FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

マッド・バレット・アンダーグラウンドⅡ

マッド・バレット・アンダーグラウンドⅡ

野宮有:著
マシマサキ:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
2巻です。
1巻が電撃小説大賞、選考委員会奨励賞受賞作だった作品ですが、1巻だけの刊行ではなくそれなりに評判は良かったらしく2巻以降の刊行が決まったようです。
2巻のあとがきによると、今後も続いていくという事なので、それなりには人気あった模様。
僕の評価はまぁまぁな感じの作品でした。ただ読みにくかったという評価を1巻の時にしてましたね。

さて2巻。
1巻で悪魔を呼び出す依り代となってしまったシエナを救うことに成功した、ラルフとリザのコンビですが、それが仇となってしまい、フィルミナード・ファミリーからの依頼を断りにくくなってしまうという状態に。
それまではフリーの銀使いとして、警察なんかの仕事を請け負うことが多かったと描写されてましたが、今回はフィルミナードの依頼で下部組織を狙った襲撃に対して捜査みたいなことをすることになってます。
その過程でフィルミナード・ファミリーの下部組織スクリーム・ハウスと施術士であるドナートを保護するように動くことになります。
そして、ドナートを、そしてスクリーム・ハウスを、その上のフィルミナードを復讐の対象とする銀使いであるウェイドという人物と交戦することに。
なんども戦うことになるのですが、ほぼ毎回命からがら。ラルフの機転で命を拾ってるという展開が続きます。
ウェイドの能力が読めない上、防御攻撃に使えるようであり、悪魔の能力なしでも単体でも体術や戦闘術に優れたウェイド攻略を進めながら、何故、ウェイドがドナートを狙うのかとか、シエナを救う方法を見出したいという希望を抱いたり、覚悟をしたりという巻になってます。

1巻同様、ほぼほぼラルフの視点で話が進んでいくのですが、ラルフの知らないウェイドの過去とかを読者は読むことになるわけで、ラルフとウェイドの類似を意識せざるを得ませんでした。
1巻でシエナを救えなかったら、今後、シエナを失ったら。
ラルフの行く末ってウェイドの様な状態っていう道筋が明示されたような感じがして、ドキドキする感じでした。
しかも、今回、シエナ割と危ない場所へひょっこり出てくるし。
危険危険。
まぁ、ラルフが仮にウェイドみたいになったとしても戦闘力が違いますから、ウェイドの様な行動はとれないでしょうけれど。
ラルフの能力はラルフのように特殊で銀の弾丸の悪魔に精神汚染されてない状態じゃないと有効に使えないですからね…。

1巻に比べて作者がこなれたのか、読みやすくて、展開も早いので楽しんで読むことができました。1巻も面白かったんですけれど、読みにくさはやっぱりネックにはなってたので。
こういう話ですから楽しんで読んでも、最後にはちょっと悲しい展開とかあったりで、純粋に面白い!楽しいという作品ではないですけれどね。
格好良さとか、主人公(この場合ラルフ)の背負ったものなんかをかみしめながら読むという感じでしょうかね。

しかし。
リザが影が薄い。1巻でも割とそんな面があったのはあったのですけれど。
今回、特に影が薄く感じました。
常にラルフと一緒に行動していて、出てない場面がないんですけれど、ラルフの視点がシエナに行ってるのでヒロインという立場ではないんですよ。
この男くさい作品の中で、紅一点の戦闘能力者なんですけれど、ヒロインではないというだけでこうも扱いが微妙になってしまうのか。
今の状態だと、どう考えてもラルフの戦闘オプションです。
もうちょっとリザを掘り下げてほしいなぁと思いました。
シエナと絡んでると普通女の子って感じなんですけれど、それだけだと埋没しちゃう感じ。戦闘狂という描写はされてますけれど、他の銀の使いに比べると理性を保ってる風もあるし(ラルフ程ではないけれど)、今後、リザを掘り下げてほしいなぁ。もしくはリザ視点ってのも面白いかもしれないですね。

最後の最後でウェイドの精神が救われて良かったと思いました。
彼は良い人なので、復讐者として壊れた銀使いとして終わるのではなく、暖かく優しい思い出の中で逝って良かったのではないかなと思います。
その過程はとても苦痛まみれでとてもじゃないけれど救われていたとは思えませんが。
そして、今回から具体的に動き始めたシエナを救うための行動。
うまくいけばいいなぁ。
悲しい終わりは見たくないので。
海に行くという約束を果たしてもらいたいなと思いました。
スポンサーサイト



 

金木犀。


朝。出勤時に甘い香がマンションのエントランスに漂ってました。
金木犀。
甘いなかにもちょっと涼やかな感じのする控えめな良い香です。
ちょっとここのところ天気が悪かったりしたのですが、無事開花してよい香を届けてくれています。

金木犀の花は楽しめる期間はすごく短いんですけれど、マンションの植栽に植わっているので、毎年、楽しむことができています。
今年も、ひとしきり胸いっぱいに香を朝の空気と一緒に吸い込んで楽しみました。

ほんの少しの期間だけれども、咲いている間は毎日楽しもうと思います。
金木犀。

 

銀行。

通帳の銀行印がどれだか分からなくなりました。
というのもちょっと、公共料金の引き落とし銀行を変えようと思って手続きをしてたんですけれど、書類に押した印鑑が違うって書類が受諾されませんでした。
えー?
家族の共用の通帳の印鑑なので、家族の銀行印のどれかが使われているはずなんですけれど、どうも思ってたのと違ったようです。
まぁ、なんかいろいろ家族の立場が入れ替わるときに作った通帳なのでごちゃごちゃしているんでしょう。
で、印鑑確認をと思ったんだけれど、通帳の名義人本人が窓口に行かないとダメとのことで、名義人になっている僕が行ってきました。昼休みに。

手続き自体は簡単で印鑑確認をしたいんですけれど?と言って、窓口でこんなハンコというちょっとした特徴を言ってもらいます。
該当しそうな印鑑を適当な紙に押印して照合処理をしてもらうだけ。
いたって簡単な手続きでした。
それで、確認した印鑑で公共料金の書類に捺印して提出してきました。

しかし、今回、昼休みに行ったんですけれど、空いてたからいいものの…。
混んでたら嫌だったなぁと感じました。
なんで銀行の窓口って15時までしか開いてないんでしょうか?
僕が小さい頃からそういうシステムなんだという事で慣らされてますけれど、サラリーマンとか行けないじゃん?
普通、その時間はお仕事の時間だよ。
せめて19時くらいまで開いててほしいなぁと思った次第です。
まぁ、19時までとなると、窓口の人の業務時間が長くなるので交代制とかとらないといけないとかあって、銀行の人件費が上がるとかあるんでしょうけれど、銀行はドンドンオートメーション化してて、ATMでやれることが多くなってるので、窓口くらい開けておいてくれてもいいじゃない?規模縮小してもいいからさ。
とか思ってました。
まぁ、ないな、ないないとかとも思いましたけれど。

でもサラリーマンの身としては銀行の営業時間は悩みの種のひとつだなぁ。
改善されないかなぁとどうしても思ってしまいますね。

 

体調不良続く。

体調不良が続いています。
朝、今日はゆっくりだったんですけれど、それで体力回復できたかというとあんまり回復できてなくて。
というか、寒暖差で風邪っぽい症状がでてました。
くしゃみでるし。咳出るし。
それでなんか、気圧の関係か頭痛がするし…。
結局、午前中、少し艦これした後は横になってました。

午後も、食後、具合悪くてずっと横になってました。
寝ては居なかったけれど、音楽を聴きながら横になってました。
それでなんとか、体調を少しましにしようと思ったんですけれどね…。
あまりうまくいかなかった感じです。

天候が落ち着けばそれなりにとは思うんですけれどね。

 

思ったより動けない。

台風が通りすぎました。
幸いにして僕の住んでいる地域は停電もなく、浸水もなく、大きな風の被害もなく済みました。
ありがたいことです。
まぁ、マンションの植栽の木の枝が折れて落ちてたりとかはあるんですけれどね。
その程度です。

災害に合われた方にはお見舞い申し上げます。
どうか、命を大切に行動なさってください。

で。今日は、何個か行動しました。
くぅちゃんのお散歩、お掃除、自転車の空気入れ、お買い物、車の窓ふき。
その程度の事ですけれど。
大変だったのは自転車の空気入れ。なんか減りすぎちゃっていると、空気入れのコネクタ部分がよくないのかきちんと空気が入りません。それで何回もトライする羽目になって大変でした。
これ、新しいの買わないとダメかもですね。だって、最終的には持ち運び用の短い奴で入れたら入りましたから。
うなー。

まぁ、そういうこちょこちょした事柄をこなす合間で、倒れて寝てました。
気圧は上がったはずなんですけれど、体調は良くないままで、つらい。
よく考えてみれば、上がる方向へでも急な変動であると体調には影響します。
それね。
今日の場合。
僕にとっては急に気圧が上がりすぎたようです。
そのせいで、あんまり動けませんでした。
もっといろいろやりたかったことはあったんですけれどね。

ままならない感じが続いてますね。
少しでもできる範囲の事を考えてこちょこちょ動いたんですけれどね。

 

引きこもり。

台風の影響で朝から雨風が強くなったり弱まったり。
ドンドン気圧は下がっていく一方で外に出るのは危険な状況。
昨日の内に通院の判断を決めておいてよかったです。
基本今日は自宅待機状態。
何もすることはありません。

インターネットで河川の氾濫情報などを見ながら過ごしていたんですけれど…。
気圧が下がっていく影響を受けてるんでしょうね。
体調がすぐれず、ほとんど寝て過ごしました。
午前中寝て、お昼食べて、寝て…。
合間に起きてる時間があれば、気象情報を片隅に表示しつつ艦これのデイリーをこなしているという感じの一日でした。

今現在、台風の中心が自宅付近に近づいてきている状態なので、気圧が下がっていく方向です。
さっき、耳がエレベーターに乗ってる時みたいにキーンてなってたのに気が付きました。
つばを飲んだタイミングで耳の通りがよくなって、びっくりしました。それほどか。

まぁ、幸いにして今日は休日でしたし、事前に交通機関の運休も決まっていたんで、皆さん家で過ごされてるみたいな感じでしたね。
いろいろ大変な感じですが、落ちついて通りすぎるのを待ちましょう状態ですかね。
停電とかしなければいいなぁ。しないで。
おねがい。
と思いながら、今、台風が通過するのを待ってる状態です。

 

台風対策ですね。

お仕事中。何回か明日行く予定の病院のHPを確認して、明日の診療状況を確認してました。
とりあえず、心療内科と内科へ行く予定があり、お薬が余裕が次回予定まではもたないので、明日行く必要があります。
まぁ、最悪内科は来週でもお薬はもつのですが、心療内科の薬の残はそこまでないので、明日必ず行かないといけないという状況。
できれば、まぁ、明日に行ってお薬の備蓄をちゃんとしておきたいというところ。

で、明日の診察は、午前中の段階で心療内科はとりあえず午前中までは診療するとの予定でした。内科は情報なし。これは後で聞こうと思ってました。
で、そのままお仕事をしていたら、診療内科から電話がかかってきて、明日の診療が取りやめになったので予約を取り直すか、今日来院してくださいとのこと。
予約を取り直すといっても来週の土曜日までお薬はもちませんから、今日行きますと伝えました。
で、その時点で、内科の薬の残状況が分かってなかったので、明日の診療がどうなっているかを確認。場合によっては来週中に会社を半休とかして診療に行く必要があるかなーって思ってました。
内科はとりあえず朝は診療開始する予定、何時まで診療するかは状況によるとのことで、また、内科受診時に行く薬局にも問い合わせたのですが内科さんの診療時間に合わせての営業となるとのことでした。

で、会社が定時になったら心療内科が閉まってしまう前に到着するために(できれば早く終わらせて肩のリハビリにもいきたかった)速攻で退勤して病院に向かいました。
いつもより激混み状態でした。
そらそーだよね。普段の今日の診察をやってるところに明日の診療の人をぶっこんでるんだから…。
まぁ、全部が全部今日にしたわけじゃないでしょうけれど、まぁ、混んでたわけです。
結果的に肩のリハビリには間に合いませんでしたが、そちらはまぁ、置いて置いてもいいので、薬が確保できたのは安泰でした。
で、家に帰ってきてから、内科の薬の残を数えてみたところ、来週までもつのがわかったので、明日は通院はなしになりました。

結果的に、強制的に台風対策がなされた感じ。
まぁよかったかな。
明日は引きこもりでーす。

 

台風が気になります。

お仕事的にはちょっと詰まったりしたのですが、問題は上司が解決してくれましたので、比較的順調だったかもと言える日でした。
お仕事的にはです。
気晴らしにTwitterとかネットニュースとかを見るとしきりに台風への警戒を呼び掛けていて、そちらの方が心配で気がかりで気をもんだ1日になりました。
たぶん、明日はもっと気に病んでると思います。

というのも、台風の接近が予報されているのは今の段階では関東付近では12日の土曜日の午後あたりからです。
僕は土曜日は医者か、鍼治療かで埋まっているのですが、今回は医者。
心療内科と内科への通院があります。
薬をもらわないといけない関係であまり先延ばしはできません。
先延ばしするとすれば1週間後の午後にとかになってしまうのですが、それだと薬が足りなくなる。
途中中断を勝手にしていい薬ではありません(反動が来る)ので、薬だけは何とか入手する必要があります。
つまり、処方箋を出してもらいに病院に行く必要があるということです。

幸いにしてバスは利用しますが、徒歩でも行けなくはない距離。
最悪なら歩くという手段はあるのですが、台風の風の中を移動はあまりしたくないところなんですけれどね。
それでも交通機関が死ぬ前になんとか済ませてしまいたいとおもっています。
心療内科が予約制で朝いちばんの予約なので、それをこなして内科に移動してというスケジュールになります。
急な休診とかになってなければいいけれど。
とはいえ、先生も退避しないといけないとかあるでしょうから、午後は休みになるんだろうね…。
内科はどうかなぁ。透析をやってる病院なのでめったなことでは休診とかは無いと思いたいんですけれど。

無事に通院して後は台風が過ぎるまでは引きこもりたいです。
明日も天気予報から目が離せませんね。

 

顔色悪いのです。

トイレに行くとですね。
洗面所に鏡があるじゃないですか。
トイレへ行って出てくると、会社のトイレの場合、正面に鏡があってですね。
嫌でも自分の顔を見ることになります。

青い。

真っ青って程ではないんですけれど、蒼白になった顔色が見えるわけです。
朝、顔を洗う時から気づいていたんですけれど、体調がすぐれないようです。
天候の不安定さが全部悪い。
もうわかってるんですよね…。不安定な天候の様子が身体に影響していて、ずっと具合悪いままなわけです。
それでも、休んでばかりいられないので、なるべく会社に行ける体調ならという感じで、行動しているといったところです。
早く、それなりに安定してくれればと思うんですけれど、週末に台風の予報。
勘弁してくださいなと嘆いているところです。

台風来るので体調が激心配なのですが、病院への通院が積み重なっていてなんか一番台風ひどいときに出歩くのか?と戦々恐々としているところです。
なるべく土曜日の午前中まではもってほしいんですけれどね。
なにせ台風だからなぁ…。

 

86―エイティシックス―Ep.7 ―ミスト―

86―エイティシックス―Ep.7 ―ミスト―

安里アサト:著
しらび:イラスト
I-Ⅳ:メカニックデザイン
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
7巻です。
6巻まででロア=グレキア連合王国での戦闘はひと段落という形になり、第86独立機動打撃群は休暇に入ります。まずはひと月の学業、そしてその後に本格的な休暇という形でヴァルト盟約同盟を隊全体で訪れています。
休暇という形だけではなく、フェルドレスの新型兵装のテスト、シミュレーション、およびゼレーネへの尋問というお仕事もあり、それを兼ねて同盟国で行うという形になったようです。
まぁ、同盟国でそれらをやることになったのは、エイティシックスへの休暇を与えたいのだけれど素直になれない大人たちの事情です。(笑)
ヴァルト盟約同盟は温泉地であるので、白羽の矢が当たったという事です。
ゼレーネへの尋問もあるので、6巻までの登場人物であるヴィーカとレルヒェも帯同しています。

この巻のすごいところは、86って戦闘、戦争の話ですよね?この巻、まったく戦闘描写がないんです。
いや、あるにはあるんですけれど、危機的状況!って見せかけてシミュレーションなので実際にはまったく戦いが無い巻になっています。
あとがきに、「タイトル詐欺とか言わない」と書かれていて、本当のサブタイトルが湯煙旅情編であるとかかれています。
それが、まさにその通りで、温泉地で繰り広げられるあれやこれやを描いています。
もちろん、シリアスなパートとしてゼレーネへの尋問があるわけですし、話のメインになるのはシンとレーナの恋の行方な訳ですし、ギャグ一辺倒というよりは戦闘は無いにしろそれなりにシリアスな話ではあるんですよ?
でも、それを上回る温泉回のギャグパートの印象が強くてですね。
いや、笑っちゃいけないんだと思うんですよ?この巻の内容も一応シリアスですからね?でもそれを越えて笑かしてくるので、イメージが崩れるかもしれません。
でも、それでも86ではあるので、基本は押さえてある感じですけれどね。

シンとレーナの恋の行方はシンの方は6巻までで心が定まった感じで、比較的安定して描かれています。
レーナに対して遠慮するところとか、レーナがよそよそしくなって困惑したりはしますけれど、それでも揺るがない心がある感じでした。
その中で、アネットを幼かったころの様にリッタと呼んだり、今まで切り捨てていた過去の記憶やらと向き合い始めてる描写がされています。
そして、一緒にいる相手として選んだ相手はレーナだというのがシンの立場でそれは崩れてないという感じ。
この巻では今まで揺れ動いていたシンの代わりにレーナ側が揺れ動いて、シンの隣にいるのは何も自分でなくてもいいのではないかと考え始めてぐーるぐるって感じです。
結果的にはレーナも落ち着くところに落ち着いて、シンとの関係を確かめ合うという流れになってました。
焦れるね。この二人の話は本当に。
まぁ、これがこの二人なんでしょうけれど。

ゼレーネの尋問は当初うまくいかず…。
でもシンが話しかけたことで少しずつ前に進み始めて、結果的にレギオンを停止させるにはどうすればいいかを聞き出すことに成功します。
それには帝国の皇帝の血統が必要でという事で、もう途絶えてしまっているという絶望感が漂ったところで幕です。
ただ、読者や軍上層部は知っていることとしてフレデリカが皇帝の血統であることを確認するように明示されていて、これからの戦いの方向性が見えてくる終わり方でした。

まるまる1冊つかってシンとレーナの恋の行方と今後の展開を開示してきたという感じの巻でした。
今までの殺伐とした印象が嘘のような巻でしたけれど、やっぱり次の巻からはもとに戻るんだろうね。
フレデリカがどうなっていくのか、彼女をシンとレーナがどうやって守っていくのかというのが今後の展開になっていくのかなと予想しながら、この巻の幸せな印象の余韻を次の巻まで感じていたいと思いました。

 

« »

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト