FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

筋肉痛の質が違う

んー。
筋肉痛でも2種類ありますね。

普段、パワー系のトレーニングした時に筋肉痛になったときには激痛なんですが、その部位を動かすのは可能。
でも、痛みは動かしてない時でも続く感じ。
こないだは持久系のトレーニングをしたわけですが…。
鈍痛な筋肉痛で、その部位の可動範囲を制限されてる感じ。
ちょっとやる回数と負荷が違うだけなのに、筋肉痛の質も違うんだぁ…。

たぶん、パワー系のトレーニングをすると、ばつっとでかい傷が1箇所に入るけど、それ以外は大丈夫だから動ける。
持久系のトレーニングをすると、細かい傷がいっぱい入るから、痛みはすくないんだけど動ける範囲が狭まる。
っていう感じなのかな?

不思議ー。
スポンサーサイト

 

電撃劇場文庫

電撃劇場文庫電撃劇場文庫
キノの旅 the Beautiful World 劇場の国 -KINO-
時雨沢恵一:著
黒星紅白:イラスト
灼眼のシャナM
高橋弥七郎:著
いとうのいぢ:イラスト
いぬかみ! スペシャルエディション
有沢まみず:著
若月神無:イラスト

電撃ムービーフェスティバルの劇場限定発売の文庫。
3冊が箱に入っていて分冊不可。
いぬかみ!よんでねーよ。単発だけで大丈夫なのか?と言う疑問もあるのですが、キノの旅と灼眼のシャナの書き下ろし分があるとのことで、それ目当てに購入~。

キノの旅 the Beautiful World 劇場の国 -KINO-
プロローグ、エピローグは1巻のものと同じものの再録。
優しい国(2巻収録)の別バージョンと書き下ろしのキノがエルメスな話と、平和な国(1巻収録)の再録。
そして作者による各巻解説。

書き下ろしのキノがエルメスな話は、よくある人格が入れ替わると言う話しで、キノがエルメスになってて、エルメスがキノになってると言う話しです。
これはネタ的には面白みのない入れ替わり話しなんですけど、キノとエルメスの場合だと、人間とモトラド(要はバイク)ですからね。
立場が違いすぎて面白かった。(笑)
キノの普段の冷静さをエルメス(といっても中身はキノ)が担当して、エルメスのわりと考え無しなところをキノ(といっても中身はエルメス)がやるとこーまでうまく行かないかというのが。(笑)
キノの台詞通りすぐ、旅の途中で死んじゃいそう。というか、パースエイダーの弾が当たらないから、戦いになったらアウトだなぁという話し。

優しい国の別バージョンは作者が何処が違うか書いてるので、それを確認しました。
凄い重要な部分が無いのが2巻のバージョン。あるのがこの劇場文庫に収録されたバージョン。
どちらが良いのだろう?2巻には無い方が収録されたと言うことは、悩んだ末に作者はそっちを取ったってことだよね。
キノの「エゴだよ」と言う台詞がかかる対象が、このバージョン違いで大きく変わるところです。
結果的に台詞的には、かかる対象が変わるんですが、キノの心情的には変わらない。
でも、劇場文庫のバージョンだと、読者によってキノの心情の取り方が変わる可能性が高い。でも作品の完成度としては、おそらくは劇場文庫のバージョンの方が高い。
悩みどころだったろうなぁ。
もし、優しい国がこの劇場文庫で初めて収録されたんだったら、このバージョンで収録されただろうな。2巻の時点でこれをやっちゃうと、キノと言う人物像がまだそれほど描かれていない段階だから、仕方なかったかも。
キノが冷静で冷たいだけの人物ではなく、優しい所のある好人物であることが分かっている今だからだせるんだろうな…。

作者による各巻解説…。未だに気づいてない人が多いですと連発されますが…。
1つ、はがねも気づいてなかったのがありました。
つーか帯はずさねーもん!きがつかねーよっ!
全部初版でもってるんだぜー!必ず帯付いてるもん!きがつかねーよっ!(笑)
要は全部のあとがきが普通じゃないって話しなんですけどね。
9巻のあとがきは確かにまともだったよ。違和感感じたよ…。負けた。(笑)

灼眼のシャナM
短編集0に収録されたオーバーチュアと書き下ろしのノーマッドの2つの中編を収録。
映画で展開された小説第1巻の内容の直前直後の話しと言うことで、この2編を収録したらしい。
小説としては書き下ろしなのであるが、ノーマッドも以前ドラマCDで出てる内容であると言うことで、全く新しい話しが収録されている訳じゃないのが、キノの旅とは違う所。
はがねはドラマCDは聞いてないので、ノーマッドは初でした。
映画の前後と言うことでシャナが「ただの」フレイムヘイズであった頃のオーバーチュアと、シャナ言う存在になった後の対比があって面白かった。
ノーマッドのシャナはまだシャナに成り立てで、あまり変化があった訳じゃないはずなのですが、本編の進行度合いに引っ張られた感じなのか、1巻の後より、悠二との親密さが少し上がっている様な気がします。
しばらくもっと素っ気なかった感じがあったんですけどね。

ノーマッド自体は、ちょっと悲しい話し。
燐子であるノーマが、今は亡き主であるフリアグネの痕跡をたどって、悠二にたどり着くと言う話し。
単純で、フリアグネからすれば道具のような立場だったからこそ、高性能ではないが故に、純粋な、とても純粋な忠誠心から行動しているノーマがちょっと可哀想な話しだった。
勝てないと分かっていたのに。逃げもせず、シャナに向かっていくしかなかった悲しさがそこにありました。
なんか、フリアグネは部下には優しい(愛しいマリアンヌとか言って人形撫で回してるちょっと微妙なお方でしたが…)紅世の王だったので、もしシャナにフリアグネが打たれなかったら、このノーマは幸せだったろうなと思いました。
もう少し、高度な能力を持っていたとしてもそうでしょう。
なんか、ペットが飼い主に向ける忠誠心。それが思い浮かびました。
ノーマの姿格好も丁度、猫のぬいぐるみですしね…。

いぬかみ! スペシャルエディション
短編2編収録。それと、作品紹介の数ページのコミックと、犬神紹介が載っています。
収録された2編は、犬寺狂想曲ホテルバージョンというのと、女たちのバトルロワイアル。いぬかみっを読んでる会社の先輩に聞いたのですが、女たちのバトルロワイアルは9巻だかに載ったのの再録だそうです。
犬寺狂想曲ホテルバージョンというのは、冒頭に作者の註釈があり、3巻に載ったののプロット版みたいなものでお蔵入りしたバージョン違いだそうです。
そのほか、いぬかみっのコミック版を担当してる方によるショートコミックでの作品紹介と、登場する犬神のキャラ紹介が載っています。
いぬかみっ本編を読んでいないはがねにとっては、このキャラ表は凄く助かった。
顔のイラストが載ってるので映画でのイメージでどんなキャラか把握出来たので。

話本編は、映画と同じようなノリというか、あーアニメ化の際に比較的原作に忠実な制作が行われたんだなと納得。
普通に、ギャグ小説(?)として面白かったです。

 

持久系に難ありだなぁ

今日はいつもとは違うトレーニングをジムでしてきた。
仲の良かったインストラクターのおねーちゃん(バイト)が、今月末で退職するので、最後にスタジオプログラムに出てくださいよーといわれ、まぁ、最後だし、出るよーと言って出てきました…。

普段はパワー系のトレーニングをしているはがね。
倒れてからは、本調子に戻るまでは、持久系にシフトしたつもりではいたんですが…。
持久力に難あり!

今日出てきたスタジオのプログラムは筋力トレーニングと、いわゆるビート系のノリを組み合わせたもので、持久系筋トレを行うプログラム。
持ってるウェイトはフリーウェイトなんですが、倒れる前までベンチプレスで使ってたのの1/5とか1/7くらいの重さなので、全然平気だぜーと思ってたんですが…。
きっちー!!

胸の運動は全然平気だったんですが、スクワット系と腕(裏側)と肩(これは元々弱い)めちゃくちゃ辛かった。
持久系は苦手ー!!
つーか、スクワット自体は出来るんですが、スクワットのボトム状態からかかとを上げてくださーいってなんじゃそりゃー!!(笑)
腕裏の運動の時は肘しめてねーって、締めにくるし。男は腕の構造上しまらないんだってばさー。(笑)
つ、辛いからっ!

でも、いつものトレーニングでは省いちゃってる種目がけっこうできた。
しかし…。最後だから出てくださいよーって、こっちの状況はよく知ってくるくせにぃ!(笑)
鬼って言ってあげた。今までの感謝の気持ちを込めて。
ぼくの体調とか気にしてくれてて、すごい感謝してます。
だから、約束どーり、ちゃんとでましたよー…。
初めてなのに、上級者向けってなんじゃそりゃと思いながらも。(笑)

ま、自分の弱いところを再確認できた。
それだけでも感謝だなぁ。
そのインストラクターさんは明日までしか居ない。でも家が近所。
また会えたらいいな。

 

ちょっ、それちがうから!

今朝、自動改札でPASMOの読みとり機のところに、従来の磁気カード式の定期券を押しつけて通ろうとしてる人がいた。
当然、自動改札はしまっちゃうんですが、その人は気づかずそのまま通過…。
後ろにいた、はがねがつっかかることに。

ちょっ、それ違うから!(笑)
PASMOはそんなにぺらぺらじゃないから!
つーか、それどうやって入ったのっ!

なんで今頃、そんな勘違いしている人が居るのか、すげー謎。
みんな、そうやって通ってるから、それで通れると思っちゃったのかなぁ。
謎。
でもちっと笑った。
笑わせてもらったから、はがねが自動改札つっかかったと勘違いされたのは、勘弁してやろう。(笑)

 

大人の事情は読者には迷惑なんだぞ。

書評でもよかったんだけど、コミックだったので、雑文で。
ローゼンメイデンと言うコミックがあります。
アニメも2期作られるほど、人気のある作品です。
で、最新刊の8巻がでたのですが…。薄い。ちなみに、これが最終巻で7巻まではほぼ同じ厚さで刊行されてました。
この状況ですから、なーんも知らなくても何かあったなと思うのが普通ですやね。
普通、コミックの最終巻で最後ページ数が規定に足りなければ、書き下ろし等を入れたり、過去の未収録作品を乗せたりして前の巻と同じ厚さか、より厚いサイズで出しますもんね。

大人の事情って言うのがあったらしいです。
要は作者側と出版者側でトラブルが生じて連載打ち切りと言うことになったため、規定の話数がそろわない状況で出版されたということのようです。
事前にその情報を知っていたので、覚悟はしてましたが、やっぱしなぁ…案の定、読者を裏切る様なぶつ切り終わりかと。

はがねも商用目的ではないですが、小説書いたり、絵を描いたりするので、創作者としての立場は分かるつもりです。
何より、途中で作品を放棄しなくてはならない状況に陥った時、嫌な思いをするのは作者です。
どうやら、作品に対する待遇がものすごく悪かったらしく、満足のいく出版体制が取られないのなら、作品を続けられないと言う判断は理解できるものです。
ただ、1読者としては、それは作者と出版社の問題で、作品を読ませてくれと言う欲求は満たされないわけで…。
しかも、同人とかって制作体制は全部、作者が整えないと行けないわけだしね。
読者としての立場から言わせて貰うとやっぱし、大人の事情で作品が途中で終わっちゃうのは迷惑。
しかも人気作品でそれにお金をつぎ込むことは問題無いわけで。

どうもあの終わり方を見るに、続きを別会社でと作者は考えてるんだろうなと想像できるんですが、受け口が無かったら、ずーっと読めないのかなぁ。
確かに、主人公が殻を破ったところで終わったので、それで終わりですよと言われれば、そうなの?と不満顔でも認めなきゃ行けないかも知れないですが…。
地獄の引きって奴ですよ…これ。
この先どうなるの!っていう所でぶつっと終わり。
どうも納得いかないなぁ。やっぱし。

途中から出版社変更なんて良くあることだけど、なーんも予告も無しに後3話で終わりねってかんじだったみただからなぁ。
あまりにも急だったから今後のめどってのが全然読めない。
他社にうつるなら、うつるって言ってから一旦〆ね。ってかんじにしてほしかった。
ネットでみると、結構失望したっていう意見が多い。
でもそれ以上に待ってる人も居るだろうから、ちゃんとどっかで続きを発表して欲しいな。

ローゼンメイデン 第8巻

PEACH-PIT
幻冬舎コミックス

このアイテムの詳細をみる

 

いまでもいるんだなぁ…

今朝、雨が降ってたせいもあって、バスが混んでいた。
元々混んでいる上に、はがねが利用するバス停は乗車待ちの人が多いバス停。
当然といえば当然なんですが、並んでる人の内、数人ずつしか乗れなかったりする場合がある。
今日がそのパターン。
でも、はがねが利用しているバス停は朝はものすごい数のバスが通るバス停。5~10分も待てば乗れないということはない。
今朝もはがねが並んだ時点で、バスが5台くらい道の先に見えているという状態だった。

その状態で、どんな急いでいるか知らないが、はがねの数人前に並んでたおばちゃんが、2台乗れなかったのに対して憤慨し、バスに怒鳴りつけ、前に並んでる人を押しのけて次のバスに乗ろうとした。
降車口からも乗車させるために、バス会社の人がバス停で待機してるので、他のお客さんも待ってるのだからと戻ってくださいとさとされて戻ってきた。不満たらたらであるが。
で、次のバスが比較的空いていたので、そのバスで結構乗車できた。
バスに乗るとき、運転手に文句つけてた。

で、はがねが乗るバスでは、2種類のお客さんが居る。
道が混んでる場合を想定して、電車の駅(バスの終点)の1個前のバス停で降りて歩く人と、そのまま乗る人。
はがねは時間にかなり余裕を持ってるので、雨に濡れたくないし、そのまま乗車。
例のおばちゃんはというと、そのまま乗車してた。
で、雨の日ってのは、送迎の車がいるので、駅前は混雑している。だから当然バスは進まない。はがねはそれは予測済み。
他のバスに乗車したままの人もそうであろう。1人を除いて。
バスが進まないことに不満をたらたら喋っている例のおばちゃん。時計を気にしている。急いでるなら、さっきのバス停で降りればいいじゃんと思った。
で、駅のバス停に到着して、バスが停車する位置は3箇所あるのだが、一番奥まったところの停車位置まで来た。それにも怒ってた。
この時間だったら、どこそこの駅に着いてる時間だよとつぶやいてた。

はがねが見立てたところ…。そんなところまで行けるほど、いつもと違うわけじゃない。
実際、はがねは、渋谷でいつもの次の次のバスに乗った。
数分から10分程度しか遅れていない。ちなみにおばちゃんが言った駅までは、20分くらいかかる。
バスが停車した位置にも文句を付けていた。
こんなところまで来ちゃって!と…。

結局、そのおばちゃんは自分のことしか考えてないんだなぁと思った。
周りの状況も判断しないで、文句ばかりたれている。
しかも、周りの人に愚痴を聞かせるがごとくの話し方。というか話しかけて同意を求めてくる。はがねはしかとぶっこいたが。
イヤホンしてたから、聞こえてませんよっていう振りしてたんですけど、しっかり聞こえてた。
むかし、オバタリアンっていう、周りを気にしない自分勝手なおばちゃんを揶揄した言葉がはやったが、その典型。
周りどん引き。
もしかしたら、駅で駅員に文句言ってたかもしれない。見失ったのでわからないが。
自分勝手な人はとことん自分勝手だなぁと思った。
第一、そんなに時間を気にするなら、1個前のバス停でおりろや。はがねや周りの人に愚痴いわないでさ。
周りの人もすごーく白い目で見てた。
今でもいるんだなぁ。あーゆーひとって。最近は減ったと思ってたけど。

 

今日はこまったちゃん…。

朝。
夕べちょっと夜更かししてしまったので、くぅの散歩は母にまかせ、ゆっくり寝ていたはがね。
朝食時に、くぅが臭いのよという母の台詞。

どゆことー?
どうやら、夜中吐いたらしく、しかも吐いたものの上に乗っちゃったみたいで、くちゃい。
吐瀉物は普通の吐いたものだったようですし、朝、食欲もあり、元気だったので問題なしなんですが…。
ついてしまった臭いが…拭いたり、ペットの体臭取りとか使ったんですが、とれなかった…。しくしく。
シャンプーは先週したばかりなのに…。
なので本日のくぅさんはくちゃい子なのです。(泣)

夕方。
今日は雨なのでお散歩はパス。
ので、しーしーはおうちの中なのですが…。
普段家の中でもちゃんとトイレシートの上で出来る子なのに…なぜか今日ははずしました。
てか、はがねの部屋にはトイレシートないですから!
なんでしーしーするのに場所探しににーにぃの部屋にくるですかっ!
しかもはがねが目を離した隙に、なんでにーにぃの座椅子の上でしてるですかっ!
がーん…。

さすがにしーしーがしみてしまった座椅子はこのまま利用は出来ません。
ふき取れないし。洗えないし。
しかたないので、座椅子は破棄…。
座椅子はちょっと使いにくいもので、換えたいなぁと思っていたので、良い機会なんんですが…。
なんで今日はこんなに困ったちゃんですか…。
うわーん。

 

はがね家の土日

はがね家では土日は家族でくぅのお散歩に行きます。
夏なので、朝はちょっぱやです。
というか、普段平日の起きる時間に、散歩に出かけます。

帰ってきて、ブラッシング。
きれいきれいしてる間に、母が食事の支度をします。
そして人間もくぅも朝ご飯。

そして…。
寝る。
人間もくぅも寝る。
ちょー寝る。
とくにはがねとくぅ。
昼までおきません。

最近、くぅさんはテレビが付いててうるさいと、自分のサークルがある部屋で寝っ転がってます。
つーかどこでも気分の向いたところで寝っ転がってますので、暗い部屋は危険です。
暗いところに入る前に一度電気をつける癖が付きました。(笑)
それはいいんですが…くぅのサークルがおいてある部屋ははがねの部屋の隣の部屋で、くぅが来るまでは本棚部屋と呼ばれていました。(はがねの本棚が置いてあるため)
今ではくぅの部屋と呼ばれてるのですが…。くぅがこの部屋を使うのはお留守番の時(サークルに入れられるため)と、食事の時(サークルをいやがらないように食事はサークルでです)の時だけだったんですが…。
夏になり、北側にあるくぅの部屋は涼しい&人が通らないので静かということに気が付いたらしく…。
そこで寝ます。もーそれは、起こさない(くぅが好きな音=がさがさ音をたてると、おやつやらご飯と思って起きる)限りは延々と。(笑)

その部屋の向かいにあるはがねの部屋でははがねが。
居間では母が寝ます。
土日の午前中ははがね家は誰も起きてません。(笑)
朝早い時間だけ、全員起きているという変な状況です。
夏だからしょうがないんですけどね。
9時とかになったらアスファルトが熱いんだもん。いやーん。

 

渋谷の大型犬の謎とけた…

先日、渋谷で大型犬が散歩してるのが疑問という記事を投稿したんですが…。
謎が解けました。
某、温泉施設が吹き飛んだので、渋谷の奥地が高級住宅街だって事を知りました。

確かに高級住宅街が近辺にあるなら、大型犬も居るよなぁ。
確かに、アフガン・ハウンドみたのは、某温泉施設が近い場所…。

なんか、爆発事故で知るってのは微妙だけど。
渋谷と世田谷って隣り合ってるし、犬多いんだなぁ。

 

2日つづけて…恐怖!

昨日、今日と出勤時に駅のトイレに行きました。
最寄りの駅の多目的トイレが空いてたので、そこで。

昨日。座る前に「ごき」を発見。
座るものの「ごき」への恐怖で便意後退…。
本日。
し終えた後に、「ごき」と目があう…。
いそいで拭いて、脱出…。

はがねはちっちゃい頃から、昆虫が苦手です。
駄目ランキングがあり、「ごき」は第2位の生理的恐怖を与えてくる生き物です。
トイレなどという密閉空間で、「ごき」に遭遇した日には、絶望感たっぷりです。
しかし、何故か「ごき」は駅などのトイレで出没します。

…多目的トイレで良かったよ。
まだ空間があるもの…。

会社で話しをしたら、先輩が言ってた…。
「ごき」はある一定の温度がないと飛ばない。
それって逆を返せば、昨日今日くらいの温度があったら飛ぶってことじゃねーの?
想像すると…もはや…。
怖くて駅のトイレに行けません…。

ちなみに。
昆虫でも堅い殻がある系統の甲虫類やトンボは平気です。
蟻や蜂(蜂は刺されるという恐怖はあるものの)も生理的恐怖は感じません。
蝶、蛾のたぐいが1番苦手。高校時代、授業中、教室に入ってきた蝶に恐怖して教室を逃げ回りました。次点が「ごき」、3番手は蝉です。
この3つは生理的恐怖で、全くかないません…。

 

BLOOD+ 04 ナンクルナイサ

BLOOD+ 04 ナンクルナイサ

池端亮:著
Production I.G、Aniplex:原作
箸井地図:イラスト
角川スニーカー文庫


このアイテムの詳細をみる

最終巻。
TV版の最終エピソードであるニューヨーク編と終章が収録されています。
今までの巻はあとがきが無かったんですが、この巻には著者の池端さんのあとがきと、TVアニメの監督だった藤咲さんの解説が収録されています。

解説を読んで気が付いたんですが、この巻ではずいぶんシフ(モーゼス、カルマン、ルルゥ)の心情が丁寧に書かれています。
小夜が休眠期に入る事もあり、活躍しないというか、アクションシーン以外は寝てることが多くて、その分、他のキャラクターに焦点を当てれたと言うことでしょうか?
確かにシフについてはかなり細かい心理描写がされています。
さすがにここまでアニメという映像媒体で伝えるのは難しいよなぁと思いました。それでもI.Gの作品ですから、かなり描写されてるんですけどね。
後はカイと、ディーヴァ側のシュヴァリエが、丁寧に描かれた感じを受けました。
そのおかげで、ずいぶんと、ディーヴァ側のシュヴァリエについては、どういう考えで動いていたのかってのが分かるようになってます。
アニメ見てるときは、やっぱしアンシェルとネイサンはかなり謎が多かったんですが、結構、このノベライズを読むとその辺が丁寧に書かれているなぁと思いましたね。
ネイサンに付いては面白い解釈で設定が書かれてたなぁ。これが、当初からあった設定なのか、小説版で付け加えられた設定なのか、よく分からないけど、面白いってかんじた。アニメだと、ネイサンの立場や行動って理解出来なくて、しかも、ディーヴァのシュヴァリエっぽくないところがあったんですよね。シュヴァリエの宿命に縛られていないっていうか…。
その辺がアンシェルの仮説として、描かれているのですが、とても面白い解釈でした。

BLOOD+をノベライズでまとめて体験しなおして思ったのは、人となりを形成するのは先天的な要素じゃないよなと思いました。
優しい心で接してくれる人がいた小夜と、ものは与えられても心の触れあいが無かったディーヴァ。ディーヴァ側の関係って一方通行の心情ばっかしなんですよね。
アンシェルはディーヴァを結果的に実験動物的な視点で見てるし、ネイサンは一歩引いてたし、ソロモンは義務としてディーヴァと関わっていた。カールの視点はディーヴァにはなく、結果的に小夜に対する固執として現れていたし、ジェイムズは愛してくれていたが、依存。
対して、小夜の方は、ハジ、カイ、リク、ジョージと言った家族といえる人物を初め、赤い盾の人達も、友人も、シフも…みんな、頼り頼られる信頼関係と言うのが結べていた。
最後にはソロモンまでも、無償の愛を傾けてくれたり。特にカイとハジの存在がでかかった。頼っても良い、そして、頼られることもある。そんな関係がちゃんと構築されていた。
結局、人がどんな風な人物になるかって、周りの影響だよなぁ。
初代ジョエルが、人として育てるのを逆にしてたら、小夜とディーヴァは逆に育っただろうし。

ディーヴァの子はいい子に育つだろうな。
カイが育てるんだから。
そう思えるエンディング。全くアニメと同じ何だけど、文章でみるとまた新鮮だったな。
でも頭の中では終章を読んでる間には元ちとせの「語り継ぐもの」がリフレインしてましたけどね。アニメの終わり同様に。(笑)

 

日傘…

朝。出勤の為、バスに乗って外を見ていたら、日傘をさした女子高生が歩いてた。

確かに、この時期は真夏より紫外線が強いので、日傘は悪くないアイテムです。
が。
なんか女子高生が使ってると違和感があるアイテムだなぁって思った。

よくアニメなんかでは薄幸の美少女の必須アイテムですが、あれは服が白いワンピースだからこそだよなぁとか思ったり。
女子高生の制服姿って元気、うるさいの代名詞的に思ってたから違和感ありまくり。

はがねの勝手な思い込みではあるんですけどね。(笑)

 

それはわんこの為なのか?

会社からの帰宅途中でパピヨンを見かけました。
元は茶と白のパーティカラーであったろうパピヨンです。
そのパピヨンは白い毛の部分を黄色や緑や紫といった色で染められていました。
体の半分ほどは染められている状態だった。

…。
飼い主さんはそれがかわいいと思ったのかな。
ぼくにはそのパピヨンがかわいそうに思えた。
ぼく的には、パピヨンはあまり好みのわんちゃんではないんですが、それでも、パピヨンはパピヨンらしい良さがあって、自然にそのままで十分かわいい、わんこだと思うんですよね。
人間の都合で、毛を染められて、なんか哀れな気がした。

人間に飼われている時点で自然じゃないって言う人もいると思う。
でも、飼い主と飼い犬は家族。
それは確か。
くぅもぼくや母に甘えても、他の人には甘えない。
くぅがちゅーしてくれるのは、ぼくと母だけ。決して他の人にはしない。
家族という絆があるからとぼくは思ってる。
だから、くぅの為になんかしてあげたいと思うし、くぅを大切にしてる。
くぅを立派に見せたいとか思うこともある。
でも、そのためにくぅに負担を掛けるのは嫌だ。

洋服を着せたりってのは、まだましかなと思う。
くぅも洋服は着る。でもほとんどは、寒さ、暑さ(日照)対策。
普段は裸んぼである。
そのまんまで十分かわいい。
他のわんちゃんも、ぼくは出来れば、服とか着てない姿を見たい。
そのわんちゃんの良さって素の状態にあると思うんだよね。
必要以上に手を掛けちゃうと、それはわんこにとってどうなんだろう。
ちょっと考えさせられた。

シーズーとかビションとか、毛を染めてる子多いよな…。

 

Red fraction / MELL

Red fraction

MELL
ジェネオン エンタテインメント


このアイテムの詳細をみる

TVアニメBLACK LAGOONのOP主題歌CD。
I'veのプロデュースで、MELLのメジャーデビューシングル。
初回盤ではPVとメイキングが収録されたDVDが付属します。
楽曲は、C/Wとして別バージョンが収録され、インストゥルメンタルと併せて、Red fractionだけで3曲の収録となっています。
ノーマルバージョンはハードロックぽく、C/Wバージョンはテクノロックっぽいアレンジになっている。

Red fraction
TVアニメのBLACK LAGOONは第1期が終えた後、半年後に第2期が開始されましたが、OP、EDとも変わりが無く(話数Noも第2期は13話から始まる完全に制作期間の関係で2クールものを半分に割ったと想像できる形だった)、1期、2期ともこの曲が主題歌となっています。
全編英語歌詞が付けられた曲で、他のI'veの曲(はがねが知ってるのだと、灼眼のシャナや、Airで使われたもの)に比べ、キックの聞いたハードロック調の曲になっています。
そも、全編英語歌詞ってのも大きな違いですが。
普段のI'veの曲はデジタルの打ち込みだってすぐ分かる音なんですが、この曲は打ち込みというより、ドラムやベースを重視した感じになってます。(でも、打ち込みでそれらの音を出してるだけに思えますが…)
曲はとにかく格好良いっ!BLACK LAGOONの劇中で主人公(ヒロイン?)のレビィが、音楽をカセットで聞きながら、大立ち回りをするシーンがあるんですが、その時に聞いてた曲ってこの曲みたいな曲だろうなぁと思いました。
全編英語詞というだけでも歌いにくいのですが、すごく早口でスラング等が混じってるようで、これがちゃんと歌えるというだけでMELLの歌唱力の高さが伺える。しかもこの歌詞、MELLの自身の作詞である。
インストの歌詞カードはすごく読みにくい上、訳詞が付いてないのだが…必死こいて訳して見るとすごく切ない歌。
BLACK LAGOONのレビィの曲と言えば、全くその通りなのだが、そのような考え方をするしかない世界を描いた、BLACK LAGOONの世界観にすごくマッチしているが故に、すごく切ない歌に感じる。
強がっていても、安らぎがないのは…頼れるものが、それしかないってのはあまりにも寂しくないかい?

歌詞検索キーワード:"Red fraction" "Get down on your knees"

 

にゅぅ

きゅぅ。
今日はちょっと頭が痛い…。
勘弁して欲しいなぁ。
先週は調子がすごく良かったんだけどなぁ。
はしゃぎすぎたかなぁ。

今日も調子が良ければ運動行きたかったんだけどなぁ…。
なかなかうまくいかないものだなぁ。

 

BLOOD+ 03 ボーイ・ミーツ・ガール

BLOOD+ 03 ボーイ・ミーツ・ガール

池端亮:著
Production I.G,Aniplex:原作
箸井地図:イラスト
角川スニーカー文庫


このアイテムの詳細をみる

第3巻。TVの第3クール目にあたり、パリ編の後半(前半は動物園編なので)とロンドン編が収録されています。
この巻は物語で言えば「転」のところに当たる重要なパート。
ちょっとノベライズとしてはいまいちな、この作品ですが、期待はしたいところです。TVで受け取れなかった文章媒体であるという特性を生かして描かれているかというのがすごく気になりながら読み始めました。
この部分は多くの登場人物の心情が揺れ動いていく大切な部分ですので、その補完をちゃんとやってほしいなぁと思いながら読み進めることに。

パリ編とロンドン編では中心になってる人物が異なります。
これは仕方の無いことですね。パリ編までは小夜があくまでメインキャラで書かれていますが、ロンドン編では小夜がいったん退場してしまうので、カイがメインで書かれています。その他にもパリ編でもカイがメインで活躍してるところはほとんど削られることなく描写されてるなぁと感じました。
パリ編でカイの活躍が削られていないということは心情描写の部分が削られてないっていうことなんですよね。ノベライズの持つ、文章媒体でしか伝えられない事を多く含む部分が削られずに描写されていると言うことです。
とは言っても、パリ編もProduction I.Gの作品ですから、アニメでも必要な情報は伝わってきたんですけどね。
やはり文章という媒体は心情描写に向いている。アニメよりすっきりした形でカイがイレーヌを救いたいと思った心情などが入ってきます。
でも、文章内で言及してなかったんですが、シフの話から、小夜やカイは、小夜の血がシフを殺すってことに気が付かなかったんだろうか?
小夜がイレーヌに血を与える時に思い悩んだ理由の中に、シフがディーヴァの血を元に作られている=小夜の血を与えられると死んでしまうという、状況予測がされていません。不思議。誰も気が付かなかったのだろうか?特に小夜やハジ、リクなんかは気が付きそうだけどなぁ。

赤い盾崩壊のシーン=リクが死亡する近辺の話では、後の話で重要なディーヴァがリクの子供を身ごもるという話が出てくるのですが、アニメでは描写が無くて、何時子供作ったの?と思ってたんですよね。
アニメでは小夜、ハジ、カール、カイ達の戦いが描かれていて、ディーヴァがリクを誘惑するシーンは会話だけでほとんど描かれてませんでした。
小説を読んで、あーそうかと気が付いたり…。考えてみれば、土6という時間帯にそんなシーンは流せませんね。ガンダムSEEDは流して、PTAからつるし上げ食らいましたし。(笑)
小説でも言及されているのは、ほんの少しですが、そういう行為がこの時間に行われましたレベルの描写は有ります。納得。
小説だから出来た描写でしょう。リクの内部だけ描写されてましたから。これをアニメで描くのは難しいよなぁ。

ロンドン編はほぼアニメ通りに進みますが…。
余分な要素をごっそり削除。
というか、カイに思いを寄せるモニークのエピソードは完全に削除され、モニークは登場せず。
まぁ、真央がいるので立場がかぶりますしね。小説は紙面が限られてますし、その分は良いでしょう。

総合的に考えて、必要な描写がちゃんとされていて、ノベライズとしても単体の小説としてもいい感じがしました。
ノベライズとして、だんだんできが良くなってる気がしますね。
元々、小説としては十分なレベルでしたもんね。

 

メガテリヤキを食べてきた

今日は通院で、通院すると帰りにだいたいお昼ですので、渋谷でお昼しました。
本日は心に決めていたメニューが。
マクドナルドのメガシリーズ第2弾。メガテリヤキです。

前回のメガマックは2度ほど食しましたが、腹一杯ですね。
セットのポテトは他のセットと違ってSサイズでしたが、肉が倍になっていたので、物足りなさは感じませんでした。
ただし、味自体は、メガマックとビックマックでは肉の量が違うだけで変わりがないので、その点では新メニューっぽさは無かったですね。

で今回のメガテリヤキはどうだったか。
まずびっくりしたのがメガテリヤキ単体でカロリーが900kcalを越えているのに、セットのポテトがMサイズだったこと。
ポテトをSサイズにする代わりに、さらにナゲットが付く、スペシャルセットがあるのがびっくりしました。
どういうこと?そんなに客をメタボリックな罠に誘いたいのかマクドナルド?とか思っちゃいました。
とりあえず、量的な満足度がメガマックと一緒だったらスペシャルなセットは命取りですので、普通のセットにしました。

まず気になっていた包装。
メガマックやビックマックは紙の箱に入ってくるので食べるときに崩れると、手が汚れます。
ただでさえテリヤキはソースで滑りやすいので懸念してたのですが…。テリヤキマックバーガーと同じ、内側がソースが浸透しないように加工された紙での包装でした。バーガー自体を崩れないように紙の枠で囲って、それをその紙で包むというもの。枠をはずして、紙で包んだ状態で食べてくださいねという配慮が感じられてグー。

そして、肝心のお味ですが。
所詮、テリヤキマックバーガーをビックマックの形にしただけと侮っていましたが、思わぬ伏兵が居ました。
チーズ。
そう。ビックマックにはあって、テリヤキマックバーガーにはない食材が、メガテリヤキには入っているのです。
そのチーズのおかげで、味がテリヤキマックバーガーとは違うという見事な仕上がりです。
はがね的には、チーズが入ったおかげでまろやかさが増したように感じ、おいしく行けました。
メガの名は伊達じゃない。
肉の量だけで勝負してないところが今回のメガテリヤキの良いところと察しました。(笑)

んで、ポテトのMサイズですが、多く感じませんでした。
そう、カロリーは高いんですが、ソースのカロリーですので、食べた後の腹具合ってビックマックと同じくらいなんですよ。
恐ろしい罠です。
はがねだと、ビックマックのセットにもう一品、単品のバーガーを足して食べれちゃいます。
普段のビックマックに何か足すくらいだったら、カロリーはメガテリヤキと同じくらいですから、そんなに気にしなくても(気にしろよ)良いんですが…。
メガテリヤキに追加するのは超危険です。
食えちゃいそうですが冷静になろうね。ビックマックの倍弱のカロリーがあるんだよ。
メタボ直行メニューです。恐ろしいです。マクドナルド。

さて。
お店はそれなりに混んでたんですが、はがね以外にメガテリヤキを食べてる人いませんでした。
メガマックの時は売れて売れてしょうがなかったみたいですが、メガテリヤキはそれほどでもないようで…。
まぁ、これだけメタボリックが騒がれてる時に、このカロリーのメニューはねぇよなぁというのが本音ですが。
ぶっちゃけ、はがねもこれはもう1回はいいな…と思っちゃうメニュー。
スペシャルセットは気になるんですけどね。(笑)
後1回食べるか?(爆)

 

何処に住んでるんだろぅ?

はがねは会社から渋谷経由で帰宅します。
体調が悪いときや雨が降っている時は歩くのを避けるため、都合良く会社の目の前のあるバス停から、バスにのって帰るんですけど…。

バスの中からいろいろなわんちゃんが散歩しているのをみます。
渋谷に近いところでよく見かけるのが大型のわんちゃん。
昨日はアフガン・ハウンドを見ました。
その他にも渋谷近辺で見たことがあるわんちゃんは…。
ダルメシアン、シベリアン・ハスキー、シェパード…そして、セント・バーナード。

セント・バーナードなんて渋谷の駅前を散歩してました。
ご主人様の横をゆったりと悠然と歩く姿は、さすがセント・バーナード。
堂々としてました。歩道橋を普通に歩いてるんだもんなぁ。(笑)

そこで疑問。
渋谷近辺といえば…。一般家庭なんてあるの?という場所です。
ぶっちゃけ、お店やらオフィスやらはいっぱいありますが、一般住宅は正直なさそうな場所。
あるとしても、1DKや1LDK主体の個人向けのマンションが主体。
そんな中、ぶっちゃけたはなし、うちの近所より、でかいわんちゃんがお散歩してるわけですよ。
うちの近辺で一番でかいのはアラスカン・マラミュートなんですが、大きな通りの向こう側であんまりあわないというか、遠目に眺めるだけ。
普段会うのは、ゴールデンやラブラドールやフラットコーデットといったレトリーバーのたぐいが最大です。
お散歩中ではくぅ(6kg弱)で、大きい方の部類ですもん。

それなのに、渋谷のそんな繁華街の中で超大型犬に会う…。
一体何処に住んでるんだろう?
もしかして、実は渋谷から超遠いところから散歩してきてるのか?
疑問はつきないのです。
そこまで大型になっちゃうとマンションは辛いだろうし、戸建てでも庭があること前提だと思うんだけどなぁ…。
庭がある家なんて渋谷近辺でみないよなぁ…。
ふしぎー。

 

青空とキミへ / 米倉千尋

青空とキミへ

米倉千尋
キングレコード


このアイテムの詳細をみる

米倉千尋の26枚目のシングル。
米倉千尋のシングルとしては珍しくアニメやゲームとのタイアップがない。
DVDが付いていて、青空とキミへのPVが収録されています。
C/W曲僕はShine!!と、それぞれのインストゥルメンタルで計4曲収録。
アルバムKaleidoscopeに両曲とも収録されてます。

青空とキミへ
米倉千尋らしい躍動感のあるポップな曲。
作詞、作曲は米倉千尋自身の手によるもの。
夏が来たことで、行き詰まり感のある都会の生活しか思い描けなかったことに気がついて、もう一度夢をみて走り出してみようかっていう曲。
それを思い出させてくれたのは、暑い夏の風と、「キミ」との思いで。
少し前の夏の出来事という曲。
ちっひーの曲にはオーソドックスなパターンの曲ではあるが、やっぱし彼女にはこういった歌がよく似合う。
夏って良いよね。自由な感じがあるよ。

歌詞検索キーワード:"青空とキミへ" "コンパス" "スコール"

ボクはShine!!こちらの曲も作詞、作曲は米倉千尋自身の手によるもの。
これは日常の中はこんなだけど、夢を見るのを忘れないようにしようって言う曲。
面白いのは明らかにShine!!(輝く)と「社員」を掛けてること。(笑)
歌に歌われてる主人公は会社勤めをしてる人。その日常は微妙だけど、夢は忘れないで、あきらめずに焦らずに行こう!っていう応援ソングでもある。
こっちの曲も舞台になってるのは夏。そうして考えてみると夏で統一されてるシングルだねぇ。
シングル自体の発売は6月末(去年のね…)だったから、夏というにはちょっと早いが。

歌詞検索キーワード:"ボクはShine!!" "戦闘態勢" "墜落寸前"

 

Fairwings / 米倉千尋

Fairwings

米倉千尋
キングレコード


このアイテムの詳細をみる

米倉千尋10枚目のアルバム。大台にのったんだねぇ。
てことは、うちには10枚ちっひーのアルバムがあるんだなぁ。
あ、ベスト版1枚もってるから11枚か。
ちなみに、この記事書いてる時点で11枚目のアルバムである、Kaleidoscopeがすでにリリースされている。それも持ってるのではがね宅には12枚あることに…。
8枚目のazureまでと9枚目のCheersでちょっと路線変更(というより前の形に戻った)した感じが有りましたが、より、初期の頃の米倉千尋のファンにはうれしい変化があった気がするアルバムに仕上がってます。
Wikipediaでみると、各アルバムのオリコン順位が書かれてるんですが、昔の方が売れてたのね…。
SPRING~Start on a journey~以降がくんと順位を落として、Cheersで100位以内から脱落…。この辺は曲の路線が変わったことで古くからのファンが離れたんだろうなと想像出来ます。(ただし、ベストアルバムは20位と好調な売り上げなのをみると人気はあるのが分かる)
Cheersで路線を元にもどしたのが良かったのか、Fairwingsでは少し持ち直してます。

何曲かピックアップしてレビュー。

永遠の花(album mix)
オリジナルの方はシングル購入時にレビュー済み
正直、あんまり違いが分からない。(笑)

春風
TVバラエティのチューボーですよのEDテーマソング。
米倉千尋ってアニメ歌手なイメージがありますが、気がつくとこういったTVのバラエティ番組のテーマソング歌ってたりする。(笑)
作詞作曲が米倉千尋自身によって行われている曲。
花いっぱいのジャケット写真はこの曲をイメージしたのかな?
暖かい春らしい曲。
ちょっと大人になって季節なんて関係なくなっちゃってたのに、ふと、春を感じて春の優しさを感じましょうという曲。

歌詞検索キーワード:"春風" "ペダル" "希望と鞄"

Rain
作詞作曲が米倉千尋自身によって行われている曲。
イントロ部分から最初のAメロ部分のギターのメロディがすごくかっこいい。
ちょっと、悲しげな歌詞を力強く歌い上げています。
雨の中で泣いていれば、周りには分からないですよね。
普通、憂鬱なイメージを受ける雨の、優しいイメージの一面が歌われていて、珍しい楽曲だなと言うのが最初の印象。
別れの曲なんですが、それを雨が隠したり、洗い流して次の出会いに満たされる準備をしてくれるよという曲。素敵な曲だなぁとおもった。

歌詞検索キーワード:"Rain" "細い水糸" "雨は優しく"

Cross
シングル永遠の花の収録曲。シングル購入時にレビュー済み

ALIVE
シングル購入時にレビュー済み

笑顔に花束を(album mix)
オリジナルの方はシングル購入時にレビュー済み
あんまり違いは無いが、こちらの方が曲が落ち着いた感じになっている。

Calling
プレイステーション2ゲーム「戦神 -いくさがみ-」主題歌。
インストにはBONUS TRACKと書かれてるんですが…。
元は収録する予定がなかったのかな?なんでボーナストラックなのか分からない。
ゲームのイメージにあわせてでしょう、和風なイメージのスローなメロディになっています。
戦いで失われていく命を嘆き、その愚かさに気づきなさいという言うメッセージ性の込められた曲。作詞は米倉千尋自身のもの。

歌詞検索キーワード:"Calling" "気高き使命" "哀しき運命"

 

BLOOD+ 02 シュヴァリエ

BLOOD+ 02 シュヴァリエ

池端亮:著
Production I.G,Aniplex:原作
箸井地図:イラスト
角川スニーカー文庫

このアイテムの詳細をみる

第2巻。TVアニメBLOOD+の第2クールに該当する部分のノベライズ化。
ロシア編と、動物園編が収録された形になっています。

2巻全体を通して思ったのが、1巻に比べてノベライズ化に当たり削られた部分が多いなぁと言うこと。
状況描写については、この巻で展開された第2クール分は、シュヴァリエを初めとする翼手の戦闘能力の高さなどがアニメでクローズアップされてくると言うところですので、充実してると言って良いでしょう。
また、ロシア編ではTVでは、相当気を付けてないと見逃してしまう部分(リーザが殺害されアンシェルが入れ替わる下り)等は、文章と言う面で補完というか、一気に情報が入るので分かりやすくなっています。アニメだと種まかれたのと、種明かしまでに数週間挟まるので、そんなのわすれたよーっていう状況でしたが、その辺は文章媒体と言う特性を活かしてうまく説明されています。

では、どこが削られたか。
小夜が活躍している部分以外。
ぱっと削られたーってすぐ分かるのは、デヴィッドやカイ達がテッド.A.アダムスに会いに行って翼手に遭遇する事件と、真央と岡村が謝花組のお金に手を出して沖縄から出て、小夜(真央にとってはカイ)を追う旅にでるという部分が、ちらっと描写されるだけにとどまっています。
真央と岡村の方はどうでも良いんですが(良くはないか…)、カイがテッドの研究施設で翼手に遭遇するシーンは、今後の展開に取って重要な部分なんですよね。
家族のつながりという点に対して、カイに疑問を投げかける部分なので。
翼手である小夜を家族であると認められるか?と言う最初の問い掛けですから。この巻が出た時にはまだ、TVでBLOOD+は放映中でノベライズの作者さんは、BLOOD+の家族のつながりという面を理解してなかったんでは?と思ってしまう大胆な削り方です。

その分、小説版であるこの作品は小夜に視点が集中しているんで、作品世界に入りやすく、読者は小夜の視点以外の余分な情報を入れずに読んでいけるんですけどね…。
これは良い面でもあるかと思います。
この作品も通常の小説にくらべると登場人物が多いんですが、登場人物の多さに振り回されて視点があちらこちらに飛び、読みにくい作品ってのも結構ありますから。
それを考慮してるのであれば、カイの心情描写や小夜が出てない部分は重要な所であっても削ってるのは当たりと言えるかも知れません。
でも、カイは小夜にとって重要な人物で、この先の物語の展開上、最重要な人物なのですから(カイが小夜、シフ、赤い盾の間に入って、それぞれを繋いでいく)、その心情に影響を及ぼすようなシーンは削らないで欲しかったなぁ。

アニメ本編を知らなかったら、出来が良い作品だと判断したろうなぁ。
話し自体はBLOOD+で面白いですし、小夜を中心に分かりやすく書かれてますし。
ちょっと1行空けて欲しい場面転換部分で、空いて無くて、ん?と思う部分がありますが、それも1巻から比べれば減りましたし。(笑)
ノベライズ作品だと、ノベライズとしてはオッケーだけど、単体作品としては不足ってのが多いけど、この作品逆だなぁ。
ノベライズとしては不満があるけど、単体作品としては十分面白い。

 

早いなぁ

朝。バスの中で、携帯でメールを打ってるお姉ちゃんがいた。
しばらく、その入力スピードを見てたんだけど…。
すごい早いなぁと感心。

1文字1文字打つの自体早いんですが、見てるとミスタイプが非常に少ない。
はがねなんて携帯メール打ってるとついつい、ボタン押し過ぎて、消したり直したりが多いんですが、そういう修正はほとんどしない。
しかも、各所に絵文字を入れる余裕さえあり。

それだけ携帯のメールを利用してるって事だろうけど、あのスピードには感心しますね…。

 

おや?ウェイトが軽い

今のジム行くペースはまちまち。
体調の良いときにだけ、軽運動というのが基本スタンスです。
本当はばりばり、ウェイトトレーニングしたいんですが、持久力を付けるような回数をめどに運動してます。
それでも、会社で疲れちゃってたりするので、行けるのはまだ月に数回程度。
前みたいに週何回って定期的に行けてないのが悲しいところです。

今日は体調が良かったので、行って来ました。
お世話になったインストラクターさんが、今月退職すると連絡くれたので、それまでに会えれば良いなぁと。今日は会えなかったんですが…その人のシフトを聞いてきました。
まぁ、今月はまだ3週ありますので、なんとか会えそうです。

んで。
今日の運動ですが、上半身をメインに持久力を伸ばすように(軽負荷、高回数ってやつね)で、運動してきました。
あれ?
なんだかんだで、倒れちゃうのを懸念してたら5月は最初のGW中しか行けなかったので、ぶっちゃけ、1月以上空いちゃってるんで、また前回のでは辛い重さになっちゃってると思ったのですが…。
前回と同じ重さでウェイトが軽いと感じる。
もう一段、上げるほどではないんですが、ずいぶん楽に運動できる。
(といっても、壊れる前の半分のウェイトで、しかもフリーウェイトではなく、ウェイトマシンでですが…)

今日は会社でも、「最近、はがねちゃん元に戻りつつあるよね」と言われたんですよね。
会話なんかの調子とかが、壊れる前のペースに戻ってて回復してきてるように思えるって言われたんです。
自分ではあんまり実感が無かったんですよね。
相変わらず疲れやすいし、5月も運動ペースが結局前述のようだったので。
したら、今日はその精神面の調子だけじゃなく、体の調子も良かったみたい。
このまま、いい調子で行ってくれるとうれしいんだけどな。

でも、自分が直りつつあることが確認できた良い1日だった。
今日はなんかはっぴぃ♪

 

ぴあす

会社の隣が女子大なんですが…。
インターナショナル・スクールっていうんですか?外人さんのお子さま向けの小学校が併設されています。
通勤時にバスにのると、外人の子供が英語でわーぎゃー言ってるわけですが…。
わーぎゃー言い過ぎ。
しかもなんか日本語通じなさそうなので、注意もできん。
「be quiet!」っていえばいいんですが、たしか、それかなり高圧的な言い方なんですよね。
なんで、他の言い方があったはずーとか思ってるんですが…。

そんなことは置いておいて。

お子さま達は見るからに小学生です。
西洋人の子供は日本人より年上に見えますから、小学生に見える以上、小学生でしょう。
つーか、バスで子供料金みたいだから、小学生でしょう。
んで。
ピアスしてるこが、ちらほら居るんですよね。
子供向けによくある、マグネット式の穴空けない奴じゃなくて、ホンモンのピアス。
文化の違いなんでしょうか?
日本人だと、小学生でピアスしてる子なんて見ませんからねぇ。
つーか、学校で禁止しそうだし。
子供が自分で空けたとは思えないので、親が空けたんでしょうけど、子供のするもんじゃないよなぁとか思ったり。
はがねが子供だったとき較べて、日本もだいぶ欧米化が進んで、日本の文化というか風習は消えつつあるなぁって実感してるけど、こういうところについてはやっぱし未だ、日本と欧米の感覚ってずいぶんずれがあるんですね。
つーか、子供にピアスを許す欧米の親の感覚ってどんなものなのかなぁ?
自分がやってるから、子供がやっても良いって言う感覚?
ちょっと理解できそうに無いなぁ。
ピアスしてる子の親の意見を聞いてみたいと思った出勤中の一幕。

 

攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society O.S.T. / 菅野よう子

攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX
Solid State Society O.S.T.


菅野よう子
ビクターエンタテインメント


このアイテムの詳細をみる

攻殻機動隊SACの3作目が作られると言う情報があったんですが、TVアニメの2クール分26話と言う構成のものではなく、映画のような2時間1本という形態で発表された、Solid State Societyのサントラになります。
基本はOVA発売だったのかな?はがねは先行放送だったCSのペイパービューを会社の先輩に見せて貰いました。
攻殻機動隊SACは原作のネタを再構成して作られている感がありましたが、このSolid State Societyで一通り、原作のネタは使い切った感じです。
だから、この後攻殻機動隊SACが制作されるのは微妙な感じ。ということはこれが最後のSACのアルバムになる可能性がたかいかなぁというのが、はがねの印象です。
イラストにちょっとしたエフェクトを付けただけのジャケットなのに、すごい集中感があってかっこいい。

何曲かピックアップしてレビュー。
歌詞検索キーワードは探すの大変そうなのでなし。

player
OP主題歌。
菅野さんのアルバムではおなじみのORIGAとHeartsdalesによる楽曲。
ロシア語の曲の中にラップ部分があり、その部分がHeartsdalesの担当。
Heartsdalesは日本人のグループらしいが、日本人が歌ってるとはとても思えない。
2nd GIGの主題歌であるRiseでは戦士であると歌っていたが、今度は競争者という事が歌われている。
今夜は自分は競争者であるから、勝負を仕掛けられれば受けてたつよっ!と言う曲。
かっこいいが、Riseには劣るかな…。

date of rebirth
ED主題歌。
こっちもORIGAによる曲。でロシア語。ORIGAの母国語ですからしかたないですが、英語で歌ってくれー。(笑)
曲的には1stシーズンのlithium flowerや、2nd GIGのliving inside the shellに似た雰囲気ですが、過去2作の各話EDが男性曲だったのに対して、この曲は女性であるORIGAがボーカル。
そのためか、前の2曲がちょっとけだるいニヒルさが有ったのに対して、この曲にはそういった感じはない。
Solid State Societyのネタにふれるが、9課に草薙が帰ってきてこれから再始動するという曲です。

take a little hand
菅野風、何語だか分からない楽曲。(笑)
童話のような出だしではじまります。
なにか悲しい、雰囲気をもった曲で、ベトナムあたりの夕暮れ時?って雰囲気を持ってますね。
多国籍感ばっちりです。
誰につれられて来た結果だったとしても、選択の余地が無かったとしても、その結果、今があるのでなにも変えられない元には戻せないという悲しい内容の意味の歌詞が、インストに載っています。

 

攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX O.S.T.3 / 菅野よう子

攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX O.S.T.3

菅野よう子
ビクターエンタテインメント


このアイテムの詳細をみる

TVアニメ攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEXのサントラの3枚目。(タチコマ追悼のbe Humanを含めると4枚目)
第2期シリーズが地上波放送された際のOPが収録されています。
このアルバムも第1期シリーズ、第2期シリーズの区別なく、トータルしての3枚目と言う扱いですね。
主に2期シリーズの後半で利用された楽曲が入っています。
全体的に追加楽曲を集めましたと言うサントラですので、菅野さんの手がけたサントラによくあるそれ単体で、アルバムとしての完成度が高いと言う面においては、前2枚に劣る印象を受けます。
不思議ですが、2nd GIGの地上波放映時のOPである、「CHRisTmas in the SiLenT ForeSt」は収録されていますが、EDの「snyper」が収録されていません。
てか、「snyper」は収録されてるサントラがない!
白基調に十字のプリズムを通して浮かび上がる少佐の姿が印象的なジャケット。

何曲かピックアップしてレビュー。
歌詞検索キーワードは探すの大変そうなのでなし。

トルキア
菅野さんのアルバム買うとたまーに何語だか分からない曲がありますが、これもその1曲です。
劇中では捜査中とかに使われていたと記憶…。
なにせ1回見たきりだからなぁ、DVD買い集めてるんですが、まだ全部は集まってない特に2nd GIGは後回しになってるので。
こーいった雰囲気、中東っぽい感じですかね。結構好きです。
悲しい雰囲気ですね。そしてインストに載ってる日本語歌詞もなにかもの悲しい詞になってます。
ちょっと神がかったかんじ。

break through
歌なしの曲です。
テクノっぽいクラブミュージック?
今時のクラブで掛かってそうな曲。
昔風に言えばディスコで掛かってそうな曲。
てこてこひゅんひゅんて感じで疾走感はある曲なんですが…。
どーもシューティングゲームかなにかのBGMっぽいんですよね。

CHRisTmas in the SiLenT ForeSt
インストに載ってる訳によると「沈黙の森のクリスマス」。文字が意図的に小文字で有るべきところが大文字になっているので注意。
ネットとかで調べると、CHRisTmasのCをのぞいて全部小文字で書かれているのが多いです。
おどろおどろしい曲で、ちょっと怖い。
スローテンポで、おどろおどろしく歌われている、不安感を誘う曲。

dew
タイトルの通り、水滴が落ちる音から始まります。
外でイヤホンとかで聞いてるとほとんど聞こえないほどの音。
何語なんだろう。英語じゃないことは確か。
しかし、攻殻機動隊のサントラは多国籍感というのを出すためか、いろいろな言語の歌が入ってる。
訳によれば崩れ落ちそうになる心を歌っています。
悲しい響きの曲で、歌詞の意味を知らなくても、悲しくなってきます。

 

ほめられた

今日はくぅたんは病院~。
狂犬病の予防接種なのです。
1月に去年度の分をうったので今年度の分を2ヶ月ずらしてうつことにしたのです。
めんどくさいですねー。
接種した月を接種証に記載できれば、こんなことしないですむのに。
来年度からは4月に接種出来るように調整した結果です。

病院珍しくすいてた。今まで行った時は毎回混んでて駐車場とか大変だったのに。
病院前の駐車スペースがそも空いていた。
中にはいると、受付で先生が暇そうにしてた。(笑)

知らないところじゃないのですが、やはり病院にはあんまり良い印象は持ってない模様。
前回、血液検査で採血したから、それ覚えてたのかな?
入るときに嫌々してたので、抱っこして入りました。
で、即診察開始~。
ちょこんと、診察台に乗せられたら観念したのかお座り状態で待機。

おきまりの触診でちょっと太ったけど、これを維持出来れば全然問題ないとの先生のお墨付きを得て…。
予防接種の注射をちくり。
「なにするのー?」って感じで振り向きはしたけど、ずーっとおとなしかったので、先生とAHTのおねーさんにほめてもらった。
んで、3ヶ月分のフィラリアのお薬ももらって帰宅してきました。
どれくらいの数だすのか、聞かれたけど、毎月じゃ多いし全部じゃ間隔空きすぎるしと思っていたら、適当そうな2~3ヶ月分にしましょうかと言われたので、じゃ、3ヶ月でと。
やっぱし先生としては、なるべく多く来てもらって状態を把握しておきたいんだなと思いました。
だって、触診とかお金取られてませんからねぇ。純粋に薬代だけだし。

うわ、はえぇ、往復の時間併せて30分しかかかってないよ。
これも、くぅが先生のところでいい子してたので、時間が掛からないからなんですよねー。
暴れてると、やっぱし時間掛かりますから。
さくっと、終わって良かった。良い子良い子。

…フィラリアのお薬は高い…。(泣)

 

きらめく涙は星に / タイナカサチ

きらめく涙は星に

タイナカサチ
ジェネオン エンタテインメント


このアイテムの詳細をみる

TVアニメFate/stay nightの後半のOPテーマソングCDで、タイナカサチのセカンドシングル。
前のdisillusionとは異なり、これはアニメオリジナルの新曲となります。
C/W曲少年の夢とそれぞれのインストゥルメンタルの計4曲収録。

きらめく涙は星に
初めてアニメのOPで聞いた時、画面との連動もあって凄ぇ!かっけぇ!と思った曲。
disillusionはバラードっぽい曲でしたが、こちらはテンポの良い曲で、歌い方もかなり力強くのびやかな歌い方がされています。
間奏部分や最後の部分がテクノっぽく、ロックぽく、がごがこでこでこ言ってて凄く印象に残ります。アニメで使われてた時、その最後の部分がぶつって切れるですが、続く提供のBGMもこの曲だったのでどこで切れているのかよく分からなかった。(笑)
この曲は士郎の曲。
Fate関係だと、ゲームの方も含めてヒロインであるセイバーや凜、桜等の女性陣の曲が多いんですが、この曲は主人公である士郎の曲といえる。
ちょっと哀しみが感じられる1番から、それでも未来を信じてる感じのする2番の歌詞へと続いていくのは、作中どんな苦難にあっても、けして諦めないで自分の信じる「正義の味方」への道を突き進んでた士郎の姿に重ねると結構しっくりきます。
しかも、なんか隠されてた自分の輝きを知ると言うような歌詞が、無限の剣製を使うという士郎の道行き、能力を暗示しているようです。
ネットとかだと、Fateに合わないっていう評価とかも見ますが、はがねは凄くあってると思うなぁ。

歌詞検索キーワード:"きらめく涙は星に" "空を飾る" "輝き知る"

少年の夢
きらめく涙は星にがアップテンポなハードな曲だったのに対して、こちらは静かなバラード曲。
タイナカサチの声の特徴が生かせて、キレイだなぁと思うのは、こういうバラードの方なんだろうなぁ。でも、きらめく涙は星にの歌い方のが好きですけど。
この曲の一人称は女性。
少年の夢と言うタイトルに誤魔化されそうですが、ちょっと年上の女性が少年に対してのメッセージを語った曲です。
女性と言い切ったのはその優しさが女性っぽいから。男の人の優しさってこういう感じじゃないよなぁって思います。
転勤する小学校の先生が、気にかけてた男子生徒にメッセージを残しているっていう雰囲気の曲だというのが一番しっくりくるイメージかなぁ。(笑)

歌詞検索キーワード:"少年の夢" "電車の窓の外" "一番星を"

 

RISE / ICHIKO

RISE

ICHIKO
ハピネット


このアイテムの詳細をみる

TVアニメロケットガールのOPテーマソングCD。
RISEの別バージョンの他、2曲収録され、RISEの通常版とC/W曲2曲のオフボーカルが収録されてるので収録曲は全7曲。
ほとんどミニアルバムだねこのレベルだと。
ちなみに、CDのタイトルは…正確にはTVアニメ「ロケットガール」主題歌 RISEとなっている。最近では珍しい。
ほとんどはアニメの曲でも、ジャケットはアーティストのもの(キングレコードとビクターは裏面はアニメのジャケットになってるのが多いですか…)で、アニメ関係のタイアップしてますよーっていうのは、外装フィルムにちっちゃくシールで張られたり、後からはずせるようにというか本でいえば帯みたいなケースの外に付けられた紙の部分に書かれてるだけですからねー。
なお、C/Wの2曲も結果的に、ロケットガールの劇中挿入歌、最終話EDテーマとして使われた。

RISE
明るいアップテンポな曲。
前向きにがんばっていれば自由な未来を描いていたって、それは実現できるよっていう曲。でも、がんばりすぎる必要はないよっていうフォローも忘れず。
その辺の夢として描いた未来を空を飛べると言う表現がされてる辺りがロケットガールらしいかな。
主人公のゆかりは無理矢理宇宙飛行士にされたんだが。(笑)
明るくて気分が良くなる良い曲。

歌詞検索キーワード:"RISE" "口癖は" "自由に高く"

笑って!
アニメ最終話EDテーマソングとして利用された。
といってもほとんどナレーション(那須田所長の台詞)に隠されてて聞き難いが…。
お気楽な感じなフォークソング仕立てです。
毎日の繰り返しの中にあるちょっとしたことが幸せに感じられたらそれは幸せなことなんだよーという曲。
その繰り返しの中から、すばらしいことが生まれていくんだよっていうことが歌われている。
毎日の繰り返しを敬遠する曲が多いなか、この曲は新鮮だった。

歌詞検索キーワード:"笑って!" "陽が昇って" "よく笑った" "ヤケにせつなく"

誓い
アニメの11話の挿入歌として利用された。
ハイテンポで歌詞の内容も非常にかっこいい曲。
なんか、国と言う壁を越えて協力しあって、前人未踏の地でがんばる宇宙飛行士にはぴったりだ。
同じ誓いを胸に秘めた仲間同士なら、いつか巡り会えるし、支えあえる関係になると言うまさに宇宙開発な感じの歌詞ですね。
それを空を飛ぶ鳥に例えて歌っています。かっこいい。

歌詞検索キーワード:"誓い" "求める鳥" "同じ場所目指す羽"

 

BLOOD+ 01 ファーストキス

BLOOD+ 01 ファーストキス

池端亮:著
Production I.G,Aniplex:原作
箸井地図:イラスト
角川スニーカー文庫


このアイテムの詳細をみる

昨年10月までTBSのいわゆる土6枠で放映されていたTVアニメ、BLOOD+のノベライズ第1巻です。土6枠はガンダムSEEDとか鋼の錬金術師をやってた枠です。
BLOOD+自体は視聴率はあんまりとれなかったみたいですが…。
酷評されるほど、酷い作品ではなかったとはがねは思ってます。Wikipediaには人気でなかったって書いてあったけど…。
対象年齢がガンダムやはハガレンより高かったのと、時間帯が微妙だったのと、関連商品って何出すんだよってのと、腐女子が喜びそうなネタが無かったのがそう書かれちゃう要因だろうね。
視聴率的には悪かったかも知れないですが、CDとかマルチメディア展開を見る限り、人気があったと思うんだけどなぁ。

帯に書いてあるウリ文句は、「待望の完全小説化」です。
確かに完全な小説化だよ…。
そう思った。
要は、BLOOD+をテレビないし、DVDなどで見た人はこのノベライズを読む必要はナッシング。
アニメの出来が良かったからか、アニメから受け取れる情報量が多い作品だったんですよね。BLOOD+って。さすがProduction I.Gと言ったところでしょうか。
さすがに攻殻機動隊SACのように予算が普通の倍の作品と比べたら質は落ちるんでしょうけど、普通のアニメと比べたら高いクオリティを絵、脚本等全てにおいて誇っていたと思うんですよねー。全部見たはがねとしては。
で、小説なんですが…。
ノベライズで必要な、アニメで描けなかった部分の描写を追加するっていう部分が無いです。というかアニメで描けちゃってるから、それ以上の描写が難しかったんでしょう。
しかも、これ読んだ時点で最終巻である4巻が刊行済みなんですが、1クール1冊として書く予定にしたようで…。
紙面足りなくなっちゃってます。ベトナム編でのカイとリク側の描写がかなーり削られてます。というかベトナム編、削られまくり。

まぁ、全部買っちゃったし…。最後まで読みますが…。
期待してたんだが…。
繰り返すが…正直、アニメ見た人は、読む必要ナッシング…。
I.Gの作品はノベライズのハードルが高いよなぁ…。

 

« »

06 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト