じゃない悲劇である感じですごく嫌な感じになりました。
もちろんそれを退治して終わってしまうんですが、できれば救いという形にして欲しいなぁと思ったり。
ただ、ベスティアは負けてしまった人達として描かれますが、同じような悲劇を乗り越えてきたラーフラやカルロスなんかを見ると、負けてしまった人達の罪というのは理解できる。でも、誰もがみんなイスカリオテの担い手みたいに強くないんだよ?と言う感想はぬぐえなかった。
それでこその英雄なんでしょうけれど。

 

« »

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト