FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

アビスゲート1 果て見えぬ淵の畔に

アビスゲート1 果て見えぬ淵の畔に

神坂一:著
芳住和之:イラスト
富士見ファンタジア文庫


このアイテムの詳細をみる

スレイヤーズ!の作者による新シリーズ。
スレイヤーズ!は長編が完結するまでは読んでたんですが、短編は同じような話しの繰り返しで終わる様子を見せないので、途中で止めました。
さて、久しぶりに神坂さんの作品を読む訳ですが…。
おや、スレイヤーズの様な1人称で書かれている作品ではなく、3人称で書かれている作品です。文学作品にある完全に天からの視点で書かれる3人称ではなく、ラノベや今時の普通の小説にある、主人公の視点、感情に近い部分で書かれる3人称作品となっています。神坂さんの作品で知ってるのはスレイヤーズ!だけなので、新鮮でした。

さて、あとがきから読むと分かるのですが、クトゥルフに影響を受けた作品とのこと。
…まぁ、クトゥルフまんまではないので、ずいぶんと違うのですが、海の得体の知れない生き物の気持ち悪さ、深い海の人知の及ばなさをキーにしたファンタジー作品で、スレイヤーズ!とはずいぶんと赴きを異にしています。同じ作者の作品とは思えないくらい違いますね。
スレイヤーズ!も、長編はコミカル一辺倒ではなくシリアスな所もありましたが、こっちはコミカルさが、ちょこっとエッセンス程度に入っている作品。
話し事態はまだ序盤なので、登場人物と世界設定の紹介程度。
さらっとした感じで、これだけで、面白かったとかは論じられない状態。シリーズとして続きを出版することが前提になってる作品です。

面白かったのは、魔法の設定。
この世界の魔法は触媒を利用する設定なのですが魔力素という金属片みたいなのを食べる事で触媒というふうになっています。
んで…。主人公クラウスはそれを使う素質がありながら…魔力素を食べると腹をこわす…。
…フリスクかよっ。(笑)
フリスクのCMをおもいだしました。魔法を使えるようになるのは食べてハイになっっているのと近いものと感じられますし…食い過ぎると腹壊すのも同じかなーって。(笑)

とりあえず、面白そう。
続きが期待できる1品でしたねー。
クトゥルフ系とかんがえると、ホラー系ファンタジーなのかなぁ。
スポンサーサイト

 

つきこい

つきこい

山科千晶:著
高野音彦:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

表紙買いした本です。
高野さんのイラスト好きなんですよね。透明感があって繊細な線と色使いが好きです。
そんなわけで、本の内容は恋愛小説ねー、高野さん恋愛小説の挿し絵多いなぁとかそんな程度の認識で購入。

電撃文庫ですが、ほとんどファンタジー色は有りません。少しだけあるけど、はじまりの話しとなる月下少年以外ではほとんど、現代からちょっと先の未来を描いているだけで、日常の風景とか、今、現在とほとんど変わりが有りません。
舞台となるのも渋谷の駅周辺とごくごく狭いエリアですし、描写される建物なんかも実際の渋谷駅と何ら変わらないですから、何処がファンタジー?ってかんじも受けます。
実際、月下少年は、本の最後の部分に収録されていますので、それまでは一切ファンタジー色無し。
しかも月下少年の話も、ファンタジーと言うよりはメルヘンと言いたい。

で、購入時には、ほとんど意識していなかった本の内容ではあるんですが、とても素敵な話しだなぁと。ちょっと悲しい話しも含まれているのではあるんだけど、素敵な終わり方をする。
ピュアでとっても素敵な恋愛小説、それがこの本だった。
高野さんのイラストが無くてもこれは買って正解な本。

しかし、これ電撃文庫なんだよなぁ。
電撃の主な読者層って、男の子だと思うんですよね。
これ、男の子より女の子向けだよ。絶対。もちろん、男が読むのもおかしいと言うわけでは全くないのですが、女の子が読んだら絶対素敵な話しだと評価してくれそう。
逆に男が読むと…ふーんで終わらせちゃいそうな気がします。
何となくね。特に電撃の読者層だと。
でも、角川ではなくメディアワークスだったおかげでレーベルが男女向けが分かれてないおかげで、僕はこの作品に出会えた。角川だとビーンズ文庫っていう女の子向けのレーベルがあるし、それだったらたぶん、僕買ってないもんなぁ。
電撃だったおかげでこの作品に出会えたか。それはそれで歓迎。
でも、女の子の間で話題になれば、映画化とかも期待できそうな作品なんだがなぁー。
電撃だから、そんなに話題にならずに終わりそう。残念かな。

 

新しい時計買ってきた

結果的に候補の中から一番、元のデザインに似ているものをにしました。

んー。まぁ満足行く時計かな。
フィット感は良いですね。
んで性能はソーラーで電池切れはしない、電波時計で狂わないってのがウリの物ですし、G-Shockですから対衝撃性能は折り紙付きです。

一応、色としては赤…になるんだろけど…赤いのはクロノグラフのストップウォッチの秒針と文字盤に書かれた「G-Shock」と言う小さな文字だけ…。
んーやっぱし赤いとは言えないなぁ。それが残念だ。
ベースは銀と黒です。元の時計…の黒い部分が銀になって赤いところが黒くなった感じ。
一応、家族に見せたら似てるねって言ってくれました。
どうやら、僕の時計らしい時計と認識してくれたらしい。

よしよし。初期感触は良し。
これは思ったより気に入った。良かった。
でもやっぱし、前の時計は心残り。でも、これ、いい感じだな。
チタンだったら最高だったけどなぁ。ま、それは良しとするか。
ちょっと小さいのが気になるんですけどね。前のよりふたまわり程小さいんですよね。
前のはG-Shockの中でも1番でかい機種だったからなぁ。(笑)

CASIO The-G GIEZ
タフソーラー電波時計
GS-1000J-1AJF



このアイテムの詳細をみる

 

ベルト忘れた…。

今朝はばたばたしてました。

…トイレのタイミングが家族で重なってしまい、敗退したはがねはこらえてたというだけなんですが…。
そのせいか、ベルトしてくるの忘れました…。orz

ベルトがないとずり落ちちゃう様な事はないんですが…。スーツですし。
なんか落ち着きませんね。
いやん。

 

人間の気持ちって不思議

お気に入りの時計が壊れたので、その代役の購入を考えてます。
とりあえず、G-Shockだったので、やっぱしその代わりなのでごつい系…となるとやっぱしG-Shockでという感じで、カタログを物色。

時計好きでぶっちゃけ、お気に入りは壊れても、腕時計自体はまだ6個とか7個とかあるんですが、普段使ってるのは3つを服の色に合わせてローテーション。
その内、赤と黒のツートンという珍しい色合いの時計(ガーディアンエンジェルスのタイアップモデルだった為、このような色をしている)だったので、代役の選定に困ってます。

要するに良い「赤い」時計がないんですよね…。
赤は時計としては目立つ色なので、全身赤っていう時計は嫌です。
ですので赤がワンポイントとして入っているとか文字盤がとかになるんですが、良いのがない。
仕方がないので、ほしいけど、腕時計いっぱいあるから、使ってるのが壊れたら買おうと考えてた時計にすることにしました。
候補は3つで実際にお店で見た感じで「ぴっ」と来たのにしようと。

ほしい時計なんですよ。
その3つは。
お金さえあれば3つ買います。それは確実なんですが…。
今回、購入できるのは予算上1つ。
そして、なにより、1番のお気に入りの代役を務める為の時計ということを考えたら…。
どれも気に入らない。
不思議なものです。どれもほしいんだけど、1つに決められないというなら分かるんですが…。
壊れたお気に入りの代役という事を考えたとたん…。どっか駄目というのが気になってくる。

曰く…赤くない。曰く…チタンじゃない。曰く…ちょっと小さい。

大した理由じゃないんです。どれも。
使ってみれば、今までのお気に入りよりも、良い時計なのは間違いないんです。
9年も前の機種と現行の最新機種。
ソーラーバッテリーの持ちも違えば、はやりの電波時計でもあり、9年のうちに培った技術が盛り込まれた最新機種。
9年前のとは大違いなのは分かるんです。
でも、気に入った時計と比べたとたん、どれも色あせる…。

結果的に買わずじまいです。
どれかにはそのうち落ち着くとは思うんですけど…。
人間の心情って不思議です。ちょっとしたきっかっけで、ほしかったものの見方が変化する。不思議不思議。

 

マナー

バスの中で会話で盛り上がって一々オーバーアクションで周りに迷惑かけてた女子高生を注意したら静かになった。

が。
静かにはなったが謝罪の言葉は無かったし、なにやらひそひそ話してる。
たぶん、口うるさいにーちゃんだとか話してたんだろうね。

なんかさ、そういうの学校で注意とかしないのかな。
マナーとか、注意されたら先ず謝罪しないとね。
静かになったってことは自覚してたんだろうからさ。

はがねが高校の時は学校でそーゆー注意あったけどな。
そも電車で座ってるのを先生に見られたら、怪我とかの理由が無いかぎり怒られたし。
むろん騒げば、さらに怒られるし。
最近は、先生より学生のが立場が上なのかね…。
注意する大人がいないってのも問題だよね。日本人はマナーが良いとか言っても、文句つけたら銃で撃たれちゃうような国なんかに比べての話しじゃ意味ないよね…。

 

あーもぅ、なんかわけわかめ

なんか大した事してない1日なのに、頭の方がてんぱり気味でわけわかめ。

朝起きた。
ご飯食べて2度寝した。(くぅさんのお散歩は母任せ…ここんとこ朝は辛い)
家の買い物(うちでは1週間分買いだめ方式)に行った。
この時点で、無軌道に動く子供達にてんてこ舞いして、人当たり状態。
ぶっちゃけね。わんこであるくぅさんのが行動読めるのですよ。スーパーとかに来てる子供ってどうしてあんなにがつがつして可愛くないんだろう?
(本来、はがねは自他共に認める子供好きです。今日はかなり参った)
ご飯食べて、PHSを解約しに行った。
(docomoのPHSサービスが終わるのでFOMAただでくれるってんで行ってきた)
くぅさんのお散歩に行った。
もらってきたFOMAの通信カード(カードって言っていいのか?USBタイプのものをもらってきました)のセッティングをした。
夕ご飯食べた。
現在。

さて、今日はこれくらいのことしかしてないのに、頭がさっぱり回ってないというか、変に混乱した状態に陥っています。
ぶっちゃけね。いらいらします。
そんなにいらいらするような事はなかったはずなんですが、ちょっとした事の積み重なりが…。
確かにFOMAの通信カードの設定がよくわからんかったとか(docomoショップでも通常の端末以外を買う人は少ないのか、定額通信用のソフトはダウンロードしないと行けないという説明をしてくれなかったから、セッティングに時間がかかった。もうちょっとマニュアル用意しておこうよ)、午前中の買い物で頭混乱してたとかあるのかもしれないですが…。

まだ、今日は人混み駄目かなーとか思う時があるんですが、そういう時ってやっぱ駄目です。
人混みを避けると首都圏だとなんもできん。
引きこもれというのか?
それは勘弁ですぞですぞ。

さて、ぶっちゃけ、先週中から倒れてて、金曜くらいまで引っ張ってたのですが、結果的には今日までうまく治ってないような…。
風邪っぽい症状(頭痛、鼻水、くしゃみ)があるので、いつもの自律神経失調ではなく、風邪なんだとは思いますが…ちょっと時間かかってるのが嫌ですね。
うーん。なんか、わけわからない内に1日が終わっちゃった。
損した気分たっぷり。

 

お気に入りの時計が壊れた

お気に入りの時計が壊れた。
腕時計は何本も持っているのですが、一番お気に入りだったのが壊れた。
時計としての機能は全く壊れていないのですが、外装が破損したというケースです。

G-Shockなので…ウレタン素材の外装だったんですが…。
ベゼルが経年劣化で割れた…。
うわーん。

交換を考えたんですが、これ、限定品なんですよね。
すなわち、オリジナルの部品がメーカーにも在庫されているか分からない。
サポートセンターへTELしてみたんですが、限定品の交換部品の在庫はないとのこと。
色変わっちゃうのかーと…。
んで…非限定品の通常モデルの色をチェックするため、ネット見てたら…。

「DW-○○○○のベゼル、ベルトは全モデル生産終了です」

がーん!
これは修理に出しても修理不可で戻ってくる可能性が高いってことじゃないか!
ということで、修理はやめ。
下手にだして変に変えられちゃってもやだし(ベゼルだけ、別の色になっちゃうとか)、超気に入ってたのでどうしても捨てる気にはならず。
おうちで記念品としてオブジェとしての第2の人生を送ってもらうことに。

会社で、はがねちゃんと言えばこの時計って言われるくらいの認識をされてるくらいの時計だったのに…。
すなわち僕のシンボル的な役割を9年間もになってくれた時計。
G-Shockのウレタン製のベゼルじゃなかったら、もっと持っただろうに…。
ご苦労様、今までありがとう。
捨てないよ。壊れても大切にするよ。これからも。

 

危ない

車でお出かけしました。
ちょっとくぅさんの散歩の雰囲気を変えるためにちょっと離れた公園へ。
動物園も併設されている、割と有名な公園です。
はがねは小学校からその公園に慣れ親しんでいるところで、現在済んでるところからはちょっと離れているので、車にのって、家族でお出かけしました。

くぅさんのお散歩もつつがなく終了し、帰り道…。
車の運転をはがねがしていたんですが…。

ぐらぁ。

急にまわる世界。
運転中です。すんげー怖かった。
ようはめまいが襲ってきただけで、慣れっこなはずなんですが、車の運転中ってのは初めてだった。
即、同乗していた母に運転を代わってもらいました。

危ない危ない。
確かに無茶かなー。まぁ、無理そうなら代わってもらえばいいやと軽い気持ちでいたのと、遠くないので油断してました。
運転ってすんげー負担かかるのね…。
母が居てたすかりました。
じゃなかったら、帰れないところだったよ。
無理して運転続けちゃったら、事故起こしてたかもしらないし。

本気で怖かった。
まっすぐな道で、しかも低速徐行中で良かったよ…。

 

予測通り

昨日、具合悪いのを押して会社に出勤したんですよね…。
で会社でやっぱし具合わるそーにしてたのか、辛そうよとか言われました。
んで、会社の先輩にはがねちゃんは明日無理っぽいね的な事言われてたんですが…。
案の定。

今日は歯医者の予約がしてあったので、夕方、歯医者にだけは行ってきたんですが…。
まぁ、辛いですね…。まだ。
目眩は夕方にはたいがいの場合収まるんですが、今回は頭痛がともなってるので。
風邪ひいたかな?

その帰りのバスの中がたこ焼き臭かった訳ですが…。
…たこ焼き食べたい。

 

タコ焼き

バスの中がタコ焼きの香で充満…。
食べたくなるじゃないか…。
ぬぅ。

 

テントウムシ

電車の窓を外を目指して必死にのぼる。
テントウムシ。

外にでれるように、そっと窓を開ける。
外にでれたかな?
小さな小さな赤い虫。

 

はしりすぎですぅ!

本日の夕方のお散歩ははがねが担当。
朝はちょっとやっぱし具合が悪かったというか、血圧上がってない感じだったので、朝は平気な母にお願いして。
はがねは夕方にたっぷりする方を担当です。

さて、はがねと母でくぅさんが違うと感じられるはずである大きな要素。
それは…全速力で走れるかというところです。
くぅさんの全速力ははがねの全速より若干遅いです。ぎりぎり、はがねはくぅさんより速くはしれます。
母は全力をだしても、くぅさんの全力には及びませんので、くぅさんはどうしても母を引っ張る形になります。
引っ張ると怒られるので、全速は出せない。
週に1~2日しかはがねがお散歩に連れてってあげることが出来ないので、くぅさんが走りたがってるときは全力で走ってあげます。はがねがリードして走ることで、上下関係の確認にもなりますし。
んで走りましたよ。走りたがってるくぅさんを満足させるくらいなー。
1時間のお散歩のうち、25分くらいは全力で走りますたよっ。

ぶっちゃけね…あり得ません。(笑)

お散歩終わって、はがねがもはやジムで運動した時くらいに汗かいてふらふらしてるのに…。
くぅさん…。にっこにこ。満足…してませんっ!
にっこにこしてますが、家でもまだハイテンションで飛び回ってますよ…。
あり得ません。
ま、ご飯食べた後はやっぱり疲れてたのか、こてんって感じで寝てますけどね。

そんな状態でも「おやつ」と言う言葉には即応なんですけどね。(笑)

 

グイン・サーガ115 水神の祭り

グイン・サーガ115 水神の祭り

栗本薫:著
丹野忍:イラスト
ハヤカワ文庫JA


このアイテムの詳細をみる

115巻。
やっと脱出の兆しが見えてきたか…と言う巻。
マーロールの地下王国が出てきたところで、これが脱出の鍵になるというか脱出の際にはここを利用するのは明らかだったんだけど、いちいち、こんな細かい芝居やら打たないで、だーっと一斉に逃げちゃった方がよくねー?と言うのが感想だったりします。
勿論、マリウスがタイス伯に気に入られ過ぎちゃって、別行動してるので一気に行くとすぐばれちゃって追っ手がかかって逃げらんないってことになるからと言う事なんでしょうけど…どうにも、栗本さんがタイスを気に入ってるようだ…。
祭りの風景をどうしても書きたいらしい。
と言うわけで1巻まるまる水神祭の描写といっても過言ではない巻。
正直、ここまで詳しく書かなくてもーと思うんですが、それはそれ。グイン・サーガですから。
末端部分まで描写しきって紙面を消費していく醍醐味というか、そんなことまで説明せんでもと思わせる小説もあんまりないんで、これはこれで良し。
ま、グインを途中で止めちゃう人って、だいたい、この説明多すぎ、描写多すぎ、話し進まないというのが嫌になるんですけどね…。
100巻を越えて付き合ってるんだから、この巻まで読んでいまさら止めるってのはそうそういない気がしますが。最近読み始めて一気にここまでがーっと来てたら、細かすぎる描写に閉口して止めちゃうかもねー。つーかタイス編長すぎ。

次の巻はガンダルとの戦いだろうし、それが終わるまではこれは、グインは脱出できねーというかしないんだなと何となく分かりました。
水神祭が終わるまでは付き合いますよー。覚悟を決めたっす。

 

グイン・サーガ114 紅鶴城の幽霊

グイン・サーガ114 紅鶴城の幽霊

栗本薫:著
丹野忍:イラスト
ハヤカワ文庫JA


このアイテムの詳細をみる

114巻。
タイス編がまだ続く模様。脱出の兆しが見えないんですけど…。
今回はグイン一行の足手まとい(笑)フロリーさんに視点が当たっています。
ので、グインやリギア、ブランといった自力でも1人だったら何とかしそうな人たちや、最近、別行動故か出番が無くなったけど、楽観的なマリウスとは異なった視点というか、心情がメインで描写されています。
フロリー視点で書かれているので、非常に後ろ向きというか、話しの進展度合いに貢献していないというか…。
脱出する関係の話しがすすまんではないか…。

前の巻でマーロールが実はタイスの地下空洞を納めてる王的存在だって事が書かれた続きが少し有るほかは…フロリー受難の数々が描かれます。
てか、この人、イシュトヴァーンにしろ、マリウスにしろ、1国の王様とか王子様級の人に惚れられる運命なのかね。
今度はタリクかよ…。
しかし、どんだけ退廃的な国なんだ?クムって。
まぁそれは良いとして、フロリーは確かに清楚な感じがする人なんだろうけど…。クムやユラニアってそんなに美女がいないのかね…。
なんか、モデルになってるのって中国とか東南アジア系な国々だと思うんだけど、キレイだよな…向こうの人たちって。
でも、グイン・サーガだと、クムやユラニアには美人が居ない。(笑)
そして、性格的に破綻してる人が多い。
そう言えば、ケイロニアの皇帝の奥さん=グインの嫁さんのお母さんも、たしかユラニア出身の人で、性格歪んでたよな…。

この巻はちょっとグイン・サーガ的な楽しみかたというよりは、もっとラノベ的な、ラブコメ的な楽しみ方が出来た巻だった。
フロリーさんには悪いけど、困ってるすがたがちょっとコミカルというか、面白かった。
しかし…マリウス…ホント口はうまいな…。

 

くぅさんの悩み顔

先日、くぅのベッドを洗濯しました。母が。
んで、1度の洗濯では洗剤落ちきっていなかったので再度洗濯して乾かしている時間が有ったのですが…。ほぼ1日の間、くぅさんの一番お気に入りのベッドには外枠だけあって、中は…タオルが敷いてあるだけと言う状態が。

くぅさん…ベッドの前でなにやら難しい顔をしてました。
たぶん、これは僕のベッドだろーか?とか、ふかふかしてるところが無くなった…とか考えてるんだろうと想像出来る表情です。
どうしたら良いの?と言う感じでこっちを悩ましげな顔のまま見てきたり。

ぷぷぷ…。(笑)
かわいいねぇ。くぅさんの困った顔は。
乾いたベッドを元の位置に戻したら、即もぞもぞと進入して丸くなっておねんね。
良かったね。キレイキレイしてもらって。

 

網棚

混雑してる電車にのっててたまに思うこと。
座ってる人は荷物を網棚ではなくて、自分の膝の上に置いてくれ…。
座ってるというアドバンテージがあるんだから、せめて網棚の上は立ってる人に譲ってくれよぅとおもうのですが…どうでしょう?

携帯電話のマナーとかは社内アナウンスするんですよね。
1人でも多くの人が座れるように詰めて座れとかも言いますよね。
駅のポスターでは混雑した電車の中では、リュックとか背中に背負うタイプのカバンは手に持つか、抱えると書かれていて、携帯音楽プレーヤーの音漏れには注意して、座ってる人は足を投げ出さないようにと、注意を促しています。
でも、網棚については立ってる人に譲ってねってのは無い。
なんでだろ?

カバンは網棚の上に載せるか、前に抱えてお乗り下さいとはアナウンスするのだが…。
前に抱えてたら、つり革つかめないし、網棚は空いてないんだが…。座ってる人の荷物が置いてあって…。
という状況がままあるように思うのははがねだけだろーか?
ちなみにこの座ってるのに荷物は網棚というのは、スーツを着ているおいちゃんに多い。
座ってる膝の上にカバンを置くと、ズボンにしわが寄るからだと思うんだが、その辺は妥協して欲しいなぁ。
車掌さん、アナウンスしてくれないかなぁ。座ってる人は網棚に荷物を置かずに手元にお持ち下さいとか、立ってる人に譲ってくださいとか。
ちょっと切望。

 

家に帰ったら怪我してた

家に帰ると母が怪我をしたと…。足を引きずってるし。
聞いたら医者には行ったとのこと。
普段、僕に強制されるまで行かない母が自ら行ったので、とりあえずは安心か。
だが…病院行った理由…。今週末バス旅行に行くから。
ちょっと待てや。(笑)

骨には異常がないことで、足首に包帯してる。
くるぶしが痛いんだそうで…。
なんか、今、これ書いてる現在、すごく良くなったゆーてますが。(笑)

原因はくぅさんのお散歩らしい。
去勢手術してから、くぅさんぱわふりゃーだからなぁ。
結構引っ張られて走ってるらしい。
くぅさんだったら、駄目言えば、止まるとは思うがなぁ。
くぅさん、とりあえずちゃんと人間の方が立場が上って分かってる子だから、駄目ゆーたら、ちゃんと走らないで止まるけどなぁ。
僕が散歩連れ行ってる時に、ちょー全力疾走してるから、無理しないで良いのに。
お散歩自体は母の健康に貢献してるはずだが…走るという無理までしなくて良いのに。
ぬぅ。

しばらくは夜散歩だね。
はがねが帰ってから連れて行くことにしよう。

 

サイズがあわないなぁ

くぅさんのお洋服を買ってきたのですが…。
難しいですね。
犬の洋服のサイズって。
丁度いいのが無い。

くぅさん、ちょうど一般的なサイズの洋服の3号と4号の間のサイズなんですよね。
3号だと小さくて窮屈。4号だとでかくてぶかぶか。
今日はたまたま、可愛くて丁度いいのがあったのでよかったのですが。
しかし、くぅさん、体が長めの体格なのでダックスサイズなんですよねー。

パグを飼おうと考えてた時に、よくパグサイトやパグ本に書いてあったのが、パグは体型的に合う洋服がないと言うこと。
でも、パグじゃなくても、変わらないよぅ。
結果的に、人間ほどサイズバリエーションがないから、どうしても中途半端ってのなっちゃうんですよね。
というか犬って、チワワみたいな超小型犬から100kgになるようなセントバーナードまで体格に幅がありすぎるので、服のサイズも幅大きいんですよね。
もうちょっと、サイズの幅が小さければなぁ。
結構同じ悩みは、飼い主さんはみんな抱えてるんじゃないかなぁ。

しかし…帽子たかいな…。デニム製のは7000円だった。
ありえねー。(笑)

 

メモリ増設

健康診断の帰りに秋葉原に寄った(食事を秋葉原でしてウィンドショッピングするのが毎年の恒例になっている)ので、買おう買おうと思っていたパソコンのメモリを購入してきて増設~。

ノンブランドものですが、1Gで2570円。やすっ!
安くなったから買ったんですけどね…まぁ。
つい、こないだまではこれで万近くしてたんだけどなぁ。安くなったなぁ。

さて秋葉原のお店は初期不良があっても1週間くらいしか保証してくれないので、何かあっても明日対処できるように早速、組み込んでチェック。
メモリは挿すだけだから、組み込みもらくですね。
ドライブ類はめんどいけど。
さくっと終わらせて起動して確認。
メモリ容量が変わりましたよというメッセージが出て(当然でますね)、リターンして起動。
タスクマネージャーから認識していること確認しておけー。
そしてしばらく使ってみる。
大丈夫そうだ。一安心。

一番効果を実感したのは…。IE7での大量タブ同時展開。
今まではメモリが不足するよと言われてた数のお気に入りのグループ(わんこ関係のお気に入りサイト)をがーっと開いても、なんも問題出なかった。
うぉー1Gすげー。
前は512Mだったので、+1Gで3倍です。さすが3倍。

しかし…安くなったなぁ…。メモリ…。

 

硬水の恐怖

健康診断のため、検診センターへ向かう途中の駅で、おなかが痛くなりトイレへ。
そのせいで、先輩との待ち合わせに遅れたんですが…。

原因は何か!
検尿で出ないとこまるので、許可されてる範囲で飲んだ水っ。
早くに飲むと、出たくなってこまるので、時間ぎりぎり=電車の中でミネラルウォーターを飲んだんですよね。
駅で購入したミネラルウォーターで、銘柄はえびあんでした。

えびあん、硬水なんですよね。
普段飲んでいる日本の水は基本、軟水です。
日本製のミネラルウォーターも軟水です。あと、はがねはクリスタルガイザーも飲むんですが…このクリスタルガイザーも硬度的には高くなく軟水です。
普段、軟水にこだわってる理由はおなかがぴーぴーするから。
今日はサイズ的に許可された範囲のものはえびあんしか売ってなかったので、えびあんをチョイスしました。
不安はあったんですが…。的中。
おなか痛くなっても、検診センターまでは持つと思ってたんですが…。だめでした。
いやー、たかが水と侮っちゃいけないね。
硬水怖いよ。すぐくるよ。
てか、飲んでから10分くらいで来た。いやん。

 

明日は健康診断ー

明日は健康診断です。
さー、現在の体調は…疲れております。非常に疲れております。
さてこういう時に健康診断を受けると…。

肝臓でエラーがでるんだよな…。orz

お酒飲まないのが基本ですので、明かに肝臓のエラーは脂肪が多い以外の要因は疲れているというのしかないんですよねー。
いやん。
後は…倒れてても何故か食欲が減らないせいでがつーんと増量した体重。
そして血中コレステロールが気になるところです。
不思議と善玉コレステロールの量が多すぎるせいで、高脂血症…。
中性脂肪も悪玉コレステロール値も許容値なのに、善玉コレステロールが多すぎて高脂血症…ありえねぇ。(笑)

つーか…嫌ですねぇ。
結果悪いの分かってて受ける健康診断って…。
あ、はがねはバリウムは去年からパスしてます。
バリウム飲むたび体調が悪くなって会社休んでた(しかも長期)上、一昨年は死ぬほど辛い目を受けたからな。
すげぇ吐き気と下痢に襲われて、冷や汗でだらだらで。
バリウムって下手すると怪我するんですよ。胃に傷が。
バリウムって健康損ねてると思います。
健康診断って正直、体に悪いことしてるよね。(笑)
ご飯抜いたり、水を減らしたり。

 

火の国、風の国物語 戦竜在野

火の国、風の国物語 戦竜在野

師走トオル:著
光崎瑠衣:イラスト
富士見ファンタジア文庫


このアイテムの詳細をみる

表紙買い…。でも一応、内容確認したもん。ただ絵に引かれただけで小説買った訳じゃないもん。
まぁ言い訳しても表紙に引かれたというのは間違い無いんですけどね。

ちょっと変則的な設定をもったファンタジーが最近多いのですが、それにちょっと食傷ぎみだったので普通にファンタジーしてるファンタジーが読みたいなぁと思っていた所に、イラスト的に普通のファンタジーだな…たぶん…と予想できるたので購入。
結果的にそれは間違ってなかったです。
普通に小細工無しなファンタジーものの小説です。
最近の作品ではドワーフとか昔のファンタジーでは普通だった亜人種はちょっともじった様な種族名になってることが多いですがこの作品ではそのままです。
ドワーフ…。久しぶりだなぁ。(笑)

至って普通のファンタジー戦記ものです。
主人公であるアレスはなんか変な死に神チックな精霊さんに囚われています。んで、その精霊さんパンドラは、いろいろ助言してくれるのは良いんですが…血が流れる方向に助言してくれるのでうんざりーというのが基本設定です。
アレスは貴族なのですが、王女に剣を捧げており頭が上がりません。その剣の腕(パンドラが関係している)も相まっていろいろ、無理難題を押しつけられてうんざりーというのも基本設定の1つです。
まぁ、不幸な星回りな主人公というというところです。

この巻ではいろいろな事件がちょっとずつ起こりますが、その1つ1つで登場人物が増えていき…、主要登場人物がそろうという形式を取っています。これ登場人物を説明するのには良いんですが…。この本だけをみると短い話が乱立してる感じがあるので少し残念な感じがあります。面白いんだけどなぁ、1つ1つの話がもっとボリュームがほしいというところです。
ファンタジア文庫では割と厚い厚さがある本なんですが、内容というか印象は薄い感じでちょっと残念。シリーズものなので、登場人物がでそろった次からに期待って感じですかね。

あ、あとがきが面白かったです。(笑)

 

終わらない歯医者…。

今日で最後の予定だった歯医者。
今日の予定は基本的には上側のクリーニングだけだったんですが…。
治療したところの調子はどーよと先生に聞かれたので、良くないと正直に。

痛いんですわ。
これが。
なおしてもらったんですが、虫歯だったわけじゃなくて、かみ合わせが悪くて、銀歯が入れてあるところが神経を圧迫しているようでして…。
だんだん下も痛くなってきた。これでは困るので、かみ合わせがやっぱり悪いのか痛いですと…正直に告白。

そしたら、クリーニングするのはやめて、なんか、かみ合わせが悪いところになんか詰め物をして当たらないようにして様子を見ましょうと。
んで、ス…なんとかっていう(専門用語言われても覚えられんし、わからんわっ)奴を作るための型どりだけということになりました。

歯医者…。終わりません。いやん。

 

面白い眼鏡

出勤中の電車の中。
前に立ってるお兄さんの眼鏡が面白いデザインだった。
面白いというより、変わったデザインと言うべき?
つるの部分がなんと革製。びっくり。

もちろん中に金属のフレームが入ってるんだろうけど、今まで革製ってのは見たこと無いデザインだった。

面白い。そしてデザイナーの発想に拍手。

 

不気味で素朴な囲われた世界

不気味で素朴な囲われた世界

西尾維新:著
TAGRO:イラスト
講談社ノベルズ


このアイテムの詳細をみる

きみとぼくの壊れた世界の続編。
といっても直接の続編ではありません。シリーズということで同一世界観の上で発生する事件を扱っているだけです。
一応、前作との関係として、前巻の探偵役である病院坂黒猫さんの従姉妹がでるということと黒猫さん自身がちょろっとだけ出るというつながりはありますが、前作を知らなくても全く問題は無しです。
時系列的にはきみとぼくの壊れた世界より後の話になります。(物語の中できみとぼくの壊れた世界の事件への言及がちろっとある:ただし話しには関係なし)

子供による凶悪犯罪が一時期問題視されましたが、最近は少し下火なのかな?
犯罪の低年齢化が良くニュースなんかで取り上げられてましたが、この話も時代の波を受けたのか、きみとぼくの壊れた世界より登場人物が全体的に低年齢化しています。
具体的に言えば3歳くらい。
きみとぼくの壊れた世界が高校を舞台とした話だったのに対し、この話は中学が舞台となります。その為、3歳登場人物たちが低年齢化しています。

子供の衝動的な犯行なのかな?
終わってみれば邪魔だから殺しちゃったっていう話しなんですが、子供の無邪気さっつーもんは感じられません。正直…やっぱ、こういう考え方した中学生が居たら嫌です。
つーか、中学生ともなれば、主人公がそうであるように、人を殺めるということの意味を考えるくらいの頭はもっててしかりなんだけどなぁ…。
これはきみとぼくの壊れた世界でも感じたことですが、同じ感想ですね。
しかし、この犯行手法(どんなのかはこれから読む人のために書かない)を考えついたよなぁ…衝動的に感じられるほどの時間しか猶予がないのに。この話しはミステリになるくらいのトリックが使われている。こんなのとっさに考えつかねぇって。

しかし…。
中学生にもなれば、いくらなんでも「アリバイ」って言葉は知ってると思うんだけどね。
そして、登場人物の名前が相変わらず普通じゃない。
これは読みにくいんだよなぁ。
一瞬名前って認識しないから。実際にこんな名前付けようとしたら、役所で怒られるよ。(笑)
黒猫はともかく、今回の探偵役の病院坂…迷路って…。人の名前じゃねぇ!(笑)

 

ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~(下)

ひぐらしのく頃に
第二話~綿流し編~(下)


竜騎士07:著
ともひ:イラスト
講談社BOX


このアイテムの詳細をみる

同人ノベルゲームとして一世を風靡したひぐらしのなく頃にの小説化第4弾。
綿流し編の下巻です。
この巻が出た時点で次ぎが祟殺し編の上巻ということが分かったので、全4編7巻のうち、1冊構成なのは最後の暇潰し編だということが分かりました。
その辺の構成が気になる気にならないかは別として。

本棚にならんだひぐらしを見て、気が付いた事。
鬼隠し編に比べて、綿流し編がずいぶん厚いということに気が付きました。
読んでる時のスピードは綿流し編の方がだいぶ早い感じがしてました。入ってくる情報についての吸収しないと行けない度合いってのが、ずいぶん違うってことだと思います。
綿流し編では、すでに鬼隠し編によって語られる点が重複していますので、その辺の情報説明的なパートは読む速度が断然速くなる。当然のことだと思います。
そのかわり、鬼隠し編より、キャラクターに神経を集中できる感じがしました。

キャラクターに集中出来るのに…。
途中から魅音と詩音がどっちがどっちなのか分からなくなった。
もともと上巻で魅音に化けているというのがあり、詩音自身もそれを利用して圭一に近づいたりという事をしていたので、どっちかどっちだか分からなくなるときがあったんですけど…。
この下巻では、鬼隠し編で語られたオヤシロ様よる祟りと同じく、富竹さんや鷹野さんが犠牲になるのですが…。「綿流し」と言うのが「腸流し」であるというのが上巻で語られましたがここまで凄惨な秘密だとは思っていなかった。
読んでる途中から魅音の考えというのが分からなくなり…。最後に本当に魅音なのか?という疑問を振って終了。
魅音というキャラクターの特殊性(本心を明かさない)が、本当の魅音というのを読みにくくさせています。そのせいで、詩音もわからなくなる。良く良く読み込めば、どのときの魅音、詩音が当人なのか、入れ替わっているのかを判断出来るんでしょうけど。
まだ、最後のピースがはまっていなくて、決め手に欠ける状態です。
もともと、ひぐらしが「解」があることが前提になっている事もあるんでしょうね。

7巻まで出たら、すぐ「解」が出るのか気になってきました。
しばらく間が空くのかなと気軽に考えてたんですが…。終わったら即出してくれという気分です。
たぶん、毎月刊行されているということからして、「ひぐらしのなく頃に」は書き終えてると思うんですよね。2月までで全部出るわけですし。
「解」…すぐ出るかを気にさせる1冊でございました。
あ、すごく怖いです。ラノベでこの怖さはありえねー。

 

鋼殻のレギオスⅦ ホワイト・オペラ

鋼殻のレギオスⅦ
ホワイト・オペラ


雨木シュウスケ:著
深遊:イラスト
富士見ファンタジア文庫


このアイテムの詳細をみる

7巻です。結構ながくなるのかなぁー。
最初の予想では3巻で終わると思って(1巻の帯に書かれた文句で3巻で終わると勘違いした)たのですが、倍の巻数が出たのに終わる様相が見えません。
まぁ、リーリンがツェルニに到着したことで、展開としては「転」を迎え、終わりに向かっていくのかもしれないですけど…。
グレンダンの謎とか全く進んでないというか、メインの舞台がツェルニであるためか、秘匿されたままの謎がそのままですので、結構、長く続くのかなぁと言う感想につながったわけです。

さて。
この巻の感想ですが…。何ですかね、レイフォンは汚染獣を相手にしてる時の方が強く感じました。
この巻、いろいろ詰め込んでて、ちょっと話に集中出来ない感じがあって、1巻とかの時のおもしろさというか、話に集中した感じがないのでなんともその辺が鼻につくというか、むずむずするというか…。グレンダンの話…後で良いよとか思っちゃったりしたんですけどね…。後しちゃう訳にもいかないでしょうけどね…。
少なくとも、ハイアの話と廃貴族の話とか平行しないでも良かったんじゃないかなぁ。
ハイアの印象を薄くしちゃってるような気がします。
ハイアが廃貴族の話を持ってくるキーだったのでしょうがなかったんだとは思うんですが。
で、今回、ハイアがプライドを掛けてレイフォンに挑むという話なんですが、レイフォンがあんな感じなんで…ハイア、まるっきり悪者な行為にでてます。
そんなでも、レイフォン手抜きして(別の目的を進めながらも戦闘)、ハイアに勝っちゃうんですけど…、なんか6巻のレイフォンと7巻のレイフォンで実力の差があるように見えるんですよね。6巻のレイフォンの強さがあれば、ハイアなんてあっという間に切って捨てれる、またはたたきのめせるという気がします。たとえ、別に戦っているニーナ達のサポートをしながらであってもです。
でもそれが出来ない。ハイアと同レベルの戦いに終始している。
つーか、普通に鋼糸使っちゃえば、人間なんてあっと言う間な気がするんですけどね。
その辺の印象の差が違和感を感じさせる巻でした。
いままで、レイフォンが特殊的に強すぎる人なんですよーって言って来たのに、天剣授受者でもないハイアと同レベルの戦いしちゃってるのがねー。
ハイアが天剣授受者ならともかく、違いますからねぇ。

次ぎ…修羅場?
リーリンとニーナ、フェリが一箇所に集まっちゃったよ。
…メイシェン…出遅れちゃったなぁ。つーか印象なくなっちゃったなぁ。

 

哀戦士 Z×R / Richie Kotzen

哀 戦士 Z×R

Richie Kotzen
BMG JAPAN


このアイテムの詳細をみる

劇場版Zガンダムの企画に合わせた、ガンダムの楽曲の英語カバーアルバムと言うコンセプトのアルバムで、海外の有名(らしい)ギタリストがカバーしていると言うアルバム。初期コンセプト段階ではシンディ・ローパーの参加も企画されていたらしいが、実現せず。ただし、アルバムの中に、シンディの参加したかったよと言うメッセージが入ってた。シンディ・ローパー好きなので、是非参加してもらいたかった。
カバーされた楽曲は初代ガンダムから宇宙世紀の時系列でZまでに含まれる楽曲群。
初代ガンダム(TV、劇場)、0083、Zガンダム(TV、劇場)の曲がカバーされています。0080と08小隊が漏れてるのはちょっと残念。
それにリッチー・コッツェンのオリジナル楽曲(ガンダムを意識した曲ではある)が数曲と言うスタイルになっています。
インストには曲の歌詞と…対訳ではなく、原曲の歌詞が記載されています。
…対訳にしてよ…原曲の歌詞は知ってるし…。

何曲かピックアップしてレビュー。
歌詞検索キーワードは今回なし…。ぱっと見つからなかったので、むかついた。(笑)

BLUE STAR
オープニングナンバー。Zガンダムの後期主題歌「水の星に愛をこめて」のカバー曲。
原曲は割と切ない感じの楽曲でしたが、ロックアレンジですし、男性ボーカルですので、だいぶ雰囲気が変わっています。
でも切ない感じは…まぁ。
だいぶ無理に英語になっていますが、他の曲に比べればましな感じ。
いやー、原曲から結構印象違ってるとか、歌のメロディーラインを変えちゃってるのが多いので…。

TAKE FLIGHT GUNDAM
ガンダムはこの曲から始まったんだよな…。「翔べ!ガンダム」のカバー曲です。
いやー、このアルバムの中で英語歌詞が一番原曲と違和感が無いのが実はこの曲ってのは笑える事実ですな。
You Know It's Trueっていう部分があるのですが…。そこがね原曲の機動戦士って歌ってる部分と重なってるんですが…。機動戦士って言ってるように聞こえちゃうのが笑えます。いや、わらっちゃ駄目ですけどね。
歌詞の内容で、なんでTake Flight GUNDAMとつながるかいまいち納得が行きませんが。
原曲に一番近いのは確かだよ。(笑)

GO BEYOND THE TIME
「Z・刻をこえて」のカバー。
すっげーかっこいい!元の曲がロックナンバーだったのもあって、さらにそれをハードにチューンした感じです。
男性ボーカルであることと英語であるのがかっこよさを引き立ててます。
BEYOND THE TIMEというタイトルから、最初、逆襲のシャアの主題歌「BEYOND THE TIME」かと思ったんですけどね。確かに刻をこえてって「BEYOND THE TIME」だね…。
GOが付いてるので、越えて行けという感じですか。

 

レンズと悪魔Ⅴ 魔神陥落

レンズと悪魔Ⅴ 魔神陥落

六塚光:著
カズアキ:イラスト
角川スニーカー文庫


このアイテムの詳細をみる

第5巻。
前が一応、短編集だったので本編の続き。
ファルナが本格的に退場。故郷へ送り返されちゃった。あーぁ、結構好きなキャラクターだったので復活を願ってたんだけどなぁ。
この物語のために重要なキャラクターであっても、あっさりと退場させちゃうってのは、最近のラノベには珍しい傾向かな。
キャラクターが退場しないまま、どんどん増えていく一方な作品って多いもんね。
冲方さんのマルドゥック・ヴェロシティ(ラノベじゃないかもしれないけど)とかも、重要なキャラクターがあっさり消えていくあたり、すごいなと思うんだけど…。
六塚さんも結構割り切りの良い方らしく…。さくっと消えちゃいましたファルナ…。

起承転結で言えば、この話は転になるのかな?
前の3巻から転が始まってる気もするんですけど。
八眼戦争が始まるという1巻が起、2巻目で目的とかがしっかりして、承。
3巻でファルナを失い…、この巻で3巻までの敵だった人と同盟組んでみたり、登場人物退場したり、重要そうなキャラクターが登場したりしつつ、7人目の契約者が登場したりと、何かと動きが激しい巻です。
そらもう激動ですよ。
心情的なところをカバーしながら、物語が劇的に動いてくのですが…あまりに展開が早すぎてサクッと読めすぎた巻があり、分量的な物足りなさを感じたりします。
普通の厚さなんですけどね。

しかし…。
権力も持っていることが自分の力だ。
含蓄の有る言葉だなぁ。
権力を持ってるからこそはける言葉だとは思うけど。権力には腕力や学力じゃかてねぇもんなぁ。
対抗できるのは経済力くらいか?
ファンタジー系のラノベで「力」ってのが純粋な戦闘力じゃないってのは珍しい。敵だからまぁ、無い訳ではないですが…。
ファンタジーの場合、権力って、たいがいにして腕力とか頭とか持ってる人が付随して持ってるもんだからねぇ。
権力が俺の力だって言う、ハードボイルドの悪役みたいな言い方するキャラクターがこの作品に出てくるとは面白いね。
たしかにあとがきで作者が言ってる通り、面白いと思ったものぶちこんでるのでファンタジーとは言い難いかもしれない。
でも、最近のラノベ系のファンタジーってみんなそうだし。
純粋にファンタジーしてる作品がたまには読みたいよ。
レンズと悪魔は普通に面白いですけどね。

 

« »

11 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト