FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

鋼の錬金術師 #54

復讐の狂気。
マスタング大佐が堕ちそうになったところ。
それでも、大佐の気持ちはよく分かるし、それだけヒューズ中佐が大切な親友だったという事。これだけの狂気を得てしまう位、大切だった、それだけ強い思いだった。
こういう事態に陥ってしまう事自体、エンヴィーは嫉妬していたのではないだろうか?そして、エドやホークアイ中尉、スカーが諭した事で、その狂気から脱していく、間違った道から元へ戻ることができる、そういった人間の強さ、優しさ、弱さそういったもの全部含めてエンヴィーは嫉妬していたんだろうな…。
エンヴィーが「お父様」の元に回収されていたら、もしかしたら鋼の錬金術師という話はなかったのか?
人への嫉妬を抱くと同時に、人と共に進める道を模索できたのではないかな?なんて思う。
実はエンヴィーって一番悲しいホムンクルスだよね…。

声ついた事で、エンヴィーの悲しさがより強く描かれた感じがした。
アイキャッチの「Full Metal Alchemist」のナレーションが無かったのも印象的だった。

エンヴィー戦が前半だったが後半はスロウス戦。
なんかね。前半の重さが…。
エンヴィーに比べてスロウス自体がデザインがコミカルというか、動きがおおざっぱな所もあるし、出てくる雑魚である不死の兵もデザインがコミカルだしやっぱり、なんか重さが無くなる雰囲気が…。
それでもね、アームストロング姉弟が必死で戦ってる姿は、クライマックスの重さを持った絵だったんだよね。
「肩入ったぁ」までは。(笑)
勢い付けるとやり過ぎる人だよな。アームストロング少佐。
面白いけど。
そしてブリッグス兵に師匠合流。
師匠、なんでサンダルがW.C.なの何時も。戦場くるんだから、靴はこうよ。
でも格好いい。
格好いい大人が勢揃いしてきた。
こっからエドの出番が極端にへるんだよね…。

次回、最終回です的な演出での引きだった。
エンディング映像がなくてドラマにそのまましょこたんの歌被ってたし。
スポンサーサイト

 

鋼の錬金術師 #53

前回にもまして戦闘しか無い印象の回でした。

冒頭シーンではマスタング組による大総統夫人を利用したラジオ放送のくだりが丁寧に描かれていました。
原作より丁寧にマスタング組が、自分たちが悪者にならないように画策している部分が描かれていました。これは政戦でもあるのでこういうところが丁寧なのはうれしいところ。
基本アシスタントは居るが1人で描くコミックと違い、多人数で協力して制作されるアニメならではの進化だと思う。

それ以外ではほとんどがエンヴィーが絡んだ戦闘シーンと言ったところ。
エンヴィーがエド達を挑発するのですが、原作でエンヴィーの本心を知ってしまっているので、エンヴィーの苛つきが伝わってきて切なかった。
どんなに人間をエドやマスタング大佐をののしっても、その人としての心情や他者との関係に嫉妬しているエンヴィー。
その表情とか絵が気合い入っていた。
マスタング大佐が格好いい。戦闘シーンで彼が格好いいのは対ラスト戦以来。
マスタング大佐は作者の陰謀で決めの戦闘シーン以外はかっこ悪く描かれてましたからね。全力で戦闘するとこんなに強くて圧倒的なのがすごい。

見るべき所はマスタング大佐がエドに不死の兵のことをこれは敵だと諭す所と、エドがスカーとマスタング大佐の復讐心について語る所だと思う。
マスタング大佐の強さと弱さが垣間見えるシーンだった。

 

にゅーしゅーず。

いままではいてたお気に入りの靴がぼろぼろになったので、新調。
普段履きの靴の新調は何年ぶりだろう。
僕は普段は基本的にトレイルランニング用の靴を履く。前のもそうだし、今回購入したのもそう。
前はNIKE、今回はVANSです。
なかなかデザイン的に気に入るのがなくて、ずっと騙し騙し履いてたんだけど、もう駄目とおもって買いに行ったらいいのがあった。
良かった。
しかもサイズがジャストだったのがビックリ。わりと靴っていくつかのサイズを履いてみて決めるじゃないですか。今回は最初に出してもらったのでちょうどでした。
これで靴の破損を気にしないであるけるぞっ。

にゅーしゅーず。

 

まぶらほ~じょなんの巻・ご~

まぶらほ
~じょなんの巻・ご~


築地俊彦:著
駒都え~じ:イラスト
富士見ファンタジア文庫


このアイテムの詳細をみる

苦痛だった。
こういう巻があるとなんかまぶらほ読むのやめよーかと思うパターンの巻。
僕があまり好きじゃないタイプの話が連作でほとんど1冊を埋めたパターンだったので、きつかった。
短編6本入ってるうち4本がその話で1話が逆に僕の好みな話だったので救われた感じがある。

この巻でよく分かったのが、僕は登場人物の内、舞穂が嫌いであると言うこと。
逆に凜や玖里子といった初期からのキャラクターが好きだと言うこと。
舞穂が出てこなく、凜や玖里子に焦点が当たった話が好きなんだなと言うことがよく分かった。
舞穂が嫌いな理由は自分ではわかっているつもりで、脈絡が無いキャラクターだから。場の流れを強引に転換するのだが、それに必然性が無く(キャラクターとしての思考が見えない)、場当たり的にお色気ムードを出したいという時に発言して場を引っかき回すピエロ的なキャラクターであるからだと思う。
そして、引っかき回し方が固定化されているので、マンネリ感が否めないし、幼さと思考しないというのを取り違えたキャラに見えるから嫌いなんだと感じている。

まぶらほのような作品では、各ヒロイン毎の事象へのリアクションを楽しむというのが大きいかと思うが、舞穂はそれを阻害するキャラクターなんだよね。
舞穂の言動に対しては全キャラが同じ行動を取るから。

まぁ、ここまで読んできたので結果的には次も読むんだろうけどさ。
いつまで続くのかなぁ。まぶらほ。

 

まぶらほ~じょなんの巻・よん~

まぶらほ
~じょなんの巻・よん~


築地俊彦:著
駒都え~じ:イラスト
富士見ファンタジア文庫


このアイテムの詳細をみる

マンネリ化してわりと辛いんですが…じゃぁ読むのやめれば良いじゃんとも思ってるんですが…。一度読み始めたシリーズを途中で放棄するのが好きではないので継続して読んでます。
だいたい、3冊くらいに1冊くらいが僕的にヒットする感じになってるので、それがやめられない一因かもしれません。
で、この巻はヒットした巻でした。
笑った笑った。

べたべたなラブコメであるこの作品なんですが、そのべたべたさが嫌な感じにならず、変に下ネタに走ることなく、ネタ自体は良くあるネタではあったんですが、王道的な楽しみ方ができた。
ラブコメって予定調和を楽しむような所があるよね。どれも似てる気がするのはそういう所なのかもしれない。
あと、視点が夕菜や和樹から若干ずれた所にあるエピソードが多かった。
凜や玖里子といったヒロインの1人のはずなのに影が薄いところに焦点が当たったり、長編で重要な役を負っていたかおりの日常にスポットが当たってて面白かった。
新鮮みがあったのかもしれない。
夕菜と舞穂のエピソードで食傷気味だったから。
こんな感じのぬるい感じが続けば面白いのになぁ。

 

ピクシー・ワークス

ピクシー・ワークス

南井大介:著
バーニア600:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

簡単に言えば、ストラトス・フォーと戦闘妖精・雪風を足して2で割った感じ。
やってることは「盗んだバイクで走り出す」的な。
各種の要素は前に何かしらあるが、うまくかみ合うとこうも面白くなるかと言った作品でした。
面白かった。

第三次大戦(作中では環太平洋戦争と表現されている)が終わった後の世界。
戦争の犠牲になった家族のためへのちょっとした復讐を企むのに、4人の美少女が手を貸すというお話。
超高度な人工知能を搭載した実験機をよみがえらせ、首都にちょっかいを出して脅かすというプチテロを試みるという話。
女の子達が天才揃いなのですが、戦闘機に搭載されたユーモラスを持った人工知能と、一癖もふた癖もある女の子達のふれあいがおもしろい。
そして、戦闘シーンが流れるように展開されて(実際は一方的な追いかけっこ)格好いい。
1冊で完結してるっぽいですが、これはこれで良い話だと思う。
人気がでると連作にする事が多いラノベでは1冊でおしまいってのは不人気の証拠っぽい気がしますが、この作品は面白い。良作だと思う。
ただテロ行為は青春の1ページとしては行きすぎではあるけれど。

 

鋼の錬金術師 #52

戦闘描写以外はほとんどありませんでした。
ほとんどのシーンがアクションで構成されていたので、純粋にアクションを楽しむ回かと思いきや、アルとキンブリーの会話とかすごくぐっとくるシーンもちまちまあったり。
選択肢、可能性を狭めがちな、現代人に対する作者の言葉のようにも思います。それをアルという前向きに進んで行くキャラクターの口を借りて表現していたように思います。
ただ、それのためには自分のポリシーや思いの為に苦しむ事も有るというのが、今度はエドの表情として描かれています。
エドは賢者の石を利用した人形兵をつぶしたくないという葛藤を描いている。
辛い状況です。

今回はシーンの切り替えにすごく気を遣って作画されてた。
キンブリーの錬成光とアームストロング少佐の錬成光をつなげたり、スロウスが壁にアームストロング少将を押さえつけたシーンから、壁繋がりでプライドが脱出するシーンにしたり、キンブリーの見た闇からアームストロング少将が目を開けたりと、シーンの繋がりがすごく綺麗になるように描いてましたね。

来週はエンヴィーとマスタング大佐の戦いですね。
重いシーンが続きますね。

 

鋼の錬金術師 #51

セントラル内外各所で戦闘開始。
アクションにつぐアクションでテンポがすごく速い。あっと言う間の30分だった。
基本的に不死の軍団との戦いと言う事で今回のサブタイトルが付いたんだと思うけど、エド一行とアームストロング少将以外はまだ戦ってないね。あ、ちょっとメイが戦ったか。
アームストロング姉弟が連携して戦っていく事になるけど、そういう盛り上がりよりアームストロング少佐の筋肉を描くのがえらい気合い入っていて笑った。
全体的に動きがあるシーンが多く、絵に気合いが入っていたなぁと思う。メイとかすごく良く動くし。

笑いどころ。
エドがドアを開けようとするところ。
エンヴィーが瓶の中で喋っているところ。何言ってるのか全くわからない。(笑)
アームストロング少佐の筋肉。

見所は後半のアル&ハインケルVSプライド&キンブリー。
ハインケルを必死に助けようとするアルの気持ち、そしてアルに賢者の石を使え、使ってやれと語るハインケル。そしてそれを受け入れ反撃にでるアル。
格好いい。そして泣ける。
自分の為にじゃなく、そして、犠牲になってきた人達の為に、世界の為に戦ってやれと諭すハインケルはできた大人だなぁ。
ちゃんとエルリック兄弟のことを分かってあげてる。素敵な大人だ。ぼろぼろで足手まといになっちゃってるけど。
これから反撃が始まるんですが、表情の演技が無いアルをこれだけ見せるって、すごいなプロのアニメーターさん達。

これから、テンポが速い話が続くんだろうな。

 

鋼殻のレギオス14 スカーレット・オラトリオ

鋼殻のレギオス14
スカーレット・オラトリオ


雨木シュウスケ:著
深遊:イラスト
富士見ファンタジア文庫


このアイテムの詳細をみる

ツェルニ、グレンダンの邂逅編最終巻。
ノリとしてはこのままレギオスは終了しますというようなノリでしたが、そんなことは無く終了し、そのまま何事も無かったというわけではないですが、続くという引きになっていました。これは実は意外な事で、この巻を読んだ後にあれ?終わりじゃないの?とものすごく疑問に思ったんです。
それくらい、13巻までのノリがクライマックスへという流れだったと言う事だなと感慨深く思ったものです。
好きな作品が終わらないで、これからも読めるといううれしさと、なんか人気作にありがちな引き際失っちゃうケースなのかと思うのとがない交ぜになった感覚を抱きました。

リーリンの覚悟や天剣達の必死の戦い、サヤやニルフィリアといったレジェンドのキャラの動き=世界の動きといったものすごく熱い盛り上がりの中、主人公の動きがものすごく脇役っぽかった。
というより、世界の中枢に関われる力や立場、境遇を持った人が一堂に会した舞台の上で、その中の1人であるレイフォンが一般人としての立場、考え、視野の狭さで行動してしまってるので空回ってしまって、逆に滑稽に見えてしまった。主人公なのに。
逆にそれまで一般人の視野しか持てず、立場も一般人だったリーリンやニーナがが世界の中枢に関わるような行動、特にリーリンがそうだったが動きをしていたので、さらにレイフォンの株が下がった気がする。
デルクが唯一、レイフォンにからんでレイフォンをかろうじて持ち上げて気がします。
とにかく主人公の情けなさが気になった巻だった。

レジェンド・オブ・レギオスを読んでなくても良いはずなんですが、やはり読んでないときついかなと思うことが多かったです。
僕は読んでいたので問題は有りませんでしたが、聖戦のレギオスの方を読んでいない(買ってはあるのですが未読)ので、いまいちディックに関わる部分とか、デルボネさんに関わるところとか、少し物足りないかなという気がしました。
聖戦のレギオスがディックやデルボネに関係すると言うことを事前情報で知っちゃってたからなー…。

とりあえず、グレンダンが関わってくる話は区切りがつきましたが、リーリンが居る以上、そしてサヤもグレンダンに居着くっぽいし、グレンダンの出番はこれで終わりではないでしょう。
というより、グレンダンとツェルニはレギオス世界の中ではかなり重要な都市だよなぁ。次にこの2つのレギオスが出会った時に、この話が終了する時かな。
次からどーなるのかが気になる。

 

アクセル・ワールド4 -蒼空への飛翔-

アクセル・ワールド4
-蒼空への飛翔-


川原礫:著
HIMA:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

4巻です。
3巻の最後で良いところで終わったので、続きが待ち遠しかったからか、わりと空いた印象があります。決して遅筆な作者さんではないのですが。
3巻で終了させなかった理由があとがきに書いてあったのですが、ネットで作品を発表している作者さんならではの考え方だなぁと思いました。
どれくらいの残りがあるのかが読者にわかってしまうのがいやだったと言う事ですが、1冊で話を完結させようとしているから、そういった発想があるんだなとか思ったり。
ラノベでは先の見えないまま、話に区切りがつかないまま、巻数を重ねる事なんてざらだしね。人気作では特に。

1人の人間のいじめに複数人が屈服しそうになっていくのはすごい事だと思う。
ここまで状況証拠を積み重ねたり、弱点を確保したりするのは、ニューロリンカーとブレインバーストがあってこそだと思うけど、現実世界で実現してる技術やテクニックでも考えようによっては実現できてしまうのが、怖い。
そして、そんな事を考える人間が居るという事も。
中学生くらいの子でそこまで暗い考え方をもっているのは居ないと考えたいけど、実際のところどうなんだろうとか考えながら読んでた。
ハルユキやタクム、チユリのような前向きな考え方する子というのは割と居る気がする。もちろんこの作品はフィクションだからそれなりの誇張はあるとは思うが。
対して能美のような考え方をする子はいないのか?
そう思えないのが悲しい事だと思う。

面白かったが、ちょっと雑な展開かなと感じ無くもない。
ブレインバーストの世界観を徐々に広げて行ってる感じで、黒雪姫が結構、慎重にハルユキたちにスキルや謎を教えて行ってると言う設定があるので、徐々に開示されていくのは仕方ないとはいえ、バトル・グラウンドの設定とかの出てき方が、妙にとってつけた感を感じてしまった。
格闘ものだし、そういったフィールドがあっても良いとは思うけど。
何処でも対戦格闘できるブレインバーストでこういったフィールドが形成されるかが疑問ではあるし、賭けとか普通のフィールドでも成立しそうだしなぁ。

一生懸命頑張って、辛い目をみて、やっとこ勝ち取った。
でも3~4巻のおいしい所は別人が持って行った。うーん。

 

« »

04 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト