FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

428 封鎖された渋谷で④

428 封鎖された渋谷で④

チュンソフト:原作
北島行徳:著
N村:イラスト
講談社BOX


このアイテムの詳細をみる

最終巻。
だーまーさーれーたー。
良い意味で。

表紙を見た時に違和感は感じたんです。3巻の時点で出ていたのはカナン。腕に蛇の刺青がある登場人物は3巻の時点でカナンしか出てないという事になっています。が表紙絵の人物がアニメCANNANのカナンとかなり違うイメージだったんですよね。
違和感を感じた僕の感覚は正しかったと言うのが、読んでみてからの結果ではあるんですが、本を購入した時はアニメの絵とこの作品の挿絵の違いっていう事だと思って納得したんです。
ま、文章で構築されている小説という媒体ならではのギミックにはめられたという事なんですがね。

面白かった。
多視点と1時間毎の章構成がスピード感をもたらして、かつそれぞれの視点での出来事が絡み合っていく様がとても面白かった。
もちろん、いくつか偶然が過ぎるだろうというような絡み方がなくもないですが、舞台を渋谷しかも駅周辺というごくごく限られた範囲に限っているので、許せる範囲です。
何人かの登場人物は、立ち位置の関係上、絡んで当然ですし。
そして、当然と言えば当然なんですが、この話の犯人は誰かという事。CANNANとは媒体の違いがあり、若干設定の齟齬等があるにはあるんですが、後々あの話に繋がっていくのだということを考えれば当然なんですけどね。アルファルドの存在はねー…。

物語の最後にこの話のテーマがまとめられています。
確かにそのテーマに合った作品だったなぁと思います。
これが迷天使編のある意味になっている。このテーマを直接的に語っているのが迷天使編だったんだなぁと。
まとまりよく終わったかんじ。
スポンサーサイト



 

428 封鎖された渋谷で③

428 封鎖された渋谷で③

チュンソフト:原作
北島行徳:著
N村:イラスト
講談社BOX


このアイテムの詳細をみる

一番最後にこの本の内容がゲームに準じてることが記載されてた。迷天使編だけが書き下ろしの追加分だということだった。ということは一応これを読んだらゲームはやらないでもすみそーだ。
でも、このシリーズ4冊分の値段でゲームが買えちゃうかんじなんですけどね…。

読み終わった直後に感じたこと。この1時間単位に記述されてる手法って、ドラマでいえば、24がそーなんじゃないかなぁと。僕自身は24を見てないので何とも言えないのですが、なんかしら影響を受けてる感じはする。
この作品では視点が単視点ではなく、複数の人物からの視点になっていますが。

疾走感が出てきた。
カナンが出てきたからというわけではないでしょうが、話しの展開が動いてきて、ばらばらだったピースがすこしまとまった感じ。
パズルでいえば、まだばらけてはいるものの、いくつかの大きな島が出来上がってるかんじかな。
事件のネタがいくつか織り交ぜられていて、良く出来ているストーリーギミックだとは思うが、ところどころ場面説明が少ない感じを受けるところがあった。ゲームの方では画像に頼っていた所なのかなと読み進めてた。
内容的には、重すぎず軽すぎずエンターテインメントといったところ。面白いのはたしか。

次ぎでの終わりが確定している。
先の分量が分かってるのはありがたい。
ラノベのシリーズ物とか、先がどれくらい続くか分からないのが多いからなぁ。

 

新しいプリンター

プリンターを新調~。
今までのプリンターは目詰まりを起こしてしまっていて、いくらクリーニングしても治らない状況、かつメーカーの方での修理できる範囲を越えてしまっていたので、どうしようもなく。
年賀状の季節を前に新調することにしました。

今まで、その時に売っている最高級品は買ってなかったというより、ローエンドのものか、もらったモノを利用していたのですが、今回はハイエンドのモノを購入しました。
昔より安くなったしねー。
最近のはやりはやっぱり複合機なのですが、ここはプリンター単機能機を購入しました。予算の関係もあるんですが、頻繁に利用しないスキャナ機能の為にあれだけでかくなってしまうのはよろしくない。はじめから単機能機を狙ってました。

今回こだわったのはCDやDVDのラベル面に印刷できるもの。
今では珍しくない機能なんですが、ローエンドのものには備わってない機能です。それとインクが独立タンクであること。なんか、一時期は独立タンクばっかりだったと記憶してるんですが、調べてみると最近のローエンドのものは独立タンクじゃないんですよね。
なんでだろう?やっぱり目詰まり対策の一環なのかな?(ヘッドごと取っ替えるイメージで)

やっぱり新しいものは良いねぇ。
が、部屋の景観が少し変わってまだ慣れません。

 

鋼の錬金術師 #35

冒頭は先週から引き続いてスロウス戦。スピーディに解決したが、これは予定調和という感じですか。
後にわかるんですが、スロウスはこの時全力でないので、他のホムンクルスに比べて弱い感じがしますね。確かに戦車砲とか使わないと傷もつかないんですけどね。それでも、動きは遅い(本当は最速なんだけどやる気が無い)ので対処しやすいですし、蹴飛ばした位でとりあえず、ふらついてくれるし、やりやすさはあったろうなぁ…。

その後は会話劇。実にキャラが動かない。
動いてはいるんですが、ギャグパートとのかき分け的に動いてた感じだなぁ。作画楽だったに違いないと思いながら見てました。
アームストロング少将は話がわかるなぁ、が、敵が出てきた通路で話すってのはどーなのかと原作読んだときに思ったのと同じ感想を抱きはした。
こっから話がどんどん進んでいくんだよなぁ。
この後、キンブリー大活躍していく訳ですが、その為にあっちゅーまに復活です。人体錬成はできないのですが、医療分野には結構使えるのが不思議。

来週は、ホーエンハイムの1人語りかな?

 

« »

12 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト