FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

イスカリオテⅤ

イスカリオテⅤ

三田誠:著
岸和田ロビン:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

持ち上げて落とすとか。楽しい展開をした後に辛い事を持って来ると言うのは良くある展開ではあるのですが、いわゆる文化祭のお祭り騒ぎで楽しいひとときを演出した後に、怒濤の様に急展開が続いていく巻。

4巻の出来事を受けて状況が最終局面へ向けて動き出すと言う巻になっています。
この作品が7巻構成であることは1冊毎に7つの大罪を1つずつ扱ってることから想像に難くないのですが、真ん中である4巻を越えたので物語りをたたみに来たと言う印象があります。
次々に明らかになっていく謎やキャラクターそれぞれの感情の帰着点が浮き彫りになっていくと言う展開になっているのですが、シリーズの途中巻でありものすごくこの巻単体での感想が抱きにくい。
出来れば4巻から6巻までは一気に読みたいところです。
4巻はそれだけでも良かったのですが、この5巻は実に状況が途中の状態で終わってしまうので。

記憶の改ざんとか忘却してしまう恐怖というのは毎巻描かれていた事の1つではありました。
また、イザヤの記憶自体も定かじゃないところがあったりという描写がされていたのですがそれがここへ来てものすごい伏線に。
絶望するはそれは…。
4巻のラストから出てましたが結局、壬生蒼馬さんは最後の敵っぽく3巻での退場とはならずに元気に再登場してます。
これが格好いい敵で…自分の存在を疑い始めたイザヤを認める好敵手になってるのが格好いいです。とても怠惰だとは思えなかったり。

いろいろ状況が変化するので次への持ち越しが多すぎてちょっと困る。
スポンサーサイト

 

イスカリオテⅥ

イスカリオテⅥ

三田誠:著
岸和田ロビン:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

4巻。今回は3編の短編が収録されている短編集。
ですが短編それぞれが時系列順にならんでおり、前の3巻から続いたストーリーになっています。
それぞれの短編はノウェム、ラーフラ、玻璃にフィーチャーされているのですが、玻璃の分はキャラの特性上とストーリーの展開上、玻璃だけにスポットが当たっている訳ではありませんでした。

それぞれの人の戦う理由とか過去に背負ったものを感じる巻となってました。
そして、今回のベスティアは最後を除いて自分からと言うよりは、ただの被害者という形のものだったのですごく悲しい物語になっていた。
特にノウェムの話が悲しくて自分が知らない内に自分ではなくなってしまった恐怖、悲しみ、苦痛、そう言ったものが押し寄せてくる話になってました。
ここまででベスティア側に同情できたのは割と初?と思わないでもない。
何となく3巻までのベスティアは自業自得や自分の弱さが引き金になっているケースが多かったので。
それが人の弱さであり、この作品のテーマでもあるんですけど。

今回の大罪は大食なんですが上手い展開だと思いました。
大食ってこういう話には不向きなんですよね。色欲もそうなんですけど意識が内面に向かっているのでアクションには向いてない。
それをただただ食べる以外の展開をしたうえ、気持ち悪い人の弱さってのを見せてくれてすごいなと思いました。
すごく気持ち悪くて、でもあり得る無い事じゃない悲劇である感じですごく嫌な感じになりました。
もちろんそれを退治して終わってしまうんですが、できれば救いという形にして欲しいなぁと思ったり。
ただ、ベスティアは負けてしまった人達として描かれますが、同じような悲劇を乗り越えてきたラーフラやカルロスなんかを見ると、負けてしまった人達の罪というのは理解できる。でも、誰もがみんなイスカリオテの担い手みたいに強くないんだよ?と言う感想はぬぐえなかった。
それでこその英雄なんでしょうけれど。

 

ちょいとよろしくない

何か精神的に来てる感じがある。
鬱の関係もあるのは明白なんだが人に対して否定的な言葉や攻撃的な言葉を垂れ流してしまっている。
直接、接する人が相手ではないのがまだ救いではあるが、自分でやめないと自重しないとと思っているのに止まらない事が多い。
何とかしたいのだがやばい感じ。

疲れているとき、体調が悪いとき、集中出来ていない時、マイナス方向に自分が傾いている時が特に顕著ですごく嫌だ。
自己嫌悪に陥ってる。
んで、自己嫌悪してることでストレスとか思考がマイナス方向へ固定されてしまい抜け出せなくなるスパイラル状態。

とりあえずここのところうまく行っていない感じ。
今週末も可能な限りゆっくりして気分をリセットしなくてはと焦ってしまう。
焦ると良くないのは分かっているんだけどね。
性分だから諦めるしかないのか?だとすると辛すぎるので何とかしたい。
毒吐くことで精神のバランスを取ってるのかしら。ぎりぎり過ぎるよ。それじゃ。

 

ソードアート・オンライン6 ファントム・バレット

ソードアート・オンライン6 ファントム・バレット

川原礫:著
abec:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

ファントム・バレット編の完結。
ちゃんと2冊毎にエピソードが区切れていくので読みやすい。
今回は少し本が厚め。
ここまではWEBで発表されたものの手直しレベルだったのが、この巻からほとんど書き直し状態になったとあとがきに書いてありました。
この長さは元の状態無かったんだと思いますが、読んでみるとほとんど余分に思える部分は無かったです。
もちろん、アクションなんかの描写を短くすることは可能なんだと思いますが、エンターテイメント的な部分ですから余りそこを短くしてしまってもなと言う感触。
今回の話はかなり「重い」部分が多かったのでエンターテイメント部分はその重さを少し軽くする働きをうまくこなしている印象を受けました。

どういったギミックなんだろうと思っていた部分は、こういう仕組みかと納得の行くものだった。そうすればたしかに実現可能だなと思う。
こういったストーリーの展開ではネット世界の中とその機械、ソフトウェアに視点が行きがちですがその盲点を突いてきたと言う所でしょうか。
攻殻機動隊なんかではむしろ普通のネタではあるのですが、ネットの外の世界を意識するかしないかの表現の差で読者の視点が変わるもんだと痛感しました。
広い視野をもって作品を楽しみたいのに、狭い視点に誘導されて作者に踊らされた感があった。

いろいろな問題が作中で描かれましたが2点重要なもの。
犯罪被害者が受ける奇異の瞳や蔑視、狭い世界に閉じこもらざるを得なかった故犯してしまった過ち。
この2つがすごく重く描かれています。
もちろんラノベであり、エンターテイメントとして描かれているので文芸小説などに比べれば軽い描かれ方かもしれませんが、間違い無くこれらの問題は難しい問題で読者に問いかける感じを受けた。
キリトやシノンが背負っていた命の重さ、その重圧は普通の生活では余り感じる事は無いだろうけれど。
もう1つの自分の世界への逃避というのは、今の世の中誰の身にも起こりえることだと思う。作中に登場した彼らには助けの手をさしのべる人が居なかった。もしくはキリト達の手は届かなかった。それが残念だし、彼らの周りには誰もいなかったのかと寂しくもなる。
キリトにはたくさんの仲間がいる。キリトの強さはその仲間がいると言う強さでも有ると思うのだ。数は多くなくても良いのかもしれない。でも人はくじけた時に助けてくれる人がそばに必要なんだと切に感じた。

 

スカイプラネタリウム & 小谷元彦展 幽体の知覚

スカイプラネタリウム
小谷元彦展 幽体の知覚

先日行ってきました。
スカイプラネタリウムが2/13までなのでそれまでに行ってこないとと言う事で急いで行ってきたんですが…。
行ってみたら4月から春バージョンで再開されますよと言う事になっていたのでしょぼーんという感じなんですが、それはそれで。

とりあえず宇宙に興味を持っている人間ですのでプラネタリウムは押さえておきたい。
しかもそれが新しいスタイルのプラネタリウムと言う事であればまぁ行くのは当然として。
それ以外にも精神的な切り替えというか単調な日常過ぎると鬱によろしくないのでそれを避ける要素を取り入れる為もあって行ってきました。
軽く非日常を味わえる美術展を併設出来る今回のこれはちょうど良い感じでした。
すごく良い切り替えになりましたね。

さて。
スカイプラネタリウムですが、普通のプラネタリウムに比べ音声的な解説とかがほぼ全く無いので、素人さんはただ「綺麗」という感想しか出ないような気がします。
星の広がる空間の中に放り出されるという感覚が一番あってるかもしれないです。
面白いですが、破格の安さ(森美術館と一緒のチケット設定ですので1800円という値段なんですが森美術館だけのチケットで1500円でしたから実質300円)だったのでまぁこんなものかも知れません。
僕的に一番盛り上がったのはショップだった。宇宙食いっぱい買った。(笑)

小谷元彦さんという方は僕は知りませんでしたが、現代アートの彫刻家だそうです。
幽体の知覚というテーマ、要は生き物の魂とかそう言ったものの知覚をテーマにした美術展でした。興味のあるテーマです。
共感できるか?この方があわらしたかったものは何かというのを受け取れるか?と言う勝負をしてきた感じです。
彫刻家と言う事でしたが作品は彫刻以外に写真、動画、ドレスなどもあり多岐にわたる作品群はすごく新鮮でした。
その中で僕の印象にすごく残ったのが恐怖を体現した作品群と体からしみ出る気のようなモノを表現した作品群のそれぞれに1体ずつあった馬を表現した作品。
どちらも上に人を乗せており、続いているブースに展示されてました。
僕はこの2体は対になっている気がしてならなかった。赤黒いイメージのあり死という恐怖を体現する像と、逆に生命力を表すかのような像(ただし僕はこちらにも恐怖を感じました)、死と生をあたらわしているかの像がすごく印象に残っています。
後動画が印象に残ってます。4つあったのですが1つは鑑賞でき多分共感出来たと思います。1つは僕の体調的なことから鑑賞出来ませんでした(サイケデリックで光の明滅があったので自律神経失調症な僕は目眩を覚えたのでみれなかった)。2つは全く理解出来ませんでした。
これは理解出来ないというのもありだと思うんですがどうでしょうかね?

こういったプラネタリウムと同時開催という状態でしたので、プラネタリウムがメインで来ている人が多く(チケットがもったいないので大体小谷さんの展示会にも入る)、分からない分からないと良いながらさらーっと見ていく人が多かった。
僕もプラネタリウムメインでしたが入った以上、この小谷さんというアーティストの感性をどれだけ受け取れるだろうと真剣に時間を掛けて1つ1つを鑑賞してきました。
人それぞれだと思うけど、それに見て触れて(触れられる作品は無かったけどね)何を感じるかを自分で租借するのが大切何じゃないかな?
いろいろ考えさせられる良い体験でした。

 

キノの旅ⅩⅣ -the Beautiful World-

キノの旅ⅩⅣ -the Beautiful World-

時雨沢恵一:著
黒星紅白:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

キノの旅の最新刊。
かつてゲーム化された時に限定で付録として付いてた作品が収録されているのとあとがきらしいあとがきが付いてることがこの巻の特徴でしょうか。
ゲーム買わないと読めなかったのが収録されたのはすごくありがたい。
あとがきが普通であることで特徴となるキノの旅って。
この巻のあとがきで年1を守りたいと言う作者の考えが記載されていました。
キノの旅というさくひんは時事問題とかを風刺するというノもありますから、あんまり頻繁に刊行というのは難しいのかと思います。

今回の収録作にはツイッターを題材にしたものが有りました。
普段のキノの旅にありがちなその題材を風刺するタイプの話ではなく、ツイッターを題材にエンターテイメントするというものですが、取り扱いが面白かった。
誰もフォローしていないでどんな人が見ているかを理解し無かった場合こういう事が起こりますよ的な話ですが、キノの世界は今の地球上より平和では無い(場所が多い)ので、こういう事がおこるんだなとかちょっと思った。
こんな呟きが実際にツイッターで流れてたら怖すぎる。

あと寄生虫の国という一遍がすごく印象的だった。
全く病気をすることが無いが死を迎える日が割と早いうちに来ることが明確になっている、もしくは現代医学と同じようにうまくすれば100年生きられるかも知れないが、病気をすることもある。どちらを選ぶ?と言われたどうするだろう?
もしかしたらこういう選択が出来る未来が来るかも知れない。
自分で決めるのは怖い。他人に決められるのは嫌だ。
もちろん、親に決められて運命として決められているのならあきらめも付くのかもしれないが、今選べとか言われたら選べないよな…。
多分、選べないから今の状態を継続で良いですと言う事になると思う。
やはり死の日取りが決まってるのは怖いと思うんですよね。

 

キノの旅ⅩⅢ -the Beautiful World-

キノの旅ⅩⅢ -the Beautiful World-

時雨沢恵一:著
黒星紅白:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

キノの旅はほぼ年1回の刊行らしくこの13巻は2009年に刊行されています。
僕が読んだのは2010年の末近くで直後にこの次の14巻を読んでます。

いつも通り安定した風刺作品で埋まっています。
出来れば刊行直後に読むのがこの巻と次の14巻を読んだ時に思った事でした。
それはタイムリーな話題をネタにしていることがあるから。
13巻では明らかに東京都青少年健全育成条例改正をネタにしている話が入っています。

過剰に規制した場合にどうなるか曖昧な部分、矛盾や問題点になることを熟考しないで本を規制した結果行き着いた国を舞台にした話がありました。
もちろんキノの旅で扱う為に極端な規制になっているのですが、どう見てもそれが正しい事とは思えないように描かれています。それによる問題点などにキノは冷たい目を向ける訳ですが、東京都がこのような国にならないように願うと言う作者なりのメッセージだったのではと考えますね。

その他印象に残ったのは「必要な国」の話。
死刑執行問題を取り扱った話なんですが、すごく考えさせられる話でした。
冤罪事件とかある状態での死刑執行の重さ、間違ったときの問題、恐らくは裁く側に立たされる裁判員制度などの問題をキノの世界へ置き換えて描いています。
いろいろな問題が複雑に絡み合った話でこれを読んだ後、司法というのは理想形は何処にあるんだろうとか考えさせられました。

キノの旅はいつもなんですが全体的に秀作揃いの中にさらにぐっと来るのが混じってる。人によって一番ぐっと来るのはそれぞれなのかも知れないけど、どれも難しい問題、答えが出ない問題を扱ってることが多くて悩まされる。

 

鋼殻のレギオス16 スプリング・バースト

鋼殻のレギオス16 スプリング・バースト

雨木シュウスケ:著
深遊:イラスト
富士見ファンタジア文庫


このアイテムの詳細をみる

着々と状況進行中。
世界の敵判定されたツェルニに対して行動を起こしてくるシュナイバル。
その中で自らの置かれた状況を見つめ直す各々という感じの巻。
ストーリー的には大きな動きは前の巻からあるわけではないけど、キャラクターの心情的に大きな動きが有った。

今まで何事にも受け身で流されるままに生きていたレイフォン。
ここへきて自分が蚊帳の外であることを自覚し、欲しいものは何か今できることは何かと動き始めました。と言うより動く決意を固めました。
ここまで来るのが長かったなと思います。
人気シリーズ故の長丁場ではあるのでしょうが…。
決意して動けるかが重要な局面となるのですが、少なくともレイフォンは動くだけの力はありますし、そんな負けっぱなしでは無いと信じたい。
レイフォンの置かれている状況ってのは、現実世界に置き換えれば多くの人が置かれている状況だったりする。
気がついたら状況だけ動いてて自分は蚊帳の外。ものすごい辛い思いをする局面だと思う。人生で何度か経験した事が有る。すごく辛いんだけど現実には余り動きってとれなくてさらなる辛さが待ってたりする。
レイフォンのように動き出せる人ってのは強い人なのではとか考えました。

レイフォンが強い人と感じると同時に、レイフォンは周りに恵まれているなとも。
到達点たるリーリン、前を歩くことで苦難を示すニーナ、共に歩くフェリ。それだけではなくハーレイ達のような協力者はたくさんいますし、帰り着く場所的に3人娘とかも居る。周りに思いを同じにしたりしてくれる、救ってくれる、助けてくれる、いやしてくれるそんな人々がいっぱい居るのはすごく恵まれていることだと思う。
それはレイフォンの朴訥な人格によって得られたか力によって得られたのかは分からないけれど(多分力である可能性が高いけど)、彼はすごくツェルニに来て恵まれたと思う。
ストーリーがちょっと都合よすぎねぇかとか突っ込みたくなった。
ニーナが世界に関わっていくの決まり事っぽいよ。
フェリといい、ニーナといい、シャンテといい…。ツェルニに偶然に集まり過ぎてる気がするんだよなぁ…。
ツェルニにいろいろ集まり過ぎるのでツェルニサイドの話よりツェルニを去ったカリアンの動向が気になってしまった。

 

« »

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト