FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

本日のくぅさん。

20200524-1-くぅ
もうぐったりですぅ。



昨日の夜。
Blogとか書き終わってから寝る直前の出来事。
くぅちゃんがいつも通り寝る前(あんまりよくないかも)のおやつをねだったので、少しボーロをあげました。
その後、水を飲んだんだけれども、それで吐いてしまって、しかも吐き気がずっと治まらないような状態。
正味、2時間くらい吐き気と戦い、戻ってくるぐぅーって音を立てながら歩き回り、15分に1回吐くような感じになりました。
といっても、ごはんはもう消化してしまっているし、ボーロは一番最初に吐いちゃっててもう何も胃には入ってないのに吐いてる。結果的に胃液を吐くことになっていて困惑。
といっても深夜の事だし、吐いている状態で病院に連れていけるのかと悩んだ末、横浜獣医師会で作られた夜間病院に電話して相談しようとなりました。
だけれども、横浜全体を支える夜間病院、電話が繋がらない。
そのうちになんとか吐き気がそれなりに治まって、寝ることができました。
水を欲している様子だったので、がぶのみするから下げたんだけれど、口を濡らせる程度の水量にして少し与えたら落ち着いたみたい。人間でも吐いた後、口の中をすすぎたいですもんね。
犬もそうだったのか、少しずつ、家族が夜間に何回か給水させたそうです。

朝、とりあえず。
小分けにして少しずつ少しずつごはんを与えて、若干少なくした量ですけれどごはんは食べることが出来ました。
でも、昨日の状態は不安だったので、かかりつけの動物病院に相談するために電話。
もちろん忙しいので、折り返し電話をくれて対応してくれるとのこと。
しばらく待っていると電話がかかってきて、昨日のエコー検査でお腹を押したことが原因かもしれないとのこと。朝、食事ができたのであれば、様子を見てくださいとのこと。
今日は午後休診なんですけれど、異常があったら連絡すれば対応してくれるということになりました。
一安心。

したところに昼食の準備をしていた家族がくぅちゃんと接触して、くぅちゃんが転びました。
その後、立てない。
左前足が突っ張って動かない。
動物病院はまだ午前中の診断をしてる時間だったので、慌ててくぅちゃんを担ぎ込むことに。
吐く件では僕が先生と話しをしたんだけれど、今回の件は、僕は寝てた間の事件だったので、状況が見えない。
家族に先生と話をするのは任せました。
そしたら、緊急で運び込んだということで、前に診察待ちしてた患者さんの飼い主さん2組さんが順番を譲ってくださったとのことで、すぐに先生の診断を受けることができたそうです。ありがとうございます。
そしたら診察してる間に回復していってて、脳震盪を起こしたんだろうとの診断を受けました。
あと、昨日のことを電話してたので、吐き止めの注射を打ってもらったそうです。

脳震盪ということで、今日は安静となったくぅちゃん。
昨日の今日でお散歩は今日は絶好のお散歩日和でしたけれどパスした状態です。
まぁ、仕方ない。
吐き止めが効いていることもあって、ごはんは吐かずに食べれました。
脳震盪の方も少しふらつく様子を見せるときもあるけれど、時間が経過するにつれもとに戻りつつあります。

昨日から、今日にかけてさんざんな目にあってしまったくぅちゃん。
可哀想でした。
ごめんね…。くぅちゃん。
スポンサーサイト



 

本日のくぅさん。

20200523-1-くぅ
ごはんをもっとくださいなのですっ!



今日はくぅちゃんはエコー検査でした。&レントゲン。
吐いちゃうようになってしまったのでこれからの対処を考える為&原因特定の為の検査です。
エコー検査では検査前の食事はご法度なので朝昼とくぅちゃんは絶食状態でした。
お昼前に病院に預けたのですが、食事時とかなんで僕はもらえないの?と不思議そうでした。可哀想ですが、あげれないのです。
始終、ごめんねごめんねと言いながらかわいがるけれどごはんはあげない、僕や家族の様子に何かあるんだとは察していたみたい。
怒られてもいない、嫌われてもいない、けどご飯食べれないなにかがあるというのは犬なりに考えたようです。
まぁ、途中からはふてくされてましたが。

エコー&レントゲン検査の結果としては、肝臓に少し肥大が見られることと食道の動きが悪くなってる(食道拡張)可能性ありでした。
肝臓の肥大はエコーでは癌かどうかは分からないのですが、このレベルなら仮に癌であっても初期の初期とのいうことでした。
先生と相談して、検査を続けるというのであれば肝臓の検査という事になるけれど、これは麻酔が伴う検査になるということで、家族とも話し合っているのだけれど、高齢なので麻酔リスクは検査程度では犯したくないという話をしました。
先生の出してきたオプションは胃のお薬を使う、胃と食道拡張を直す薬を使う、食餌コントロールで乗り切りるでした。
先生としては、今の状態だったら食餌コントロールで乗り切って、あまり吐くようだったら、薬を試すという方向にしましょうかという感じだったので、そのようにしました。
麻酔リスクは避ける方向でやっていく感じになりました。
肝臓は心配だけれど、それほど深刻になるレベルじゃないという事でまずは落ちつけ飼い主といったところでしょうか。

写真は病院から帰ってきて食事を与えてるところ。絶食後なので手で丸めたごはんを与えてます。
ごはんよこせの圧(ごごご)がすごい。
これの前にごはんちゅーるをあげたんですけれど、もう圧に負けそうになりながらあげてました。
しかし、ちゅーるって意外とあげにくいんだよね。
あげると離れないし。
あと、意外としょっぱいのか食べたあと水がぶ飲みする…。
水のがぶ飲みも吐く要因なので、水はあるていどでストップさせました。

とりあえず。
食餌の量とあげかたのコントロール頑張っていきます!

 

くぅちゃんとの日々。

20200520-1-くぅ
お散歩なのです。雨ふってるのです。



お散歩。今日は小雨が降っていたのですが、外に一度でてしまったので、くぅちゃんがお散歩だと思っているので、戻る訳にもいかず雨の中のお散歩になりました。
僕は傘をさして、くぅちゃんはそのままです。なるべく傘をかざしてあげてるんですけれどね。
被毛があるのでほとんど濡れた感じはしませんでした。
そんな、お散歩。ちょっと僕の精神状態がよくなくて、鬱っぽいこと考えながらだったんだけれども。
ちょっと気が付いたことがありました。
このコロナ騒ぎのせいで、僕は在宅勤務になったので、くぅちゃんのお散歩を普段は家族にお願いしているのを僕がやっています。
かれこれ1ヶ月ちょい。
1年に僕がくぅちゃんとお散歩に行ける回数とほぼほぼ同じ回数、お散歩に行ったことになるんじゃん。
くぅちゃんとの時間を1年分得したんじゃないかなって思いました。
高齢で、最近ごはんを吐いてしまうようになったくぅちゃん。診断中でまだ結論は出てないですけれど、もう15歳です。
飼い主としてはしなきゃいけない覚悟を脳裏に置いておかないといけない時期に入っています。
まだまだ、元気なくぅちゃんだけれども、この1年分、一緒にいる時間が増えたことは僕にとってはとっても幸せなことだったんじゃないかなぁって思いました。
いとおしいくぅちゃんがいつまでも元気で居られますように。
お空に願いながら。一緒にいる時間をこれからも大切にしたいと思います。

 

本日のくぅさん。


ごはんの後は寝るです。



くぅちゃんの吐くのはなかなか治まっていません。
週に2回か3回は吐く感じで、今のところ日の間隔では3日か4日おきくらい。昨日今日は連続しているかんじです。
吐くときは数日間連続ってのが今の感じですかね。
とりあえず、検査待ちではあるので、今のところは加齢による胃腸機能の低下によって、がっつきに対応できなくなってるというのを基準にして、小分けにしてごはんを回数わけて一度にお腹に入る量をコントロールすることで吐かないようにしている感じです。
小分けにしてがっつかないようにコントロールをしても吐いてしまうときはあるんだけれど、がっついて食べると確実に吐いてしまうので、ある程度はコントロールできている感じではあるのかな?
心配ではあるのですが、今は我慢して検査を待つという感じです。
歳をそれなりに取っているので、筋力も落ちてきているし、胃腸も弱ることもあるでしょう。
もしかしたら、重篤な病気になりつつあるのかもしれないです。
今のところ兆候は吐くということだけで、あるとしたらそれは、血液検査、尿検査では見つからなかった何かということになります。
どうなるかはわからないですけれど。
くぅちゃんとの時間を大切にしたいです。
何かできることはしてあげたい。
今まで一緒にいて慕ってくれた恩返しをするときに来てるのかなぁなどと考えちゃって落ち込んだりしてます。
当人は吐いちゃう以外はいたって元気なんですけれどね。

 

本日のくぅさん。


次をよそってくださいなのです。(ゴゴゴ…)


食事のときに吐いちゃうことが多くなったくぅちゃん。
写真のくぅちゃんは小さじ一杯くらいのフードを食べ終わって次をせがんでる様子。圧がすごい。(笑)
いまのところ、分かっているのはがっつきをしてしまうと、胃の中に入ったものを吐くということ。
がっつきしないように、匙ですくってフードボウルに入れてあげて、時間をかけて食べさせるようにしています。
感じとしては食道から胃に落ちる量が一度に多く落ちるとダメって感じに見受けられます。
今は検査などを段階的に動物病院でうけており、悪いところを特定しようとしているところです。

今日は狂犬病のワクチン接種をどうするかを相談しに動物病院に行きました。
そのついでにこないだ受けた血液検査の結果を聞いて、血液から見られる重篤な病気はない。けれども腎臓の値が悪いので腎臓が機能しているか見ましょうということで尿検査をすることになりました。
運よく、今日の動物病院の営業中に尿を採取できたので、再度、通院して(僕だけ)、尿検査をしてもらいました。
その結果、尿検査からは腎臓の働きが悪くなった傾向は見られないとのことで一安心。
次に考えられるのは食道や胃に新生物つまりは癌などが出来てないかエコーやレントゲンで確認すること。
これがクリアすると、あとは麻酔リスクを冒して胃カメラ検査をするかどうかという感じになります。
人間の病院とちがって、「検査をしろ」という先生の圧はなくて、どうするかはくぅちゃんの年齢も考えて飼い主の僕らが決めてくださいという感じでした。

家族と相談して、エコー&レントゲンは予約を入れました。
重篤な病気があったとしてそれが発見できれば何か手を打てるから。
手術はくぅちゃんが高齢ということもあってリスクも高いので自然に任すという判断にしようねと家族で話し合って決めているのですが、手術をしないでも何か病気があった場合に投薬などの治療の選択肢を取ることもできるので、エコー&レントゲンは受けることにしました。受けるなら早いうち(なるべく今月中に)ということだったので、今月中の予約を取りました。絶食が可哀想なのとお毛を剃られちゃうのが難点ではありますが。
飼い主としてできうる選択として受けることにしました。
これで何もなければ後は胃カメラということになるんですけれど、こちらは麻酔リスクがあるので、パスする予定です。

まぁ、先生の話ぶりからすると、エコー&レントゲンで何も見つからなければ、胃腸が歳相応に弱ってると判断していいんじゃないかなぁと僕は感じました。先生は明確なことをいうにはラストまで検査をしないと言えない感じではありましたけれど。
まぁそこは先生という立場では不明確なことは言えないでしょうし。という感じ。

とりあえず。
ごはん小分け、時間かけ作戦は上手くいっていて、吐く頻度は減りました。
これがうまくいって吐かないでごはん食べられればいいのですけれど。あと、検査で何も出なければいいなと思っています。
あ、今日病院にいったそもそもの理由の狂犬病のワクチンについては、先生の判断で猶予証明をもらうことになりました。
高齢だし検査中であるというのが理由です。
当人は元気そうなんですけれど、検査中で何かワクチン接種がダメな病気になってないとは言い切れないのでとのことでした。
しかたなし。
制度としてあるので、きちんとワクチン接種してる皆さんには申し訳ないですが、今回はこの制度を使わせてもらうことにしました。
くぅちゃん、狂犬病ワクチンで体調くずしたこともあるので、吐くという症状がある以上、あまり無理はさせたくないですからね…。

 

本日のくぅさん。


はいちゃったのでおなかすいたのです。
ふてねするのです。


くぅちゃんは15歳の高齢犬。
それなりに高齢ならではの問題ってのはあってですね。
その一つに食が細くなって吐くというのがあります。
くぅちゃんは食べるのがものすごく好きで、食べるときはがっついて食べる癖があります。早食いですね。
で、何が悪いのか、こちらも計りかねてるのですが、吐くことが多くなってしまいました。
今日は、結局3食にわけて与えてるフードを毎回吐いちゃってる感じ…。
ちょっと心配なのです。
いろいろ調べてみた結果としては、嘔吐ではなく吐瀉というほうに含まれてる様子なんですよね。
吐瀉が起こる原因としては早食いや空腹、フードが合わないなどの原因があるそうです。(ネット調べ)
とりあえず、明日、病院に連れていくことにしました。ちょうど、シャンプーの予定だったのですが、この状態ではシャンプーできるかわかりませんし。
先生に相談してから決めたいと思います。
フードが合わないんだったら変えればいいのですが、1回の食事量を減らして小分けにするとか、ふやかすとかそういった対処はもうすでにできる限りやってるつもりではあるのですけれど。
うまくいかないです。
吐かない時もある、吐くときもある。
まぁ、高齢なので仕方ないのでしょうか…。
いたって当人としては元気で、吐いたあとそれを食べようとしたりするくらいなので、食欲はある。元気でもある。下痢とかはしてない吐瀉物に血とか混ざってない。未消化のものが戻ってる感じというところで、重篤な要素はあまりなさそうではあるのですけれど…。
あまりに続くと心配ですからね…。
素人判断よりは先生にみてもらって相談しようと思います。

 

15歳!


たんじょうび?それおいしいの?


本日は我が家の愛犬、くぅちゃんの誕生日。
満15歳になりました。
もう、りっぱに老犬ですね。

1歳8か月でうちにきたくぅちゃん。それなりに大きかったけれど。今よりかなり体重も少なくがりがりのやせっぽちでした。
ブリーダーさんから来たのに…。
想像するに、ブリーダーさんでの食事の取り合いに負けてたと思ってます。
家に来てごはん独り占めできるから太ったけれど、病院で適正ってずっと言われてますからね。
とりあえず。いままでいろんなことがありました。
ママの入院や僕の入院。くぅちゃん自身のヘルニアなど大きな事件を乗り越えてきました。
ママの入院時には下痢しちゃったり。僕が入院から帰ってきたときはずっと僕から離れなかったり。
ヘルニアのときには1月にわたるケージレスト頑張りました。
若い頃は雨の日も雪の日も嵐の日もお散歩に行きました。日に2回。
それがだんだん歳を取るにつれて体力も落ちて行っているのが顕著にわかるようになりました。
お散歩で遠出ができなくなったり、寝てる時間が多くなったり。
でもまだまだ元気。
毎日のお散歩は日に1回になってしまったり、距離もあるかなくなったりしましたが、これはヘルニアの事を考えてこちらでコントロールしていること。
くぅちゃん的にはもっと歩きたい感じ。まだまだ元気です。
歳を取り頑固さには拍車がかかりました。(笑)
そして、食べる食べる。もりもり食べます。元気です。
とても元気。とっても嬉しいことです。
これからも元気で居てね。くぅちゃん。

お誕生日おめでとう!

 

本日のくぅさん。


ひさしぶりのにーにぃのベッドなのです。



くぅちゃんもお歳をめしてきたので、いろいろできないことが増えてきました。
階段がダメになったので、僕のベッドに自力乗り降りできなくなっています。
なので、この冬は僕の部屋にいるより居間で自分のベッドに入ってることが多くなってますね。
今日はあえて僕のベッドに乗せてみました。
ちょっと自力で降りれないということから不安そうな感じでしたけれど、すぐに安心して、こてんと横になって寝てました。
わんこも歳をとるとできなくなることが多々あるので、注意してあげないといけないなと常々思っています。

 

家の中でも油断はできない。


今日もかわいいくぅちゃん。



さて。
若い頃は外でしかうんうんをしなかったくぅちゃんですが、歳を取ったせいもあるのか、最近は家で排泄を済ませてしまうことが多いです。
大も小もね。
それはそれで良いのですが、たまに飼い主であるぼくら人間の不意を衝く事態が発生します。
おしっこはシートの上でやるので、外したとしてもシートの周りが汚れるだけなんですけれど、くぅちゃんは一度汚れたシートは使わないので(汚れてた場合は周りが汚れることになる)毎回変える必要があります。
まぁ、これは良いです。不測の事態ではありません。お金がかかるだけです。
不測の事態。
それは、何故かシート周りじゃないところにうんうんの断片が落ちていることがあること。

くぅちゃんも歳をとったので括約筋とかが弱ってきてるのは確かでしょう。
それで、ぽろっと排便後に残っていたのが漏れ出ることもあるでしょう。
また、くぅちゃんは長毛種。お尻から後ろ脚にかけての飾り毛が長い犬種です。うんうんをいたしたときに、毛に絡まったものが後で動き回ったときに別の場所に落ちることもあるでしょう。
つまり。
家の中のどこかにくぅちゃんのうんうんが落ちていることがある。

油断が出来ません。
それは不意にやってくるのです。
ずっと、落ちてるのが無かった日が続くとおもえば、いきなり毎日1個くらい落ちてる日が続くこともあります。
ここのところは落ちてませんでした。
油断してました。
踏みました。

がーん。

しかもうち、スリッパ使用家庭なので気が付くのが遅れると、被害が広がることに。気が付くの遅れました。
被害甚大です。
朝踏んでしまって、片付けに手間取ってしまい、出勤する時間が遅くなりました。
まぁ、片付けの途中で後は家族に任せたんですけれど。
はがせるマットが敷いてあるところははがして、洗濯。
はがせないカーペットは直にゴシゴシ洗いです。
いや、参りました。
まぁ、わんちゃん飼ってるところではあるあるだと思うんですけれどね。
若い子だとまだないかな?老犬になってくるとあるあるだと思います。
皆さんも気をつけよねぇ。

 

本日のくぅさん。


お花と僕なのです。
きょうはよるの雨でじめんがぬれぬれなのです。


今朝のお散歩。
今年の夏から、くぅちゃんのお散歩は減らして午前中だけにしています。
ほんとはもっと連れ出してあげたいんだけれど、暑い中でのお散歩は高齢のくぅちゃんには負担がでかすぎてお散歩後のぐったりするのが夏前でひどくなったので、朝の涼しい時間帯だけにしています。
もともと、くぅちゃんのお散歩はヘルニアの問題もあって、再発させないためには長くはしないでくださいと言われているので、1日1回の20分程度に収めるようにしています。
そうなるといける範囲ってのが固定化されちゃって、ちょっとかわいそうなのですが…。
まぁ、お友達に会えることが多いので、まだよいかと…。

今日は昨夜降った台風影響の雨が上がった直後くらいのお散歩でした。
なので、地面は濡れちゃっていて、くぅちゃんのお腹側の毛はびっしょりでした。
フィリヤブランとくぅちゃんを収めていますが、この後、くぅちゃんはしばらく花の臭いをかいでいました。というより、ここ、お友達が臭い付けしてるからね。縄張り確認です。

くぅちゃんはおっとりしているようで自立心は強い派で、縄張り意識は結構つよいです。
怒ったりはあまりしませんが…。
縄張りの確認は欠かさない派です。
年齢と飼い主側の判断で、確認させてあげられる範囲が狭くなっちゃったけれど、まだまだ確認しますよ。

 

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト