FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

冬がいきなり来た。

秋がずーっと季節の変わり目で連続的に寒くなっていく感じがあるみたいなことを以前書いたんですけれど。
どかんと、冬が到来しました。びっくりです。
なんですが、東京で最低気温が5度以下って。この時期の気温じゃないんですけれど。
先日、横浜の港に近いところの銀杏を見たときにはまだ半分くらい青かったのに。急にドカンと寒くなりました。
ちょっとぼーぜんとしてる感じです。

あまりに急激な温度変化だったので正直身体が付いていってない感じがします。
そもそもが、ちょっと不安事があって、鬱の症状がひどいときに、こういった外的要因がストレスをマッハでくらわせてきてくれると、もうどうしようもない感じですかね。
頭痛が続いていて、ちょっと困っているところにこれが来てさらに頭が痛くなかった感がありますね。

明日もまだ寒くなるようです。
体調は悪いですがこれ以上の負荷をかけないように注意したいですね。
具体的には風邪をひかないことですかね。
うがい、手洗いをまめに行いましょう。
スポンサーサイト

 

あれ?怖い。

今日、くぅちゃんのお散歩をしていて、幹線道路の歩道を歩いていました。
車道は当然、自動車が走っています。僕が歩いた部分の自動車の制限速度は50km/h。大体の車は60km/hくらい、ちょっと速めの速度で走ってる車で70km/hくらいですかね。ぴゅんぴゅん言いながら車が横を走り抜けていきました。
ガードレールは無くて、一定間隔で植栽が植えてあるタイプの道で、そこを歩いていました。

普段、別段なんとも思わないところなんですけれど、走ってくる車をみて、「怖い」って思ってしまった。
こんなこと初めてで、なんでそんなことを思ったのかわかりませんでした。

ちょっと精神的に不安定になってるからでしょうかね。
なんだろう。
急に、自分が保てなくなったような、そんな感覚に襲われました。
ちょっと、自分を大切にして、心を休められるようにした方がいいかもしれないなと感じました。

今日、車運転もしてるくらいなのになぁ。
なんで、こんなこと思ったんだろう。

 

横浜の紅葉、銀杏。

20171118-1-横浜公園紅葉
綺麗な紅葉が見たくて、今日は関内まで行ったのでお散歩がてらに横浜スタジアム横の横浜公園へ行ってきました。
ここの庭園風の部分には、銀杏や紅葉があり、気軽に手軽に鑑賞できるんです。
とくに、紅葉は見れる場所が横浜市内とかでは見れる場所が限られていて、僕の行動範囲内では見られる場所が少ないので貴重な場所です。
で、訪れてみたのですが、ちょっとがっかり。
写真に撮った紅葉は割と綺麗な色をしていますが、ちょっと薄い感じがしませんか?
他の紅葉は黒っぽい感じに色づいていました。綺麗な赤い色になっていたのはなかったんです。
たぶん、夏の日照時間の問題。紅葉って日照不足になると色がおかしくなるんですよね。黒っぽくなるのは日陰にあるものに多い特徴です。
ちょっとざんねーん。

20171118-2-日本大通り銀杏
そして、横浜公園からすぐの日本大通りの銀杏も確認してきました。
画面左側が日の当たる方で、右側はビルの関係で少し日当たりが悪い側ですが…。
右側の木はまだまだ緑。左側もまだ緑かかった色合いです。写真に撮ったら、黄色は割とはっきりと発色してますが、これはカメラの特徴でそうなった感じ。
肉眼で見た銀杏はもっと色が薄くて、緑っぽく見えました。
まだ、ちょっと早い感じですね。
全体が綺麗に黄色になるにはまだ数日必要な感じですかね。

横浜で紅葉や銀杏を楽しむのはもうちょっと経ってからのがいいかな?
まぁ、自然の事ですから、見ごろが週末に当たってくれるのは難しいのですけれどね。

 

シン・ゴジラ

テレビ朝日で地上波放送したので、視聴しました。
ゴジラというか怪獣映画にはあまり思い入れがあるわけではなく、かといって全く興味がないかと言えばそうでもなく、機会があれば見るよという僕ですが、シン・ゴジラにはちょっと興味はありました。
それは制作スタッフの多くというか、監督や総監督、音楽などエヴァンゲリオンのスタッフが多く関わっていること。
映画、シン・ヱヴァの制作で庵野監督が心身を疲弊して疲れてしまってヱヴァンゲリオンの制作が止まっているときに公開されたこのシン・ゴジラには興味をそそられました。もともと、アニメより特撮に庵野監督の興味が向いていることは割と有名な話ですし。
でも、公開当時、Twitterで流れてくるシン・ゴジラの話題が余りに多くて辟易してしまい上映期間中はむしろ僕は耳を塞いでシン・ゴジラの情報や感想からは遠ざかるように行動してました。それだけ、賛否をふくめて話題になった作品ですが、情報過多で僕にはちょっと合わないかなと思ってしまったんですね。
それから1年。
冷却期間を置けた頃にテレビ放送すると言うことで見てみることにしました。

まず、気になっていたのはノーカットかどうかということ。
僕は視聴は放送のリアルタイムでするのではなく、録画してタイムシフトで見ることにしてたので、事前情報はいくらか仕入れることができました。
それによれば、ほぼノーカットとのこと。淫行事件で謹慎中の小出恵介氏の出演シーンがまるまるカットされたのと、エンドロールがカットされたの以外は目立ったカットはなかったとのことでした。小出氏のシーンはあまり重要度は高くないとのことを確認できました。
ならストーリーに大きく影響したカットはないなと判断した上で視聴しました。
今までのゴジラと違うなーと思ったのは、ゴジラが変態すること。
劇中では個体進化しているとしていましたが、上陸するたびに姿が変わっていき、いわゆるゴジラの恰好になるのは後半に入ってからという感じでした。
それまでは水生生物→両生類→トカゲ→ゴジラと進化していくような過程をとってました。これは斬新に思いましたね。
あと、口から熱線を吐くだけじゃなくて、背中や尻尾からもレーザーを照射するという技を見せていて完全生物として進化していく過程が見れて面白かったです。
自衛隊の通常兵器で傷つかないとか、怪獣としてかなり固い感じがあったり、放射性物質をまき散らしている等、従来のゴジラを継承しつつも、表現方法がリアルなかんじに置き換えてあったりして新鮮な印象を受けました。ゴジラ=天災みたいな印象付けがされており、東日本大震災後に日本人が経験した天災の被害、原発事故の被害を伝える報道のイメージを踏襲していたが故に、すごくリアルさがあったように思えました。

ストーリー的にはゴジラに対して、日本政府が必死に頑張るという仕立てで、米軍等は協力してくれるものの、核をもってゴジラを退治しようとする国連との戦いも描くという、今までにないアプローチもありました。
今までのゴジラ作品で海外の諸外国を意識したのってなかったように思うので。(全部見たわけじゃないから明確なことは言えませんが)ゴジラを世界の脅威として扱ってるのは新鮮に感じました。
出てくる兵器が基本的に現在の技術でどうにかなるものに限定されていて、ゴジラの血液凝固剤以外は特殊兵器は出てこないです。あくまでリアルな現実にゴジラが来たらこう戦うしかないよというのを見せつけられてた感じがしました。
この辺は、エヴァ以外に特殊兵器が出てこないエヴァンゲリオンと同じなのかなぁと思いました。エヴァもエヴァンゲリオンとN2爆弾以外は現実にありそうな兵器しか出てきませんもんね。
そのせいか、ゴジラが暴れてるときは画面に迫力があったのですが、肝心のクライマックスであるヤシオリ作戦時の画面に迫力があまりなかったように思います。血液凝固剤を飲ませるという作戦なので仕方ないのかもしれないですけれど。

映画として気になったのは、登場人物が基本、早口でしゃべること。
そうすることで尺を稼いでいるのですが、早口すぎて何言ってるのかわからないところも。
タイムシフトで見たので何回か再生しなおして聞き取れなかった部分を聞き直すというのをしました。それでも聞き取れないセリフあったよ…。
これ、官僚のしゃべり方だと説明されてるんですけれど、官僚ってみんなあんな感じなの?
人間ドラマとしても見ていてなかなか面白かったです。
現実の政治家があぁ言った感じにみんな正義感にあふれてれば良いんだけどなぁ…。

映画としてはゴジラが完全に倒せたのか、ぼかしたまま終わっていて、怪獣パニック映画としてはすごくいい出来だったと思いました。
もし、ゴジラがまた動き出したら、さらに進化して群体として活動しだしたらと考えると怖くなりますね。
いろいろ考える余地を与えておいて放置するというのはエヴァと一緒だなぁとか思いながら見終えました。
怪獣映画をあまり見ない僕でも楽しめたのだから、はやった理由はわからないでもないですね。
でも取り立てて大騒ぎはしないですけれど。

シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組
東宝


このアイテムの詳細をみる

 

本日のケーキ。


先月から今月にかけて体調不良が続いていて、ケーキを買う予定ってあんまりなかったのだけれども。
今日、自転車乗る日だったのだけれど、体調悪くて乗れないなと思ったから時間があいて、ケーキ屋さんに寄る余裕ができたので食べることにした。
食欲がないわけではないので、おいしいケーキでも食べて少しでも元気を出そう計画です。

この時期はどのケーキ屋さんも季節もののケーキが多く陳列されています。ショーケースの中が…地味な色合いです。(笑)
春や夏のフルーツだと赤とかオレンジ色が目立つのですけれど、この時期に旬なのってメインは栗なんですよね。
その他にもイモやカボチャのケーキなんてのも。
なのでケーキ屋さんのショーケースの中が地味な色合いになっています。ふっしぎー。
そんな中で、イモやカボチャのケーキだとケーキを食べたという気にならないし、チョイスしたのはブドウのケーキと洋ナシのケーキ。
どちらも食べたい、甲乙つけがたかったので、1つずつ購入し、家族にほしい方をとってもらうことにしました。
で、僕が食べたのは洋ナシの方です。

軽井沢ファウンドリーさんの、「青森県産ゼネラル・レクラークと阿寒湖酪農家のショートケーキ」です。
軽井沢ファウンドリーさんのケーキの名前は基本的に長いです。レシート見ると洋ナシショートとか書いてあるんですけれどね。
洋ナシのさっぱりとした甘さと、甘すぎないクリームで全体としてあっさり味のショートケーキ。
くどくなくて、とてもおいしい。
洋ナシ特有のくどい甘さみたいなものもなくて和梨に近い味わいの洋ナシに感じました。
美味しい。
それにチョコレートが甘味を引き立たせるアクセントに添えてあって、上品な感じに仕上がってました。
これは満足。

 

ダウンしました。

ダウンしました。
朝、5時ごろに目が覚めたんですが、めまいと頭痛がしていて、「あ、これダメだ」と思いました。
6時ちょっと前に食事をとろうとしたんですが、食欲がわかなかったので、果物を少しだけ食べて、薬をのんで寝ることにしました。
会社はお休みさせてもらいました。つらい。
週末から調子は悪かったんですけれど、ついに決壊しちゃった感じです。
今日は割と回復はうまく言った感じで午後の早いうちに起き上れるようにはなったのですが、いかんせん天候が悪い。
自律神経失調は天候の影響を受けて体調が悪化することもあるので、まだ気が抜けない感じですね。
というか、夕方から降り始めた雨と同じくして、またちょっと体調悪くなってるし。
今日はおとなしくしているに限るという感じですかね…。
正直なところつらいですわ…。

 

調子悪さを引きずってます。

朝から調子悪く、週末の体調の悪さを引きずった感じでスタートです。
今週。
なんとか今日のお仕事はこなしましたけれど、ちょっと辛い感じ。
夕方になって雨も降り始めちゃったしなぁ…。
この雨は明日の明け方まで続くようです。
なるべく早く上がってもらって、明日はすっきりした状態で迎えたいなぁって思っているんですが…。
はてさて、どうなることやら。

なんか、こういう日に限って、やらないといけないことが山積みになってたりしてきついんですよね。
ちょっとへこむ。

 

体調的に厳しい週末でした。

体調的に厳しい週末でした。
昨日、今日と風が強く気圧の状態がよくないのか、身体に影響が出ていました。
だるいし、めまいするし、よろしくない。
何をやるにもミスが連続したりするので、何事も気を付けながら行動を心がけました。

それでも昨日は通院した後はゆっくりできたのですが…。
今日は出たり入ったり、行ったり来たり。いろいろ予定が入っていて、それに対応するのにてんてこ舞いしてました。
少し身体を休められたのは午後もおやつの時間を過ぎたあたりから少しだけ。
ちょっと辛いですね。

明日は、今シーズンで一番寒い朝で始まるらしいです。
耐えられるかなぁ。
段々厳しくなっていく感じだなぁ。

 

残薬と医療費。

最近、家族の体調が芳しくなく医者通いが続いています。
薬を処方されるんだけれども、体に合わなくて副作用が出たりといって、なかなか合う薬が見つからずに困っている状況。
病院行くたびに新しい薬が処方されて、これを試してみてということになるのですが、そうなるとどうしても出るのが残薬ってやつです。
つまり、飲み残し。

医療費が国の財政を圧迫していると騒がれている中、残薬を出してしまうのは忍びないのですが、こればっかりは仕方ない。
合わない薬を飲み続けて副作用で苦しむというは避けたいところなので、勘弁してもらい所です。
で、この残薬ですが基本どうなるかというと処分ということになります。
家で処分するにしても、調剤薬局に持っていくにしても処分される運命にあります。
これってすごく無駄じゃない?

うちのケースだけではなく、老人が飲み忘れたりとかもらったけれど結局飲まなかった薬ってのは結構あるというのが実態です。
それが全部処分。
医療保険で3割負担とか1割負担してもらった薬。7割とか9割とか国が支払ってる薬が数多く捨てられている。
飲み残し、残薬にかかっている医療費は400億円以上とも言われているらしいです。
これこそ医療費の無駄なんではないかなーって、飲み終わった薬の袋とか説明書をシュレッダーにかけながら思っていました。
この残薬にかかった医療費を少しでも減らすには、再利用しかないんじゃないかなとか思いました。
むろん、誰の手に渡ったかもわからない薬を飲む気になるか?と聞かれたら、ならないと答えるので、今のパッケージシステムではだれも飲みたがらないので、再利用なんていうことはできない。
でもなんとかして再利用できる仕組みを考えないと医療費は減らないんじゃないかと考えました。

もちろん、一番なのは残薬が出ないことなんですけれど、それを実現するのは結構難しそうですし(副作用の問題があるので)、どちらかといえば再利用できる方法を考えた方が安上がりに済むのではないかと考えました。
どうですかね?
まー、ネックなのは一度人の手に渡ったものを再利用できるかという問題ですよね。そこがクリアできればという感じなのですかねー?

 

何か思うところはあるのだけれども。

いろいろ、思考すること、思うところはあるのだけれども。
それが漠然としたものからしっかりとした形のある状態に移行する前に、霧散してしまって、なにか考えがまとまるというのがちょっとここのところない。
Blogを書いているのだから、それについては思考はまとまったのだと思うのだけれども、それ以外の事についてはもやっとした思考のまま過ぎていくことが多くて、ちょっとこれじゃいかんなと思ったりもしているのですが、鬱の状態が正直あまりよくない調子で推移しているので、ここしばらくは無理をしないで乗り切れるようにしていくしかないのかなぁと思ったりしています。

ブレイクスルーになりそうなのは映画を見たりすることで、こないだ見たブレードランナー2049ではそれなりに情動を動かされたし、映画の内容や謎についてあれこれ思考して、文章にまとめたりしたりすることはできるんですけれど、それなりに大きい影響を与えてくれる非日常がないとそういった行動が今ちょっと難しい。

例えば、僕は自転車に乗るのが好きなんだけれども、普段の自転車のナイトライドでその楽しさをどうこう言うのって今はできない感じ。無感動に自転車に乗って走ってきて、終わったという感じで過ごしている。
ちょっとこれじゃダメだよなーって思うんですが、今の状態としてはこれが精いっぱいかと認識もしている。
まだ、自転車に乗ったりできてるだけましかなと考えた方がいくらか建設的でもある感じ。
まぁ、そういう感じであると認識しておくことは悪いことではないと思うので、認識した上で少し自分なりにあがいてみたりしてみましょう。
すこしでも改善できれば御の字ということで。

 

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト