FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

半日雨でしたね。

朝起きて、寒いなって思いました。
割と珍しいのですが、お布団にくるまってる状態でそう思ったってのは結構寒かったんだと思います。
でも、今年って暖冬なんですよね。
僕もお布団でもう一段改厚い毛布を持ってるんですけれど、今年はそれを使ってないんですよね。
それを出す時期が来たってことなんですかね?
まぁ、寒いと思って始まった一日でした。

食事して顔を洗って、掃除を少しして。
くぅちゃんのお散歩の時間に外を見てみたら雨。割としっかりと降っていました。
くぅちゃんが若い頃は雨だったとしてもお散歩に行ってたんですけれど、最近は歳も取っているので雨に濡らしたくないし無理をしたくないので、雨のときはお散歩をパスしています。
なので、今日は朝のお散歩パスしました。

雨が止んだらお散歩と思っていたのですが、結果的に昼頃まで降ってました。
半日雨でしたね。
それから地面が乾くのを待って3時ごろ。午後の散歩に行ってた頃にこの時期に出る時間に出ました。
お散歩楽しそうでしたね。くぅちゃん。

さて。
僕の調子なんですが、雨が降っていたという事であまりよくなかったです。
体調を先週崩してから、ずっとこんな感じなんですけれど、眩暈がするのがあって、ちょっとよくないのが付いて回っています。
なんとか今日は休息をゆっくり取れたので、マシですが、ちょっと無理はできないかなぁって思っています。
気象状況に結構足を引っ張られるので、今の体調の悪さは気象状況が不安定だからだと思うんですけれどね。
どうなんでしょうか。
明日から雪とか雨とか結構微妙なんですよね。
なんとか乗り切っていきたいですね。
スポンサーサイト



 

本日のケーキ。


本日のケーキ。
柿の木坂キャトルさんのあまおうタルトです。

本当は基本的にケーキの日はひと月に一度。
先々週にケーキの日にオムレツを食べに行ってその際にデザートをということで、今月のケーキの日とするつもりだったんですけれど、その時に家族はお腹がいっぱいでデザートを食べれなかったので、今日代わりにケーキを買ってきました。
僕はケーキといえばスポンジのベースのあるクリーム系のケーキか、チーズケーキが好みなんですけれど、今回は家族の為がメインな感じがあったので、家族の好みであるタルト系のケーキを選びました。というのは建前です。
ケーキのディスプレイの前に行ったらですね。このあまおうのタルトが目に入って、それ以外が目に入らなくなっていただけです。
注文してからとなりにあまおうショートケーキとかあったのに気が付きました。
まぁ、あまおう、一番いっぱい使ってるのはこれなのでよかったです。

上は小粒なあまおうがゴロゴロ乗ったタルト。
生地はサクサク系ではなくしっとりした感じのもので抹茶かな?で味付けしてあるものでした。
目立たないけれど苺の下にはカスタードクリームがひいてあります。

さて味。
思ったよりもあまおうが甘くなくてですね。ちょっと酸味がありました。
これは大粒じゃなくて小粒なものを利用しているからだと思います。高野のあまおうフレーズなんかに使われている大粒のものだとかなりの糖度を感じるんですけれど、これはそこまで甘くはなくかといって酸っぱすぎずというバランスの苺でした。
酸味が生地やクリームの甘さとバランスをとってくれていて満足な味でした。
美味しかったです。
まぁ、もっと甘くてもよかったですけれどね。
大粒か小粒かでも苺って味変わるんですねぇ。
いい経験だったとおもいます。
あまおうでもそういう違いが味わえるんだなぁと思いながら堪能しました。

まんぞくまんぞく。

 

がちがちに固まってる肩。

四十肩で肩の治療に行っていることは何度か折に触れて書いていると思いますが。
基本的にはリハビリ治療(電気、マッサージ)を続けているという感じです。
で、普段、週3回行くようにしているのですけれど、今週は水曜日に倒れてしまったので、月曜日に行って以来の通院が今日になってしまいました。
しょぼーん。
で、マッサージ担当の方に言われたこと。がっちがちじゃないですかと。

今日はなんかお仕事で座っていて肩が妙に凝るなぁって思ってたんですよ。
そのうちに首まで痛くなってくるしまつ。
まぁもともとが肩を痛めてるというのがあるのでそこから来ているのでしょうけれど、これはひどいなぁと思いました。
それでリハビリに行ったら、お兄さんがびっくりするくらい硬かったと。

もちろん、程度の悪い左肩はもともと可動範囲が狭くなるくらい固まってしまっているので硬いのは空そーだという感じなんですけれど、今日は右も硬かったみたいで。
幾分、長めにマッサージしてくれました。
おかげでだいぶ楽になりました。

これはお風呂もゆっくり入って肩を温めた方がいいんですかね。
ちょっと身体を労わらないといけないなぁと感じました。
デスクワークの方が体を労わらないといけない率高いと思ったですよ。
体弱いですからねぇ…。

 

マッド・バレット・アンダーグラウンドⅢ

マッド・バレット・アンダーグラウンドⅢ

野宮有:著
マシマサキ:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
3巻です。
帯と口絵でひどいネタバレがあってですね。
読む前からえー…?ってなった感じでした。ラルフとリザが決別するって展開があるよっていうのがこの巻のメインのストーリーなんですけれど、それが帯に書かれてるわ、口絵にはその決定的なシーンが描かれてるわちょっとひどくないですか?これ。
って思いながら読み始めました。
まぁ、妥当なストーリー展開でした。細かいところは別として、帯と口絵でネタバレした決別シーンを転として、普通に予想できる結末が待っていたという感じで、ストーリー的な盛り上がりはかなり帯と口絵が台無しにしてくれた感じです。
まぁ、こういう決別がってのはバディものにはありがちな展開ですよね。
ちょっとリザの立ち位置(普通の銀使いである)とラルフの立ち位置(普通の銀使いではなく悪魔からの精神汚染を受けていない)というのがあるので、決別した後どうなるのかしら?とは思ったけれど、順当な感じに話は進みましたね。
リザはそこまで汚染されてないよって話で終わりな感じで、一安心といったところ。
ラルフとリザの関係に焦点を当ててると一安心なんですけれど、起こってる事件ではやばい局面を迎えて、それにあえて立ち向かっていく二人というところで幕が下りてます。
今回もTo be continued.な終わり方です。

今回、リザが銀の弾丸からの悪魔の干渉によって暴走しているというか、今まで銀使いが闘争に明け暮れるようになるという表現が盛んにされてきましたが、それがリザの身に顕著に出てくるというのが今回の肝になります。
ただね。
この影響の出方がひどくてですね。読んでいていちいちリザがラルフに突っかかるんですよ。言葉だけならまだしも、ラルフが危機に陥る可能性を考慮しないで闘争を招き入れたりするし、なんか他の今まで出てきた銀使いに比べてもひどい状態になっていました。
他の銀使いでも最終的には闘争を優先するかもしれないけれど、そこに至るまでにはファミリーなど自分の所属している組織や上役になる人物の指示に従っている感じがしていました。リザにとってはそれはラルフであって彼との関係って、対等ではなくて若干だけれどもラルフのが上位なんですよね。それは年長者であることも含め、武器の提供者であることや、依頼などの処理をラルフがやっていてリザはそれに従って動くという形態をとっているからです。
それがうまく行ってたのに、そして悪魔に操られるという嫌な未来図とは別の未来図をラルフとシエナによって提示されていたのに、ある人物との出会いをきっかけに反旗を翻すというか、ラルフやシエナと決別するような言動をとるようになっていきます。
それがあまりに過剰だったので、リザに対する嫌悪感ってのが読んでて途中ありました。ちょっと、それはあまりにもって思ったのね。
もちろん、リザの過去とか今回描写されて、それにまつわる過去の因縁ってやつがあるということは描かれるんですけれど、それにしてもというのが今回抱いた印象でした。

結果的にはリザは悪魔の誘惑を振り切って、敵対者からは弱さだといわれるけれど、「まとも」な道へ立ち返ってくれますが、そこまではちょっとリザに対して嫌な感情ってのが先行しちゃう展開でしたね。
また、先にも書いたネタバレによって、きっかけになる敵対者が出てくる以前でも、いつものようにリザがちょっと突っかかるシーンがいつものように思えないっていう感じがありました。
前の巻までは普通に悪態ついてるだけに思えてた何気ないセリフとかが、決別に向けて発せられてるように感じられちゃうっていう印象になるという感じでした。これは口絵が悪いよ…。

ストーリー展開はフィルミナードとハイルのシエナの取り合いの中から、どうやってシエナを救う手立てを考えるかという話になっています。
ラルフとしては現状のフェルミナードにいれば一応はまだましということで、フェルミナードの意向とも合致する魔女の関係者を追う為にハイルを捕えようとするが失敗続き、逆にハイルの配下の銀使いであるラーズがリザを闘争の道へ誘惑しリザが暴走するという話になってます。
イレッダ全体がハイルの手の内で動いていく中、フェルミナードは崩壊してしまい、シエナが安全でいられる場所がなくなってしまいます。逆を返せばフェルミナードからシエナを取り戻すチャンスと見たラルフはシエナと合流して連れて逃げるけれど…。
という展開でしたね。
結果的にはずーっとラルフ達は負けっぱなし、リザは闇に沈んでいくし…。読んでてつらい話ではありました。
ここから逆転ってなってほしいですわほんと。
じゃないとハッピーエンドじゃないですからねぇ。こういう話でもハッピーエンドになるのがいいじゃないですか。というか課程がかなり厳しい話なので、ラストはハッピーエンドであってほしい。
そう思いながら次を待ちたいと思います。

もしかしたら次か、その次当たりで完結かな?

 

結局、ダウンしました。

昨日、ダウンして一日寝てたらマシになるのでは的なことを書いたんだけど、結果的に今日は朝、目眩と吐き気がしてご飯食べれず、出勤できずでダウンしました。
はからずして、書いたのと同じ状況に。

で、一日寝てて具合が悪いのが改善されたかというと、そんなこと無かった。
朝の具合の悪さはなんとか落ち着きつつあるけれど、元からある体調の悪さまで回復できてはいない感じです。
ダメじゃん倒れても回復できないじゃん。

考えてもみればダウンするってことはそれだけ体調が悪化してるんですから、それ治すのが先だよね。
それ治ってから従来の蓄積分が回復していくわけで…一日ではその日の分で精一杯だったという話しですね。

これ書いたらまた横になるデスよ。
これも、スマホから横になって書いてるんですけかどね…。

 

不調は続くよどこまでも。

今日も体調不良です。
続いてますね。良くないです。
体調が悪いだけでなくて、僕の場合は鬱という気分の落ち込みもあって何も手がつかない状態になるので、ちょっとよくないです。
卵が先か鶏が先かではありませんが、精神的に落ち込んでいるから体調が悪いのか、体調が悪いから精神的にも落ち込むのか。
そんな状態に陥っています。
まぁ、冬は鬱にはつらい時期で、基本的によくないんですよね。
よく、春秋は不安定、夏は暑すぎ、冬は寒すぎで鬱に良くないとか言うんですけれど、一年中じゃんって話になりますよね。
でも、程度の差ってのはあってさ、冬はやっぱり一番鬱に良くないんですよ。
寒いってのはやっぱり否定的になりがちですしね。

そんなわけで体調不良が続いていてどうしようかという状態なのです。
困っていますが、どうしようもないんですよね。
雌伏の時間であって症状が落ち着くまでをじっと待つ期間なんだと思います。
いっそ、いっかい倒れちゃって、1日寝て過ごした方が回復度合いは良いような気がしてますが、さすがにお仕事もありますしねぇ。
気分的にそういうことをするというのもはばかられますし。
倒れなければいいなぁとは思って過ごしています。

まぁ、昨日よりはましな状態ではあると思うので。
もう少しの辛抱かなぁと。
今週末はゆっくり休もうと思います。
こないだの日曜日はお昼寝しないっていう無理をしちゃいましたからね。
それが堪えてるとしたらちょっといやだなぁ。
休みの日にお昼寝必須ですかい?

 

脳が。

今日は脳の調子が悪かった。
微妙な表現ですけれど、そんな感じだったんです。
朝起きて頭痛を感じました。昨日は割と早めに寝たんですけれど、目の奥に頭痛があって頭が痛いなという感覚。
それと同時に脳が腫れているというかむくんでいるというか、頭蓋骨の中でパンパンになってるんではなかろうか?というような感覚があってですね。
正直いって体調不良でした。

それでも会社にはいったですけれど、通勤中にいつもなら使いたおしてるスマホを見ている余裕とかない感じがしましたし。
なんかこれは危険な症状なのではとちょっとびくびくしてました。
でも、頭痛がひどいわけではなく、まぁ、目が疲れた感じの頭痛でしたし、脳が腫れてるような感じといっても痛いというわけじゃない。
とりあえず、何か危険な兆候がでるまでは大丈夫だと信じて行動してました。

昨日、お昼寝しないでパソコンやってたんですけれど、それが原因なんですかね?
ゲームをやっていたのですが、それで興奮しすぎたとかそういう感じなんでしょうか?
といっても艦これだしなぁ。あんまり興奮する要素は無さげなゲームです。
ちょっと原因については思い当たるところはありません。

時間がたつにつれて頭の痛いのは相変わらずでしたけれど、脳に関する違和感みたいなのは治まってきたので一安心。
お仕事が忙しかったこともあって謀殺されて忘れたというのもあるかもしれませんが。
家に帰ってきて今、今朝感じてたような違和感はないので大丈夫かなぁというところです。
ちょっと心配ではありますが。
今日も早めに寝て回復を図れば大丈夫かな?というところ。
無理できないですね。
鬱とかあるので脳に負荷がかかりすぎたのかもしれません。昨日は嫌な夢も見ましたしね。

 

嫌な夢をみました。

昨夜普通通りに寝て、明け方。
夢を見ていました。
夢の中で受けたストレスで目が覚めたら明け方ですごく嫌な印象が胸の中に残りました。
1日、その夢の印象を引きづった日で何をやっていてもその夢でのストレスを感じているという感じになりました。
嫌な1日でしたね。

夢の中で僕は友人と待ち合わせをしているのですが、その前に用事があってそれを片付けようとしている夢でした。
待ち合わせの時間になってもその用事が終わらず、友人との待ち合わせに間に合わないという事態になってストレスを感じるという夢でした。
普段の僕であれば、何かの待ち合わせがあればその前には用事を入れません。
遅れるというのが僕自身にストレスをかけるというのが分かっているからです。
それがうまくできなかったという夢ですね。
友人との待ち合わせに遅れているというストレスがずっとかかってくる夢でした。
ストレスからくるイライラに耐えられなくなったところでふと目が覚めて、それが夢であったと気づきました。
それが普段の休みの日の起床時間より1時間半ほど前。
まだ早いのでもう一度寝直そうと思ったのですが、うまくいきませんでした。
夢から受けたストレスが安眠を妨害している感じ。
ちょっと辛かったです。

起きてからも、その気分はずっと引きずってしまって今日一日はイライラしたまま過ごした感じでした。
夢に引っ張られるのも行き過ぎだとは思うんですけれど、たぶんこれも鬱や不安障害のひとつなんだろうね…。
ちょっと辛い日でした。

 

この冬一番の寒さと体調不良。

昨日の体調不良をまだ引きずっています。
眩暈がする状態で朝を過ごして、ひとまずやることをやったら通院です。
土曜日は毎週なにかしら通院があるのでつらいところ。
お薬もらわないといけないので具合が悪くても病院にはいかないといけないのはつらいところです。
で、朝いちばんの予約を取っているのでその時間に合わせて出発しました。

通っている病院が駅前なのでバスで移動するんですけれど、かなり寒かったです。
雨は降っているし、風もある体感温度がかなり低いなって感じました。
それでも、分厚いダウンのコート着て、マフラーも巻いて出たんですけれどね。
盲点は手。手袋をしていかなかったのは失敗でした。
帰りにはもっと気温が下がっていて、バスを待つほんの数分間がめちゃくちゃつらかったです。
手がかじかむし、ダウンのコートを寒さが突き抜けてくるし。
辛かったですね。

帰ってきてからはお布団にもぐりこんでゆっくり休んでました。
午後のかなり遅い時間までは、そんな状態。
お昼食べに一度起きましたけれど、食べ終わったらすぐにまたお布団へって感じですね。
たぶん、会社のある平日だったら休みを取っていたかもというような状態だったので。
今はだいぶ落ち着きましたけれど、ひどい寒さと体調不良でやられたような一日でした。
こういう日はお布団の中にいるのが一番だと思うんですけれど。
何故人は活動を求められるのか…。

 

体調不良。

今日は朝から体調不良&精神的不良。
精神的不良状態がよくなくて、かなり落ち込んだ状態でした。
なんとか起き上がって食事と身支度をして出勤したんですけれど、これ大丈夫なのかなぁという感じでお仕事へ。
午前中は何とかなったんですけれど、仕事で話していることが中々咀嚼できなくて困りました。

食事時に僕の席のところで議論になったんだけれど、まったく僕の頭には入ってこなくて理解ができない。
僕はもう食事を始めてて、このまま話を続けても理解できないし、食事の方が頭の容量を使ってしまっていてどうしようもない。
スープパスタとか放置して時間を喰う訳にもいきませんし、議論は食事の後にしましょうと打ち切らせてもらいました。

そっから体調が急激に悪化しました。
お昼食べ終わって昼休みが終わったあと、ひとつひとつ議論を片付けている途中でトイレに行ったんですけれど、そこで半ば吐瀉するような感じになりました。
実際に吐きだすまではいかないで、のどから胃に戻ってくれたのですが、一部は気管の方へ入ってしまって激しく咳き込むことに。
そっからは吐き気と眩暈に耐えながら仕事をしている状態でした。
精神的に落ち込んだ状態で、頭に負荷がかかって吐いてしまった感じに思えました。
まずい感じでしたね。

それでも何とか定時まで仕事はしたんですけれど。
ちょっと明らかに沈んだ感じだったと思います。
こういうとき、外から見ると怒ってるように見えるらしく、あまりよくないとは思うんですけれど…。
こちらとしては耐えてる状態ですからねぇ…。

なんかひどい状態の一日でした。
なんとか家に帰ってきてほっとしています。

 

« »

01 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト