FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

本日のくぅさん。


ねむねむなのです。
スポンサーサイト

 

本日のくぅさん。


お外行きたいですぅ。


雨が降り続いています。
なのでお散歩お預けされてます。くぅちゃん。
若い頃はおうちで絶対うんちやおしっこをしなかったので、どうしても外に連れ出して上げる必要があったのですが、歳をとって丸くなったのか、家でやってくれるようになったので、無理に散歩に連れ出す必要がなくなったので、ずぶぬれになる可能性のある雨の日はお散歩はお休みにするようになりました。
あんまり濡れるの、良くないですしね。
あんまり長雨が続くようだと、雨脚が強くないタイミングを見計らってお散歩に行くのですが、今日はお休みになりました。
なので、当人としては外に出たそうです。
でも、明日から明後日まで天気が荒れそうなんですよね。お散歩できない日が続きそうです。

 

本日のくぅさん。


にーにぃの枕きもちいいのですぅ。


土曜日に歯周病治療で歯をいっぱい抜かれてしまったくぅちゃん。
だいぶ、様子が安定してきました。
ただ、人間が1本歯を抜いただけで疲労困憊になるところを、何本もぬかれてしまっているので、お疲れの様子。
あと、病院に預けられたとき、不安だったみたいで、少し甘えるようになってますね。最近は。
普段、そっけない素振りを見せることが多い自立心の高い子ですが、さすがに今回はこたえた様子。
なるべく、僕や家族の近くから離れようとしないです。
そして、ぐっすり寝てることが多いですね。
寝るのが多いのは体力を回復させてるからだと思います。しばらくしたらもとに戻る感じだと思います。
よくがんばったねってほめてあげてます。

 

本日のくぅさん。


おくちいたいのですぅ。


今日はくぅちゃんの歯周病治療の日でした。
朝から絶食して全身麻酔に備えて午前中に動物病院にあずけました。
たぶん、午後一くらいに全身麻酔の上で歯周病でダメになった歯の抜歯とまだ大丈夫な歯のクリーニングを行ってもらいました。
お泊りになるか、今日帰ってくるかは麻酔明けの状態を見てということだったのですが、夕方連絡があり今日連れて帰ってくることになりました。
迎えに行って、まずは状態を聞きました。
麻酔に関しては問題なく、歯の治療もつつがなく終えれたとのことでした。
抜いた歯の本数と残っている歯の本数。結構抜かれてしまったので今までに抜けた歯の分も合わせて半分以上はくぅちゃんは歯を失ってしまったことになります。
ごめんねダメな飼い主で。
あと、口の中に何か傷のようなできものができていたので切除しましたとのこと。これは良性だと思うとの先生の所見でしたが生検に出しますかと聞かれたのでお願いしてきました。
で、ケージに入っていたくぅちゃんとご対面。かなり興奮した様子。怖かったし痛かったんだろうなぁ。
どうも麻酔から覚めた後、興奮しっぱなしだったので、お泊りより家に帰って落ち着いた方がいいだろうとの判断が下されたとのことでした。
あまりにも興奮が続くようだったら連絡くださいとか、いろいろと指示をもらって帰宅。
ごはんはあげれないのですが、痛がる様子がなく、食べることが出来そうであれば少量をあげてくださいとのことだったので少しだけウェットフードをあげました。
ぺろりと食べ上げて、もっとくれ状態でしたが、これ以上はダメと言い聞かせました。
しばらくの間は抗生剤の服用をして、来週様子を見せに行くことになっています。
なんにせよ、無事全身麻酔を乗り切ってくれてよかったです。

 

本日のくぅさん。


だんだん涼しくなってきたのでベッドが良い感じなのですぅ。


くぅちゃんの歯周病治療の予約を入れました。
今週末。
今から不安でいっぱいです。
わんこの場合、歯の治療は全身麻酔。くぅちゃんの年齢を考えるとぎりぎりのタイミングです。
今をのがすと、今度は麻酔リスクが高くなりすぎて、歯周病治療をしないリスクを上回っていきます。
なので、最後の歯石とりと考えて予約しました。
不安がっていてもしかたないし、獣医さんを信頼して預けるしかないんですけれど。
とりあえず、血液検査やエコーなど事前検査はばっちりで問題なしで突破しているので、乗り越えていけると信じたいと思います。

 

本日のくぅさん。


病院でおなかそられて、ぐりぐりされたよ。



今日はエコー検査の日でした。
エコーの邪魔になってしまうので胃の中の内容物をなくすために朝から絶食。
ごはんと喜びながら家族に近寄ったら、「ごめんね、今日はご飯ないの」と言われてきょとんとするくぅちゃんが印象的でした。
病院からこれくらいなら与えてもよいと言われた程度のヨーグルトとお芋でお食事終了。
午後一の検査までの絶食となりました。
おやつの時間にもらいに来るんだけれど、そのたびに今日はないと言われてしょぼんとしていました。
検査ではおなかの毛をそられて、ぐりぐりエコーの機械を当てられてましたが、最初は怖がって震えてたものの、おとなしくされているくぅちゃんが可愛かったです。

検査の結果ですが、まず、頼んでいた血液検査は若干正常範囲から出っ張ってる値の項目はあるものの、気にするレベルで出っ張ってるわけでもないし、おおむね正常と言っていい値だと言われました。
エコー検査でも問題のある部位は見つかりませんでした。
空吐きの原因は結果的につかめずです。
とりあえず、お薬はあまり効果がなかったのでいったん中断して、先生にそのげふげふしている状態の動画を撮影してきてくれないかと指示されました。
実際にどんな状態を示しているのかを言葉で説明されるよりも、目で見た方がよさそうという判断で、僕がスマホで撮影するということになりました。(家族にそういったデジタルデバイスの操作は難しいので)
撮れたら見せるということでそれまでは様子見しましょうとなっています。検査の結果、急を要するような所見は見当たらなかったので。

歯周病関係の歯石取りについては、やはりやる方向で調整しましょうという方向になりました。
まず、くぅちゃんの年齢を考えるとリスクが少ない状態でできるのは今が最良で、これからはリスクは高くなる一方であること。
歯石がかなりついてしまっているのでそれはやはり取った方がいいこと。
それらを考えるとやるなら今から数ヶ月以内にというのが理想という感じでした。
これは家族と話し合って、やはり、お願いすることにしようと決めました。時期はまだ決めてませんが、とりあえず空吐きの動画撮影後にと考えています。
先生に聞いたところ、牙は残せそうというか、牙は今の状態を見る限り抜かない方がよさげということで、最低限牙は残して上げれそうです。
重要なのは牙より奥の臼歯だとは思いますが、そこは歯石が付いてしまっているので、残せるかはクリーニングしてみてということになります。

さて。
動画撮影頑張らないといけません。
日中いない僕が撮影するので少ないタイミングで何とか撮影成功させないと。
くぅちゃん、絶食やエコー頑張った。偉かったです。

 

本日のくぅさん。


満面のえみですぅ!

当人(犬)は満面の笑みともうしておりますが、病院で興奮してはぁはぁしてるだけです。
むしろ嫌がって興奮している姿なりです。
さて、症状ですが、食道炎、胃炎などを押さえる薬で様子見となっていましたが、最初の数日は症状が改善されたように見えたものの、その後はもとに戻ってしまっていました。
その様子を伝えたところ、食道炎や胃炎ではなさそうという話になりました。
そうなるとやはり気になるのは歯周病、または何かの菌による炎症ということで、抗生剤で1週間様子を見ましょうということになりました。
また、歯周病治療を見据えて麻酔の前検査ということで血液検査をすることにしました。
精密検査になるので、結果がでるのは1週間後。この期間のこともあるので抗生剤での様子見です。
1週間後に結果を聞きに行くのですが、その時に原因特定と麻酔の前検査を兼ねてエコー検査をすることになりました。くぅちゃんはそれなりの年齢なので、ここで検査しておくのもいいだろうという判断です。

最終的に歯周病治療を全身麻酔下で行うかの判断はまだ結論は出してません。
先生からストップがかかるかもしれませんし、リスクとの相談というのもあります。
今の状態がどのような状態か確定した段階で安全にできる保証が少ないなら、麻酔での治療はさけようかとも考えています。
その辺は先生と今後も相談していきたいところ。
さらっと治せればいいのですけれどねぇ…。人間の歯科治療みたいにできればいいのですけれど…。
飼い主としての決断を迫られている感じです。
くぅちゃんにとって一番いいことを選択していきたいと思います。

 

本日のくぅさん。


にーにぃいつもおなじような写真ばっかり撮ってるのです。
たまにはぼくのかっこいいところをですね。

くぅちゃんの様子。
とりあえず、お薬で症状は少し緩和されているのですけれど、完全に治まったわけではなく、今日はちょっとよくない感じ。
心配は心配なのですけれど、とりあえずは先生との相談をしつつというスタンスを崩さずに行こうと思っています。
少し緩和されたということは、お薬で症状を押さえられる可能性があるわけで、リスクの高い全身麻酔を避けることができるかもしれないです。
まぁ、歯磨きは別途頑張るとしてですね…。

写真は夜、家で撮ることが多いのですけれど、くぅちゃんとしてはゆっくりタイムなんですよね。
この時間にとると大体、同じ場所で同じポーズで寝てるので同じ構図の写真ばかりが増えていく…。
もう少しニコニコした顔とか撮ってあげたいんですけれどねー。

 

くぅちゃんの体調のこと。


先生と相談した結果。

まず気になっているのは空吐きするようなしぐさをする、ゲフゲフいうような咳のような声を上げることがあるということです。
で、一度、触診や心音を聞いてもらった上で問題になりそうなところはないということで様子見になったのですが、やはり症状は治まらず、飼い主としては歯石=歯周病の影響が気になるということで相談に行きました。
昨日です。

先生に症状と歯周病が気になるので全身麻酔の上での歯周病治療をしてもらおうと考えているということを伝えて、それでよいのか相談させてもらった上で決めたいということを伝えました。
先生と相談した結果出てきた内容はいくつかあるのですが、まずはレントゲンを撮ってみましょうということ。そしてまた触診して見ましょうということでした。
これはこの二つの検査は時間がかからないのですぐにでもできる検査だからです。
また、全身麻酔はやはりくぅちゃんの年齢だと負担になることがある、そのまま死亡してしまうケースもあれば、あとに何か後遺症が残るといったことも考えられるので、なるべくならば避けたい選択肢であるような先生の口ぶりでした。
空吐きの症状の原因が歯周病と断言もできないので、段階を踏んで最終的にこれしかないねということであればやりましょうという感じに提案してもらいました。
納得できる提案内容でした。

まずは触診の結果は相変わらず問題なし。
レントゲンの結果としては加齢による背骨の変形が見られるけれど、空吐きにつながる様な所見は見当たらないとのことでした。
何か腸内にレントゲンを透過しない小さなかけらみたいなのがあると言われたのですが、これは排便時に混ざって出てくる大きさだから問題ないでしょうとのこと。
何か、飲み込んだような様子はありますか?と聞かれたのですが、拾い食いとかしない子なのでそれはないですと答えた上で、抜けた歯の可能性はありますかと聞くと、その可能性は大いにあるとのことでした。
まぁ、これは便に混ざって排出されそうなので問題なしとのことでした。

次の選択肢としては提案されたのは、食道や胃などに何か炎症を起こしている可能性。
なので、まずはお薬で様子を見ましょうとのことになりました。
その後、症状が変わらなければ、エコー検査、血液検査を経て歯周病治療ということになっていく予定です。
血液検査はどの道、12歳という年齢もあるので一度本格的なものをお願いするつもりではいます。そうした方がよいとも提案をしてもらいました。

さて、問題の症状ですが。
昨日から薬を服用し始めて昨日は1度空咳のような症状がでましたが、それだけでした。
今日は一度も症状が出てないです。
ということは、お薬での治療でことが済む可能性がある?という感じです。
歯周病についてはきっちりあるので、その対策=悪化させない対策は必要としても、リスクの高い全身麻酔はこのままなら避けられそうです。
このまま症状が治まってくれれば、全身麻酔のリスクは避けた方がよさそう。歯は失うことになるかもしれませんが…。
その辺も相談の上かなと思っています。
信頼できる獣医さんにかかっていてよかった。

 

くぅちゃんについて家族で相談。


くぅちゃんの調子がよくないです。
空吐きするようなしぐさをするのですが、病院で見てもらったところ可能性がありそうなのは歯が悪い(歯周病がある)ことくらい。
それ以外は取り立てて問題はないとのことだったのですけれど、やはり歯周病は怖いと言いますし、どうしようかと家族で相談。
気になるのは歯周病の治療=歯石の除去をするために、全身麻酔が必要だってこと。くぅちゃんは今12歳。結構高齢です。
何かあったらその時に一緒にやりましょうということで先延ばししていたのですが、結局何事もなくこの歳になってしまいました。
あと、今ある歯を全部抜かれてしまうのでは?という恐れがあるのも事実です。
牙は残してあげたいし、少しは噛める歯が残ってないと可哀想だし。
でも、歯周病の健康被害を考えると、歯周病の治療はしておいた方がよさそうです。

とりあえず、土曜日に僕も同行して病院へ行き、先生と相談の上で治療方針を決めていきたいなと思っています。

ごめんね。
もう少し早く決断してたら、もうちょっと歯を残してあげれたかもしれないし、麻酔リスクも少なく済んだのに。
決断できなかった僕が悪い。
ごめんね、くぅちゃん…。

 

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト